エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ティファールの電気ケトルの電気代って安い?高い?
 

ティファールの電気ケトルの電気代って安い?高い?

電気代の節約、節電テクニック

ティファールの電気ケトル、すぐにお湯が沸かせて便利そうですが、電気代ってどのくらいかかるのでしょうか?購入前にしっかりと調べておきたいですよね。ティファールの電気ケトルの電気代とあわせて、簡単な商品紹介も。どれを買おうか迷っている方、必見です!

家計の支出の中で、光熱費を抑えたいという人は多いと思います。
特に電気代が抑えられると嬉しいですよね。
そんな中、ティファールの電気ケトルは、「使いたい量をがすぐに沸かせて便利!」と人気です。でも、電気代はどうなのでしょうか。
やかんでお湯を沸かした場合や電気ポットを使った場合にかかる光熱費と比べると本当に安いのか、調査しました。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

ティファールの電気ケトルの人気の秘密とは?!

ティファールの電気ケトルが何故多くの人に支持されるのか?!
ここでは、ティファールの電気ケトルの特長を紹介します。

  1. 約50秒で、必要な時に必要な量が素早く沸かせる。
  2. 保温せずに、その都度沸かすので、無駄な電気を使わずエコになる。
  3. 空だき防止、電源自動OFF機能、抗菌加工、ほこりカバーといった、安心・安全機能が充実している。
  4. 軽くてコードレスなので簡単に持ち運びができる。

出典:CLUB T-fal

光熱費を比較してみましょう!

電気ケトル、電気ポット、やかん(ガス)でお湯を沸かした場合の光熱費を比較しました。

電気ケトル

お洒落なデザインを選べるのが魅力
コンパクトで便利な電気ケトル。その電気代は?
  • コーヒーカップ一杯分(140ml)を沸かす時にかかる電気代は約0.5円
  • 約1Lを沸かす時にかかる電気代は約2.3円

1kwhあたりの電力量単価27円/kwhで計算

コーヒーを一日4杯飲んだとしても電気代は約2円になります。1カ月でも60円!
一人暮らしや、少人数家庭におすすめです。

出典:ティファール 電気ケトル 製品一覧

電気ポット

大容量が魅力!
いつでも熱いお湯をたっぷり使える電気ポット。その電気代はを計算してみましょう。象印の電気ポットを例に考えてみます。2.2L入る電気ポットで、1日2回お湯を沸かし、途中で再沸騰を1回、常に90℃で保温した場合、年間電気代は9,800円です。つまり、1日26.85円

ティファールは1Lの沸騰に2.3円だったので、2.2Lを沸かすとなると5.06円という計算になります。もちろんティファールには保温機能がないので、単純な比較はできません。20円ちょっとプラスすれば、ずっと保温されると考えれば、お得に感じる人もいますよね。
保温という機能から考えれば、電気ポットは、家にいる時間が長くお茶やコーヒーをよく飲む人に向いています。また、ティファールよりも大容量であるので、大人数家庭にもおすすめできますね。

出典:象印 商品情報

やかん(ガス)

Old aluminium kettle on wood background in vintage
お湯を沸かすといえばコレ!
どこの家庭にもある昔ながらのやかん。コンロでやかんを使ってお湯をわかす場合、ガス代はどうなるのでしょう?
東京ガスによると、水1Lをやかんで沸かした場合、ガス代は3.32円です。

ティファールでは1Lで2.3円だったので……。おっ!ティファールの方が安い!
ここで比較するときのポイントになるのは、瞬間の電力量。ティファールは1250Wもしくは1450Wの定格消費電力です。うっかり他の電気製品と同時に使用すると、ブレーカーが落ちる可能性があります。
そこを懸念する人は、昔ながらのやかんという選択肢が安心です。
出典:東京ガス 省エネ効果の算出方法

ティファールの電気ケトルをご紹介!

代表的なティファールの電気ケトルとその特長を紹介します。

ノヴェア 0.5L

一人暮らしにもちょうどいい小容量タイプ。蓋が取り外せるので、洗いやすいのもいいですね。希望小売価格:10,000円(税抜)

  • 倒れても湯こぼれしにくいティファール初の給湯ロック付き
  • 熱くなりにくい二重構造
  • 持ち運びしやすいコンパクトサイズ

出典:T-fal 商品一覧 ノヴェア

アプレシア プラス0.8L

突然の来客にも困らない中容量タイプ。カラーバリーションが豊富なので、キッチンのアクセントになりますね。カップラーメンとお茶程度んお分量ならば、1回で沸かせます! 希望小売価格:8,000円(税抜)

  • 湯切れの良い注ぎ口を新採用
  • ほこりなどが入りづらい[STAY CLEAR]注ぎ口カバー付き
  • ケトル本体は500mlペットボトル飲料とほぼ同じ軽さ。片手でラクラク使えます。

出典:T-fal 商品一覧 アプレシアプラス

ジャスティン プラス1.2L

家族団欒の時にも対応できる大容量タイプ。ティファールの電気ケトルの中で一番大きいのがジャスティンです。中身の量を確認できるので、空焚きの心配もありません。希望小売価格:6,560円(税抜)

  • 間口が広くなって、水入れやお手入れラクラク
  • スリムな注ぎ口で湯量をコントロール
  • ふたは、ボタンを押すだけで開きます。

出典:T-fal 商品一覧 ジャスティンプラス

まとめ

電気代で考えると、ティファールの電気ケトルはお得

ティファールの電気ケトルの電気代は、やかんで沸かしたときのガス代と比べても、安いということがわかりました。同時に複数の電化製品を使用しないように気をつければ、かなり使い勝手もよさそうです。
電気ケトルと電気ポットの用途は似ていますが、大きな違いは保温機能。その都度お湯を沸かすスタイルでいいのか、いつでもお湯を使える状態がいいのかが選ぶポイントになります。保温の必要がない場合は、電気代が安くエコにもなる電気ケトルをおすすめします。
自分のライフスタイルにあった商品を賢く選びましょうね!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。