エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 節電タップは効果はあり!費用対効果とおすすめの節電タップ
 

節電タップは効果はあり!費用対効果とおすすめの節電タップ

電気代の節約、節電テクニック

待機電力の電気代は一般の4人家庭で1万円以上にもなります。そこで待機電力カットの切り札【節電タップ】を特集します。実際の節電効果とオススメの節電タップを紹介します。

電気製品の電源プラグをコンセントに挿しっぱなしにしているだけで、常に電気代がかかっているのをご存知ですか?電源を入れていないのにかかってしまう電力、それが待機電力です。

大した電気量ではないのでは、と思われるでしょうかそうではありません。なんと待機電力は一般家庭の7.3%ほどあるとされています。4人家族だと1年の電気代が約15万円ほどなので、その場合待機電力の電気代はなんと約10,950円!。

待機電力を節電するためには、コンセントから電源プラグを抜くという手段もありますが、節電タップを使用すればスイッチ1つで待機電力をカットすることが出来るようになります。

ここでは節電タップの節電効果と、使い方の注意点を特集します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「」ボタンを押してください。

節電タップは効果あり!

実際のところ、節電タップには効果があるのか?
そんな疑問にお応えするために、節電タップを使うと何円の電気代の節電になるのかを調べてみました。

待機電力をカットして年間1,059円分の節電

仮にリビングにある以下の家電6つ(○○Wは待機電力)

  • HDD/DVDレコーダー:3.4W
  • 一体型オーディオ:2.9W
  • エアコン:2.6W
  • デスクトップパソコン:2.0W
  • 空気清浄機:1.7W
  • テレビゲーム機:1.4W

を1つの節電タップにつないで、就寝時など1日8時間オフにすると、合計で年間1,059円分もの電気代節約になります(1kWh辺り25.91円で計算)。

節電タップのスイッチライトはたったの年間23円

節電タップをつかって節電するにあたって気になるのが、スイッチのライトの電気代です。
計算してみると、スイッチランプ1つあたりの電気使用量は約0.1Wのため、仮に1年間つけっぱなしにしておいた場合の電気料金は約23円程度です。
もしコンセント6つ付きのものをオンのまま1年間放置したとしても電気代は約136円です。必ずしも安くはありませんが、きちんと節電タップを使えれば十分に許容範囲内と言えるでしょう。

1年から2年で元が取れる

一般的な節電タップは1,000円~2,000円ですので、きちんとオンオフを行って待機電力をカットしていけば、1年から2年で元が取れる計算になります。
スイッチのない電源タップより本体価格は少し高いですが、節電タップをきちんと使いこなせば、結果的に十分な節約になるでしょう。

逆に損になる?節電タップ使用の注意点

節電タップにはスイッチライトの電気代がかかるため、スイッチをオフにしないと普通の電源タップよりも電気代がかかってしまいます。
その際の工夫と注意を紹介します。

きちんと待機電力をオフにする

せっかく節電タップを設置しても、スイッチを必要に合わせてオフにしなければ節電効果はありません。

  • 待機電力が多い家電を節電タップにまとめる
  • 寝る前など時間を決めてオフにする

このような工夫をして、節電タップを有効活用しましょう。

節電タップ自体の消費電力を抑える

節電タップは電源プラグを差していない時でもオンになっていると最大年間136円電気代がかかってしまいます。
スイッチを切る手間を割けない、あるいは頻繁に電源を切れない家電に使う場合は、スイッチのない電源タップの方が電気代がかかりません。
節電タップは計画的に導入するべきです。

おすすめの節電タップ

節電がやりやすくなり、楽しくなる節電タップ3つを紹介します。

光らない個別スイッチ付き節電タップ

スイッチライトが光らないので、節電タップ自体の電気代がかかりません。
あまり電源を切らない家電とよく切る家電を一緒に繋ぎたい時などに使用してみてください。

一括スイッチ付き節電タップ

個別スイッチの他、一括で全ての電力をカット出来るスイッチがついた節電タップです。
夜間や昼間使わない家電などは1つの節電タップにまとめて、一括スイッチでオフにすると節電を続ける手間が少なくなります。

ワットメーター付き節電タップ

使用電力が一目でわかる節電タップです。
スイッチで待機電力をカットするのは勿論、電力がリアルタイムで分かるため、節電意識が高まり電気代節約につながります。


まとめ

節電タップは効果あり!
待機電力をカットして年間1,059円分の節電
リビングの家具6つの待機電力を1日8時間カットすれば約1,000円分の節電が望めます。
節電タップのスイッチライトはたったの年間23円
スイッチライトの電気代はあまりかかりません。
1年から2年で元が取れる
節電タップは使いこなせば、スイッチのない電源タップより節電になります。
逆に損になる?節電タップ使用の注意点
きちんと待機電力をオフにする
節電効果を出すために工夫が必要です。
節電タップ自体の消費電力を抑える
計画的に節電タップを導入しましょう。
おすすめの節電タップ
光らないスイッチ付き節電タップ
節電タップ自体の電気代がかかりません。
一括スイッチ付き節電タップ
まとめてオフにできるので、スイッチオフの手間を軽減します。
ワットメーター付き節電タップ
電力量が見えるので節電意識も上がります。
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。