1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 暑さは窓からやってくる!節電のため今すぐ始めたい窓の断熱対策
 

暑さは窓からやってくる!節電のため今すぐ始めたい窓の断熱対策

電気代の節約、節電テクニック

夏のお部屋が暑いのは、窓から外気の熱が入ってくるからって知ってましたか?断熱を意識して窓周りを整えることで、エアコンを控えめにしても快適な室温を保つことができるんです!いまある窓をそのまま生かして簡単にできる、夏お窓対策についてご紹介します。

エアコンで冷房をしても、部屋がちっとも涼しくならない・・・。
そう感じたら、お部屋の窓辺をチェックしてみましょう。
夏の無防備な窓が、暑さを室内に取り込んでしまっているのかもしれません。

[夏のエネチェンキャンペーン]

節電のために夏の窓対策をしましょう

kepco-saving-2
冷房効率を上げて節電する方法は?
私たちは室内にいても夏は暑く、冬は寒さを感じ、多くの人がエアコンを必要としています。
どうして住宅は外気の熱を防げないの?
それは窓のせいなんです。

暑さ・寒さは窓からやってくる!

熱には常に温度の高いところから低いところへと移動していく性質があり、そのために夏は室内を冷房で冷やしても温度の高い外気温が室内に入り込んできて室温が上昇してしまいます。
逆に冬場は、暖房で作った室内の暖かい空気が、どんどん寒い外に移動してしまうわけですね。
最近の住宅には断熱材が入っているので壁は外気の熱をシャットアウトしてくれるのですが、唯一の弱点が窓なんです。

夏の暑さは窓でブロックして節電しましょう

ガラスは熱伝導性が良いので、きちんと対策をとっておかなければ熱が素通りしてしまいます。
なんと、夏には窓から50~70%もの熱が室内に入ってきて、冬には50%弱の熱が窓から外へ逃げて行ってしまうんですって。
熱の侵入を防ぎ、せっかく作った快適な空気を逃がさない窓対策で、夏はしっかり節電していきたいですね

夏におススメの窓対策はコレ!

窓の遮熱は真空ガラスへの交換や二重サッシの設置が有効ですが、手間もお金もかかってしまいますし、賃貸住宅ではそう簡単にはいきませんよね。
いまある窓をそのままいかした、夏の窓対策をしていきましょう。

窓の外側から熱を遮りましょう

4e6c1b6b2b6edb21f1887ec8aa2a6fcc_s
サンシェードは夏の紫外線を大幅にカット!
窓からの熱の侵入は、窓の外から防ぐのが鉄則です。
窓の外によしずグリーンカーテンを設置すると窓外側の温度が格段に下がりますので、熱の侵入をそのぶん抑えることができますね。
窓枠に取り付けられるサンシェードは家のアクセントにもなりますので、インテリアとしてもおススメです。

窓辺の照り返しを緩和しましょう

f8aa03c23c315f428164c30eba64b5b1_s
コンクリートを隠すだけで驚くほどの遮熱効果が!
窓辺の照り返しの熱も忘れてはいけません。
ベランダに熱を吸収してくれる木のスノコレンガなどを設置して、熱のこもるコンクリ―ト面を隠しましょう。
植木鉢人工芝なら、窓辺の景観が良くなりますね。
夕方は打ち水を打っておくと、蓄熱を防いで夜も涼しく過ごすことができるんですよ。

断熱シートを活用しましょう

rainy-season-open-window
断熱シートで窓辺の雰囲気も手軽にチェンジ!
断熱シートは窓に貼るだけで二重ガラス構造が作れる便利なアイテムで、紫外線を90%、日射熱を70%もカットできます。
冷房効率がアップして梅雨の結露も防ぐことができますし、家具の劣化や変色も防ぐ効果もあるんですよ。
ワイヤー窓の場合熱割れ現象で窓ガラスが破損することもあるので、必ず窓ガラスのタイプにあった断熱シートを選んでくださいね。

遮光・遮熱カーテンにかけ替えましょう

6f52ef64f4f66c086a5853512e24d2f5_s
青色などの寒色系を使ってさわやかな室内をイメージ!
外からの日差しをカットする遮光カーテンや、熱を遮断する遮熱カーテンは既製品ならお値段もそれほど高くないので、夏の模様替えにぜひ活用してください。
日中にカーテンを閉めると室内が暖まるのを防ぎ、冷房で作った冷たい空気も逃げないので、無駄なエアコンを使わずに済みますね。
ただし部屋の中が暗くなってしまうので、家族の生活パターンにあわせてカーテンを選びましょう。

断熱スプレーも効果アリ!

d2c324b605fdbb52962c13b7ab84c7f5_s
とっても手軽で効果が高い!
断熱シートは作業の手間がかかるけど、シリコンコーティング効果のある断熱スプレーだったらとっても楽!に、どんな場所でもどんな窓でも気軽に断熱できます。
シュッとひと吹きで、室内温度の上昇を2~4℃も抑えることができるんですって。
効果は1ヶ月以上持続しますし、窓の汚れ防止にもなるので、節電とともにお掃除の手間も省けちゃうかも!?

節電のための冷房温度の目安は28℃です。
夏は設定温度を1℃高くするだけで約13%も消費電力があがってしまうので、窓対策で熱の侵入を防ぎ、室温を低く保って節電していきましょう!

窓からの熱の侵入を防いでエアコンの無駄遣いを見直したら、 次は電気料金プランの見直しが効果的です。
家庭の生活にみあったプランを選ぶことで、電気代は年間最大18,000円も減らすことができるかも!?
エネチェンジプラン診断は、みなさんに最適な電気料金プランをご提案いたします。

ここまで読んでくれたアナタ
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数