【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 単身の引越し費用相場はどれくらい?コツを抑えて安く済ませよう
 

単身の引越し費用相場はどれくらい?コツを抑えて安く済ませよう

家探し、引越し

単身の引越しでは荷物の量が少ない場合が多いため、意外と引越し費用を安く済ませることができます。ただし、それにはちょっとしたコツが必要です。この記事では、単身で引越しをする場合の引越し費用の相場と、引越し費用を安くするコツについてご紹介します。

単身の引越しでは、一人だからこそ荷物量がそれほど多くなりません。そのため、うまく工夫して引越し費用を安くしたいと考えている方もいますよね。

単身で引越しをした場合、実際の引越し費用の相場はどれくらいなのか知っていますか?この記事では、単身の引越し費用相場をはじめ、費用を抑えるコツについてご紹介していきます。

単身の引越しにかかる費用の相場

引越しにかかる費用は、荷物の量や移動距離などの状況に応じて大きく変わります。ここでは、引越し費用に影響する3つの要因をはじめ、単身の引越しでの一般的な引越し費用の相場について見ていきましょう。

引越し費用に影響する要因は3つ

単身やファミリーなど人数に関わらず、引越しの費用を大きく変動させる要因に3つがあげられます。

  • 引越し先までの移動距離
  • 荷物の量
  • 引越しの時期

単身の引越しの場合、荷物の量が少ない分引越し費用を抑えられますが、引越し先までの移動距離や時期によっては引越し費用が高くなってしまいます。

学生の場合は入学・卒業シーズンの3月前後、社会人の場合は人事異動時期の3月や10月前後に引越しが集中します。

単身の引越しにかかる引越し費用相場

引越し一括見積もりサイトの「ズバッと引越し比較」の情報によると、引越し先までの移動距離や時期に応じて、以下のような単身の引越し費用の相場になります。


参考:ズバット引越し比較

通年の相場を見てみると、移動距離が20kmまでの近場であれば3万円台で済むことが分かります。また、移動距離が200kmを超えると2倍以上の金額になります。

移動距離を変更して引越し費用を抑えるということは現実的ではないので、安くしたい場合は他の2つの要因について工夫をする必要があるでしょう。

さらに引越しの3~4月の繁忙期は通常期に比べると引越し費用が15~30%程度割高になることが分かります。引越し費用を少しでも抑えたいのであれば、繁忙期は避けて引越しを行いたいですね。

居住環境などによって引越し費用が変動することも?!

引越し費用に大きく影響する要因は3つのほか、何階建てのマンションなのか、運ぶ家具荷はどんなものがあるのかなど、居住環境や条件によっても金額が前後します。

引越し費用に影響するそのほかの要因
  • 旧居や新居のフロア階数
  • 旧居や新居のエレベーターの有無
  • 旧居や新居の前面道路幅(トラックの停車の可否)
  • 運ぶ家具に高価なものはないか
  • 運ぶ家具にガラスなどの繊細なものが多くはないか
  • 引越し業者のトラックやスタッフの空き状況

荷物を運ぶ時にエレベーターがないと、作業に時間がかかったり人数を必要としたりすると引越し費用が変わってきます。作業の難易度やリスク、必要な人員数などによっても引越し費用は変わるのです。

「単身向けパック」と「単身向けプラン」の違いって?

「単身向けパック」では荷物をコンテナボックスで運びますが、「単身向けプラン」では通常のようにトラックに荷物を積み込んで運ぶので一般的な引越しと同様に、すべての荷物が載せられます。荷物の量によってどちらを利用するのか選びましょう。

「単身向けパック」
積める荷物の量の上限が決まっていて、引越業者が用意したボックスに収まるだけの荷物しか運べません。
「単身向けプラン」
運びたい荷物の量に合わせたトラックで荷物を運びます。原則ファミリー向けの引越しプランとの変わらずトラックを1台準備するため、単身向けパックよりも費用がかかります。

荷物の量が少ない単身者におススメなのが「単身向けパック」

「単身向けパック」は多くの引越し業者が提供している引越しプランです。

「単身向けパック」を提供している主な引越し業者を紹介

「単身向けパック」では、コンパクトなコンテナボックスに荷物を積んで運びます。単身向けパックを提供している主な業者は以下の通りです。

  • ヤマト「単身引越しサービス」
  • 日通「単身向けパック」
  • サカイ引越しセンター「小口便引越しサービス」

  
荷物をコンテナボックスに詰め込んで、他の引越し依頼者のコンテナボックスと一緒にトラックなどで運ぶので、コストダウンを実現しており、おトクな費用で引越しができます。

「単身向けパック」で運べる荷物の量はこれだけ!大手3社を比較

単身向けパックで運べる荷物の量とサイズには上限があります。3社のコンテナボックスの大きさと料金について見ていきましょう。

ヤマト「単身引越しサービス」関東エリア同一市区内・各種割引適用時の金額
miniタイプ(高さ130cm×横104cm×奥行き104cm)1万1,000円(税抜)~
通常タイプ(高さ170cm×横104cm×奥行き104cm)1万2,000円(税抜)~
日通「単身向けパック」
Sサイズ(高さ155cm×横108cm×奥行き74cm)1万5,000円(税抜)~
Lサイズ(高さ175cm×横108cm×奥行き104cm)1万6,000円(税抜)~
サカイ引越しセンター「小口便引越しサービス」
(高さ144cm×横105cm×奥行き75cm)要見積もり+梱包資材有料

引越し先までの移動距離によって変動はありますが、荷物の量に上限がある分料金は安めに設定されています。

「単身向けパック」のメリット・デメリット

単身向けパックの最大のメリットは安さでしょう。また、荷物の量を確認するために訪問して見積もりをとってもらう必要がなくお手軽です。

ただし、荷物の量に上限あるとデメリットもいくつかあります。例えば自転車や組み立て式家具、3ドアの冷蔵庫など、単身パックでは運べないものもあります。また、移動距離や引越し先によっては、単身向けパックを選べない場合もあります。

荷物の量が多いなら「単身向けプラン」を選ぼう

「単身向けパック」では荷物が運びきれない場合、荷物の量に上限のない「単身向けプラン」を選ぶとよいでしょう。

「単身向けプラン」を提供している主な引越し業者を紹介

単身向けプランでも、引越し業者によってはさまざまなプランが設定されています。例えば、以下のような単身向けプランがあります。

アート引越センター「学割パック」
学生限定のプランで、通常の単身向けプランよりも数千~1万円程度安い料金になっているようです。
アーク引越センター「ミニ引越しプラン」
段ボールが50枚まで無料でもらえたり、ハンガーボックスが5個まで無料で利用できたりなど、便利でおトクな特典があります。
アリさんマークの引越社「ミニ引越しプラン」
畳3畳分程度の荷物を運んでもらえます。目安は段ボール20箱までと、単身向けパックでは載せられない冷蔵庫や自転車、洗濯機、電子レンジ、テレビなどです。

「単身向けプラン」のメリット・デメリット

単身向けプランの場合、単身パックと異なり荷物の量を気にすることなく、自転車やベッドなどの大きな荷物を載せられるので、荷物の量が多い方におススメです。また、ダンボールなどの梱包資材がサービスでつく場合があるのでぜひ利用しましょう。

ただし、単身向けプランは単身向けパックに比べるとやはり引越し費用が割高になります。

単身の引越し費用を抑える3つのコツ

引越しの時期は、新居にかかる費用など、さまざまな状況で資金が必要になります。
できるだけ引越し費用を抑えるための3つのコツをご紹介します。

荷物の量が減るように工夫する

引越しの移動距離や時期については、都合によって調整できない場合が多いですよね。それなら、引越し費用に大きく影響すると考えられる要因の一つである「荷物の量」を少なくすることで、コストダウンを図りましょう。

例えば、古い家電や寝具があれば処分して引越し先で購入したり、不要な衣類や食器などを処分するなど、「断捨離」をしながら荷物の量を減らしてみましょう。引越しをきっかけに不要なものを一気に処分し、気持ちよく新しい生活をスタートさせましょう。

引越し業者以外に引越しを頼む

引越し業者以外でも、配達・配送をしてくれる業者はあります。荷物の量や内容によって、以下のような業者を利用し引越しをすることができます。

  • 赤帽
  • ゆうパックや宅急便などの宅配サービス

例えば赤帽であれば、運べる荷物の量の上限は基本的に軽トラック1台分です。荷物の量が少ないのであれば、赤帽を利用したほうがおトクになる可能性もあります。

引越しの一括見積もりで引越し費用が安い時期を選ぶ

単身向けパックや単身向けプランなど、サービス内容を吟味して引越しプランを選ぶことは引越し費用を安く済ませる方法としておススメですが、引越しの時期にも注目してみましょう。

引越し業者にとって一般的な繁忙期は共通していますが、繁忙期シーズンとして設定している日程が、引越し業者ごとに異なる場合があります。特に3月中旬など、超繁忙期に入る前などは料金を安く設定している可能性があるので、注意して探してみてください。

数日異なるだけで業者ごとに引越し費用が大きく変動することがあるので、引越し一括見積を利用して見積もりをとって、自分に合った引越しプランを選びましょう。

単身の引越し費用相場を知ってコストダウンしよう

単身での引越しの場合、相場を知るには引越し一括見積もりを利用することがおススメです。

手軽に引越し費用の相場を知ることができ、よりおトクに引越しができます。ひとつの引越し業者のだけでなく、複数の引越し業者の情報を一括してとることができ、引越しに関する豊富な知識や情報を備えていることも魅力です。ぜひ活用してみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。