エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 話題のノンフライヤー、電気代はどれくらいかかる?
 

話題のノンフライヤー、電気代はどれくらいかかる?

電気代の節約、節電テクニック

家電量販店などで販売されているのをよく見るようになったノンフライヤー。ご家庭で使っている方も多いと思います。ノンフライヤーの電気代を調べて見ましょう!

気になるノンフライヤーの電気代について説明します。近年、安価なものが発売され、急速に普及しているのがノンフライヤーです!家電量販店などの特売で見ることも多くなってきました。とはいえ、ノンフライヤーがどういうものか良く知らない方も多いはず。ノンフライヤー選びのポイントをまとめました!

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

ノンフライヤーとは

ノンフライヤーとは、油を使わずに揚げ物ができる機器のことです。健康ブームのなか、急速に普及しています。
油は人間のからだにとってエネルギー源となるため、ある程度摂取が必要ですが、過度に摂りすぎると生活習慣病に繋がります。糖尿病などでは、食事療法がポイントになり、揚げ物など脂っこい食事は控えるように指導されるが一般的です。
しかしながら、そんな人でも、鶏のから揚げやとんかつなど、お腹にたまる食事をたまにはしたいはず。ノンフライヤーは、油を使わないので、とってもヘルシー。病気を持っている方にとって、救世主的な存在なのです!

調理家電として徐々に存在感を高めてきたノンフライヤー。利便性が受けています。ノンフライヤーを使うとどれくらいの電気代がかかるのでしょうか? 

ノンフライヤーの仕組みと使い方解説

ノンフライヤーの仕組みや使い方をご紹介しましょう。

仕組み

超高温(200度程度)の熱風を高速で循環させることで、食材の表面湿度を徹底的に下げる仕組みになっています。そうすることで、水分が飛び、カラッと仕上がるそうですよ!
から揚げやとんかつはの材料となる鶏肉や豚肉は、素材そのものが油を持っており、その油で自然に揚げ物になるのだとか。ただ、串カツなどは、パン粉などで包むため水分が出ず、パサパサになるので、注意が必要です。

使い方

まずは、ノンフライヤー備え付けの網に食材をセットしてください。あとは、温度と時間が設定できる2種類のダイヤルを回すだけ!鶏のから揚げだと180度で12~13分で仕上がります。カンタンですね!

ノンフライヤーの電気代はどれくらい?

では、ノンフライヤーの電気代をメーカー別に見ていきましょう。ここでは、フィリップス社とわがんせ社を取り上げます。

フィリップス社

消費電力は1425Wです。鶏のから揚げをつくる場合、180度で12~13分使用します。電気代は8.34円です。概算。温度によって変わる可能性があります。

参照:ノンフライヤープラス HD9531/22 | フィリップスキッチン 調理家電

わがんせ社

消費電力は1200Wです。鶏のから揚げをつくる場合、180度で15分使用します。電気代は8.1円です。

参照:詳しく知りたい | ノーオイルフライヤー 公式サイト

ノンフライヤーのお手入れ方法

ノンフライヤーは後片づけがカンタンなのも特徴です。揚げ物は後片付けが面倒……という方は多いですよね?鍋やバスケットは取り外しが可能で、食器洗い機の使用も可能!セラミックコーティングが施されている商品もあり、長持ちするのも嬉しいですね。

ノンフライヤーの電気代まとめ

ノンフライヤーの電気代をまとめてみました。家族の食卓だけでなく、友人を呼んでパーティーをするときにも揚げ物は人気ですよね。ノンフライヤーを使えば、油分やコレステロールを気にせずに揚げ物を楽しむことができますね!使うときは、電気代の節約を忘れずに!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。