エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. じぶんの電気はじぶんで作る。クリーンな電気を選んでおトク!
 

じぶんの電気はじぶんで作る。クリーンな電気を選んでおトク!

電力自由化ニュース

電力自由化で、私たちは電気を自由に選べるようになりました。そのメリットの一つは、電気代が安くなること。適切な電気料金プランを選び、様々な特典を組み合わせれば5〜10%の節約も可能です。もう一つのメリットは「発電手段を選べる」こと。もしもあなたが日当たりのよい戸建て住宅にお住まいなら、誰よりもエコでおトクな電気を選んでみませんか? (提供:株式会社日本エコシステム)

環境にやさしい電気(再生可能エネルギー)を使うには?

電力自由化で、私たちは自由に電力会社を選べるようになりました。これは、ただ安い電気を選べるというだけでなく、今まで自分たちでは選べなかった発電手段も自由に選べるようになったということなんです。「自分で選べるのなら、地球にやさしい電気を選びたい」という人も多いですよね?それでは、地球にやさしい電気はどうやって選べばよいのでしょうか?

「再生可能エネルギー」とは

環境にやさしい電気、それは「再生可能エネルギー」!日本で使われている再生可能エネルギーには、太陽光や水力、風力、木材や細菌が作ったガスを燃料とするバイオマス、地熱などがあります。これらを利用した発電方法は、資源が枯渇せず繰り返し使えるだけでなく、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となるCO2をほとんど増やさないんです。まさに「環境にやさしいエネルギー」ですね。

2014年度の日本の年間発電量の構成は、約半分が天然ガス、約30%が石炭、約10%が石油と、火力発電が中心となっています。水力が約10%で、水力を除く再生可能エネルギーの比率は3%程度。政府は2030年までに再生可能エネルギーの比率を22〜24%まで引き上げようとしていますが、まだまだ普及は進んでいないのです。

実はCO2の排出量がゼロではない「FIT電気」

再生可能エネルギーの普及が進まない大きな理由のひとつには、コストがあります。まだまだ新しい技術である再生可能エネルギーの発電コストは、どうしても火力燃料に比べて高くついてしまいます。そこで国は、家庭や企業など電気をつかう全員で「再エネ賦課金」というお金を出し合うことで、再生可能エネルギーの普及を支える「固定価格買取制度(FIT制度)」を2012年から始めました。私たちは再生可能エネルギー普及のために、平均的な家庭で毎月700円ぐらいを負担しているんです。

電力自由化で登場した電気料金プランの中には、この制度を活用して発電された「FIT電気」の割合が高いものも登場しています。ただし、「FIT電気」は電気を使う全員の負担で支えられているので、その環境価値(CO2排出削減効果)は、火力発電などで作られたすべての電気に平等に分配されます。現在、日本の再生可能エネルギーのほとんどはFIT制度を利用しているため、FIT電気ではない再生可能エネルギーを選んで買うのは難しい状況です。

クリーンな電気を使いたいなら、自分の家で発電するしかない?

再生可能エネルギーで発電された電気も、自宅に届けられるまでには電線を通らねばなりません。すべての電気は電線で混じり合うため、再生可能エネルギーのみで発電された電気を使えるわけではないんです。「クリーンな電気を選びたい!」という人は「自宅に太陽光パネルを導入しようかな」と考えたこともあるかもしれませんね!昔に比べ太陽光パネルの価格はだいぶ下がってきているものの、それでも初期費用が150万円くらいかかります。うーん、簡単にできる話ではないですよね。

100%太陽光のエコな電気*を初期費用0円で!しかもおトクな料金プラン

そんな中、「日本エコシステム」という太陽光発電システムの販売・施工に実績のある会社が面白い仕組みを発表しました。その名も「じぶん電力」。なんと、条件にあえば初期費用0円で太陽光パネルを設置でき、じぶんで使う電気をじぶんの家の屋根の上で発電することができるのです!混ざり気なしの太陽光発電によるCO2排出量ゼロのエコな電気を使えます。これは嬉しいですよね!

*太陽光発電設備による発電分

太陽光パネルが無料?「じぶん電力」の仕組みは?

「じぶん電力」は、日本エコシステム社に自宅の屋根を貸して、同社が所有する太陽光パネルを設置する仕組みです。だから、太陽光パネルの代金などの初期費用がゼロなんですね。
「じぶん電力」と契約をすると、私たちは自宅の太陽光パネルで発電された電気を直接、電線を介さずに使うことができます。気になる電気料金単価は、27円/kWh。地域の電力会社の標準プランの最高単価が23円〜33円と考えると、意外とおトクです!

「じぶん電力」の仕組み

夜間など発電できない時間帯は?気になる電源構成もチェック

夜間や天気が悪い日など太陽光発電ができない時間帯は、日本エコシステムが新電力・エネットから調達した電気を使います。エネットはNTTファシリティーズと東京ガス、大阪ガスが出資をする新電力で、企業向けの電力供給では十分な実績をもつ会社です。この場合の電気料金単価は、地域の電力会社に比べ約3〜5%おトクに設定されています。昼間は太陽光発電のエコな電気を使って、夜はおトクな料金で節約!バランスがいいでしょ?ちなみに、太陽光発電以外供給分の電源構成は60%が天然ガス。石油や石炭などと比較し、燃焼時のCO2排出量が少ない天然ガス中心で、こちらも比較的エコと言えます。

太陽光発電以外供給分の電源構成太陽光発電以外供給分の電源構成

太陽光発電供給分と太陽光発電以外供給分の比率は各ご家庭の消費パターンにより異なります。

*1 水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。 FIT電気を買い取る費用は電気をご利用の皆様から集めた賦課金によって賄われており、CO2排出量については、全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。

*2 一般電気事業者からのインバランス(補給)供給を受けた電気です。他社から調達している電気の一部で発電所が特定できないものについては、「その他」の扱いとしています。

*3 一般電気事業者の不特定の発電所から継続的に卸売を受けている電気(常時バックアップ)については、各社の平成26年度の電源構成に基づき仕分けています。

*4 (株)エネットの2014年度のCO2排出係数(調整後排出係数)は0.462kg-CO2/kWhです。

非常時にも活躍!「じぶん電力」の太陽光パネル設置にはこんなメリットも!

「じぶん電力」には、その他にもメリットがあります。なんと、地震などの災害時に自宅の太陽光発電の電気を無料で使えるんです。もし停電になったとしても、太陽光で発電している時間であれば家の中に設置された「非常用コンセント」から電気を使うことができ、万が一の時も安心です。日本は地震大国、何かしらの対策はしておきたいところですが、蓄電池は初期費用がかかります。それに比べると、太陽光パネルを無料で設置できる「じぶん電力」は魅力的ですね!

無料シミュレーションをしてみよう!

いかがでしたか?もしもあなたが一戸建てにお住まいなら、一度無料のシミュレーションをしてみては?電気代の試算と、ご自宅が太陽光発電設備設置に向いているかどうかの診断を受けることができますよ!エコ意識の高い人も、電気代を節約したい人も、災害時の備えを考えている人も、「じぶん電力」をぜひ検討してみてください。

株式会社日本エコシステムが提供するページへ移動します

btn_entry02

(提供:株式会社日本エコシステム)

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。