エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 絶対割らない!引越し時の食器梱包方法や荷造りのポイントを紹介
 

絶対割らない!引越し時の食器梱包方法や荷造りのポイントを紹介

家探し、引越し

食器の荷造り・梱包は引越し前の大切な準備のひとつです。大切な食器を割らないためにも、きちんとポイントを理解しておきましょう。この記事では、絶対割らないための食器の梱包・荷造り方法を紹介していきます!

引越し中に大切な食器が割れてしまうと悲しいですよね。そうならないために、引越しの際の食器ごとの梱包方法と、梱包する際に気をつけるポイントを知っておきましょう。

引越し時の食器の梱包方法は?

食器をうまく梱包するには、それぞれの形や強度に合った包み方を心掛けることが大切です。

梱包の際に注意する点は、複数枚をまとめて包まないようにすることです。お皿同士が直接触れ合っている状態だと、運搬の衝撃に耐えきれず割れてしまうことがあるからです。

それでは、さっそく食器ごとの梱包方法を見ていきましょう。

お皿の梱包方法

お皿は、新聞紙を用いて1枚ずつ包んでいきます。

まず、1つのお皿に対して新聞紙を1枚用意します。そして、お皿の淵の形に沿うように新聞紙の端を順番に折りたたみ、全体を包んでいきましょう。最後に新聞紙の端をテープでとめて完了です。

茶碗の梱包方法

小ぶりの茶碗の場合は半分の大きさの新聞紙大きめの茶碗やどんぶりの場合は新聞紙1枚を使い梱包します。

方法は、お皿のときと同様です。茶碗の淵に沿うように、新聞紙の端を折り込んでいきます。新聞紙が長く余ったら、適度に折り返してテープでとめましょう。

コップの梱包方法

コップの梱包には、半分の大きさの新聞紙を用います。コップの側面に合わせて新聞紙をくるくると巻き、筒状にしていきましょう。このとき、途中でコップの底に合わせて新聞紙を折り込みながら進めていきます。最後に、コップの飲み口に余った新聞紙を押し込み完了です。

ワイングラスの梱包方法

ワイングラスは、ステムと呼ばれる脚の部分がもっとも破損しやすいので、まずはステム部分に新聞紙をぐるぐる巻きつけて保護します。そのあとは、先ほどのコップの梱包と同様に、グラス全体を新聞紙で包んだら完了です。

刃物類の梱包方法

刃物の梱包には、新聞紙とダンボールを使う方法タオルを使う方法の2種類があります。

新聞紙とダンボールで梱包するには、まず新聞紙で刃物を包んだ後、刃の長さに合わせたダンボールで、折り曲げながら刃を包むようにして挟みます。最後にガムテープで固定し、刃の部分がしっかり梱包されていることを確認しましょう。

タオルでの梱包も同様です。刃物をタオルで包み、ガムテープでしっかり固定します。とがった刃先の部分は、タオルを折り曲げるなどして入念に包みましょう。

ビン類の梱包方法

ビンの梱包には、ポリ袋と新聞紙、緩衝材を使用します。まず、運搬の衝撃で中の液体が漏れ出しても大丈夫なように、ビンをポリ袋に入れます。そして、上から新聞紙と緩衝材でくるくる巻くように包み、テープでとめたら完了です。

引越し時、梱包の際に注意すべきポイントとは?

ここまで、食器の梱包方法を紹介してきましたが、せっかく食器を丁寧に包んでも、ダンボールに詰めるときや運搬の際に注意すべきポイントを知っていないと、割れてしまう危険性があります。食器の梱包の際には、以下の点を確認しておきましょう。

食器は1枚ずつ包む

食器は、どんなことがあっても1枚ずつ包むようにしましょう。複数枚をまとめて包んでしまうと、食器同士が直接触れ、運搬の振動に耐えきれずに割れる恐れがあるからです。面倒だと思っても、1枚ずつ包むようにしましょう。

ダンボールは小型で未使用のものを使う

食器を入れるダンボールは、できるだけ小型のものを使用しましょう。大きなダンボールでは、重くて持ち上げにくかったり、底が抜けてしまったり、誤って落としたり、物がダンボールの中で移動して破損したりする可能性があります。

また、使い古しのダンボールは強度が低くなっているので、食器の重量に耐えられなくなってしまいます。食器梱包用のダンボールは、小型で未使用のものを使うようにしましょう。

ダンボールの中には緩衝材を入れる

食器を1枚1枚梱包しても、運搬の際に包んだ食器同士がダンボールの中でぶつかったり、ダンボールを床に置いたときに衝撃を受けたりすることは免れません。ですので、包んだ食器をダンボールに詰める際は、必ず食器と食器の間やダンボールの底に緩衝材を入れましょう

ダンボールには「割れ物注意」のシールか注意書きを!

ダンボールの蓋を閉めたら、わかりやすい場所に「割れ物注意」のシールを貼るか注意書きをしておきましょう。中身が何かわからないと、引越し業者は他の荷物と同じように扱ってしまうからです。

また、引越しの運搬作業で物品の破損が生じた場合、業者によっては保証が受けられないこともあるので注意しましょう。

引越し後も大切な食器を使いたい!梱包作業をきちんと行おう

引越しの際の食器の梱包には、1枚ずつ丁寧に包むと同時に、ダンボールに入れる際も緩衝材を入れたり、注意書きをして業者に丁寧に扱ってもらえるように工夫したりと、気をつけるポイントがたくさんあります。

大切な食器を引越し後もずっと使い続けるためにも、梱包作業はしっかり行いましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。