エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 男・一人暮らし、家の電気を「Looopでんき」に切り替えたら毎月1,000円近くの節約に!
 

男・一人暮らし、家の電気を「Looopでんき」に切り替えたら毎月1,000円近くの節約に!

電力会社・電気料金プランの選び方

一人暮らしの20代男性が、東京電力からへLooopでんき切り替えた結果を完全レポート。電気代はどうなった?電力会社探しから申し込みまでの一部始終をご覧ください!Looopでんきの「おうちプラン」は基本料金0円で注目を集める電気料金プラン。はたしてLooopでんきは一人暮らしにどんなメリットがあるのでしょうか?

東京で一人暮らしをしているエネチェンジの若きデザイナー・星さんが、電力会社の切り替えをしました。選んだのはLooopでんき・おうちプラン。

  • どうしてLooopでんきを選んだの?
  • 申し込み手続きは簡単だった?
  • 実際の電気代は安くなった?

など、だれもが気になる素朴な疑問をインタビューしました。

2016年11月時点の情報です。

読み進める前に……
電力会社を変えると、電気代が平均18,000円安くなる!
すでに全国200万世帯以上が電力会社の変更をしています!様子見をしていた人も、そろそろ変えていい時期ですよ。電力会社を変えて、賢く電気代を節約しましょう。さぁ、郵便番号を入力して、電力会社を探してみて。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

一人暮らしなのに高い!?月の電気代が5,000~6,000円、冬場は10,000円超え

2016-10-06 15.21.53
星さんは、東京の片隅にある1Kのアパートで1人暮らし。デザイナーという仕事柄、日中はPCとにらめっこですが、週に1・2回は仕事帰りにスイミングやランニングなどにでかけます。洗濯や掃除はこまめにするタイプ。平日のご飯はほぼ外食ですが、土日は自炊を心がけているんだとか。

今、この記事を読んでいる人の中にも「自分の生活と似てるな」と感じた方もいるのではないでしょうか?20代の社会人は男女問わず、こんな生活をしている人が多いですよね。
ここで、星さんの生活環境を確認しておきましょう。

星さんの生活環境と電気代
世帯人数
1人
部屋の広さ
1Kの賃貸アパート 部屋の広さは約20㎡
契約プラン
東京電力 おトクなナイト10
契約アンペア数
3kVA
2016年5月の電気代
5,902円
2016年5月の電気使用量
217kWh

一般的な料金プランといわれる東京電力・従量電灯Bではなく、「おトクなナイト10」を契約していたんですね。

冬の電気代1万円!原因は…暖房器具の併用

一人暮らしなのに冬の電気代が1万円を越すときもあるという星さん。なぜそんなにかかるのかを探るために、暖房器具は何を使っているのか聞いてみました。

  1. hoshi
    星さん

    冬はエアコンとデロンギのオイルヒーターを併用しています。

それは、電気代も高くなるはずですね。エアコンとのデロンギのオイルヒーターを併用するなんて、贅沢な使い方です。よくよく話を聞くと、夏も家にいるときは寝る時も含めて室温22~23℃設定でエアコンをつけたまま。なんと冬も暖房はつけたままで寝るそう。星さん、北海道出身なのですが、寒さに強いのかと思いきや寒さに弱いそう。もしかしたら、北海道出身の人は同じように冬の電気代が高いのでしょうか?意外です。

デロンギ・オイルヒーターとエアコンの電気代

デロンギのオイルヒーターは、8畳の部屋で一日8時間使ったとすると、ひと月約4,800円かかると言われています。エアコンは同じ条件の部屋の広さと時間で、ひと月約3,200円なので、少しだけエアコンよりも電気代かかかりますね。併用してしまうと……たしかに電気代がいっきに跳ね上がるのもうなずけます。

  • デロンギ・オイルヒーター:1日8時間で約4,800円(8畳)
  • エアコン:ひと月約3,200円(8畳)

もちろんエアコンもメーカーにより異なりますし、外気の寒さによっても電気代がかわってきます。オイルヒーターは電気代がかかる一方で、空気が乾燥しないなどのメリットもありますから、一概に値段だけでは判断が難しいかもしれません。自分にとって最適な暖房器具を効率よく使う工夫もいりますね。

昨年、従量電灯Bから「おトクなナイト10」に変更

「少しでも節約したい」と思った星さん、実は電力自由化前に電気料金プランを1度変更しています。その時選んだのが、東京電力の「おトクなナイト10」。

東京電力の「おトクなナイト10」料金表
区分単位料金(税込)
基本料金契約容量6kVA以下の場合1契約1,296円00銭
7kVA~10kVAの場合2,160円00銭
11kVA以上の場合2,160円00銭 + 280円80銭 ×(契約容量 -10kVA)
電力量料金昼間時間(AM8:00~PM10:00)最初の80kWhまで(第1段階料金)1kWh26円01銭
80kWhをこえ200kWhまで(第2段階料金)34円65銭
上記超過(第3段階料金)40円01銭
夜間時間(PM10:00~AM8:00)12円50銭

この電気料金プランは、夜10時~翌朝8時の電気代は12円50銭/1kWhと安くなるのですが、昼間は26円01銭(最初の80kWhまで)と割高になるもの。そのため、夜10時になるのを待って洗濯機を回したり、浴室乾燥機を使ったりと工夫をこらしていたそうです。ただ、休日は一日中家にいたり、思ったより早く帰宅する日もあったりして、昼間の電気代が高い時間帯に知らず知らずに電化製品を使っていたようで……。インタビュー時に見せてもらった検針票では、夜間よりも昼間の電気使用量が多い月もありました。生活スタイルと電気料金プランがあっていないと、うまく節約できない典型的な例ですね。

  1. hoshi
    星さん

    「おトクなナイト10」では、あまり電気代が安くなった気がしなくて……電力会社そのものを切り替えることで電気代を節約できたらいいなと思って、電力自由化を心待ちにしていました。

さて、そんな星さんが選んだ電力会社は……

診断結果で節約額1位のLooopでんきに即決!

電力自由化が開始されてすぐにエネチェンジで診断をしたら、節約額1位がLooopでんきだったので、すぐに申し込みをしたそうです。

  1. 荒木
    荒木

    不安はなかったですか?

  2. hoshi
    星さん

    仕事でLooopでんきに関わっていたので、この会社には思い入れがありましたし、切り替えても電気が止まることはないという知識はありました。エネチェンジの社員ですからね(笑)。

  3. 荒木
    荒木

    たしかに(笑)。ところでLooopでんきが新しい会社という点は、気にならなかったのでしょうか。

  4. hoshi
    星さん

    僕らの世代は、何かわからないことがあるとネットなどで調べる習慣があるので、リスクがないことはすぐに判断できました。例えば携帯電話とかインターネットのプロバイダーとかも、比較して安いところを選ぶという習慣は根付いていますしね。

  5. 荒木
    荒木

    なるほど。そういう感覚で電力会社も選んだというわけですね。

電気代が安くなるというのが一番の魅力だったという星さん。さらに、これまでの東京電力の「おトクなナイト10」というプランでは、夜間に電気を使うことを意識していましたが、Looopでんきの「おうちプラン」では、そうした時間によるしばりから解放されることに。電力会社に思い入れがあるというのは、エネチェンジ社員ならではかもしれませんが、安さだけでなく会社に対して「ここがいい!」という想いがあるのはステキですね。

星さんがLooopでんきに決めた理由
  • エネチェンジ診断で節約額が1位だった
Looopでんきすることで得られたメリット
  • 電気を使う時間を考えること(洗濯は夜10時以降!とかの工夫)から解放された

一人暮らしが電力会社選びからLooopでんきに切り替えるまでの申し込みフローはこれだ

Looopでんきの申し込み手続きは、どのように行われたのでしょうか?具体的に順を追ってみていきましょう。

申込日
2016年4月14日
供給開始
2016年7月4日

星さんの場合は、電力自由化直後の申し込みだったので使用開始までに、かなり時間がかかっています。現在は、もっとスムーズに申し込みができるので、ご安心ください。
まず、星さんはエネチェンジで電力会社を探しました。1位の「Looopでんき」なら、年間4,000~5,000円節約できるという結果に大満足で即決したそうです。あまりにも結果が嬉しくて、2位以下は覚えていないそう(笑)申し込みからの流れはこちらです。

  1. 4月14日:Looopでんきに申し込み
  2. 5月14日:Looopでんきから「申し込み完了」メール
  3. 5月20日:Looopでんきから「マイページのご案内」メール
  4. 6月2日:Looopでんきから「供給開始の案内」メール
  5. 6月27日:「供給開始の案内」はがき
  6. 7月4日:Looopでんきに切り替わる

星さんのアパートは、電力自由化が始まった直後にスマートメーターに切り替わっていたので、メーターについては特に気にすることはなかったそうです。
申し込みから電気供給開始まで3カ月弱。思ったよりも時間がかかったようですが、電力自由化直後なので混みあうことは予想していたそうで、特に不安になることもなく、ゆっくりとした気持ちで待ち続けたとのこと。「供給開始の案内」メールが届いたときには本当にうれしかったそうです!

若い世代には検針票はWEBで確認の方が便利?

新電力は基本的に検針票がなく、電気代の確認はWEB上でおこないます。Looopでんきも同じで、毎月の電気代請求額や使用量はWEBで確認することになります。その点について、星さんは?

  1. hoshi
    星さん

    紙に印刷されたものはなくしやすいので、インターネットに接続して過去にさかのぼって見ることができるのは便利!

20代、30代の皆さんの中には、星さんと同じように「WEBの方がラク」と感じる人も多そうですね。

診断結果は毎月400円程度安くなる想定、でも実際は約900円の節約に!

エネチェンジの診断では、年間4,000円~5,000円程度の電気代節約ができるとされていましたが、実際Looopでんきに切り替えたことで、どのくらい電気代が節約できたのでしょう?電気使用量が同じくらいの月があったので比べてみました。東京電力・おトクなナイト10とLooopでんきを比較してみると……

実際の節約額は?東京電力とLooopでんきの電気代を比較!
東京電力・おトクなナイト10(2016年5月)
電気使用量:217kWh
電気代:5,902円
Looopでんき・おうちプラン(2016年9月)
電気使用量:218kWh
電気代:5,085円/dd>

Looopでんきで割安になった金額
817円

結果として、ひと月800~900円弱の節約ができそうですね。この節約額は大きい!

  1. hoshi
    星さん

    思ったよりも節約額は高く、ひと月800~900円ほど安くなったんです。自分では何もせずに電気代がこれだけ安くなるのは非常にうれしいですね。あと、夜10時を過ぎてから洗濯をする生活は、案外ストレスになっていたみたいで……。今は時間を気にせずに洗濯機や浴室乾燥機を使えるようになったのでありがたいです。

  2. 荒木
    荒木

    時間を気にしなくていいからラクという気持ち、すごくわかります。ちなみに、節約できた800円~900円は何に使いますか?

  3. hoshi
    星さん

    ネットの動画配信サービスに入会しました。見放題で毎月の使用料が約1,000円!!

  4. 荒木
    荒木

    へー。動画サービスの月額費用に変わったわけですね。

  5. hoshi
    星さん

    電力の切り替えで電気代の節約をして、そのお金を日々の生活を充実させるところに使っている感じです。もう大満足!

  6. 荒木
    荒木

    いい使い方ですね!生活が充実するのはいいこと!……ちなみに将来的には、また電力会社の切り替えを考えていますか?

  7. hoshi
    星さん

    安ければそのほうがいいので、今後も定期的に電気の診断をして、見直していきたいと思います。ちなみに、今は海外ドラマにハマっていて、「ブレイキング・バッド」っていうのがいいんですよ~………

このあと、星さんの海外ドラマ話が続きました。節約できた分は貯金するというのもひとつの方法ですが、星さんのように生活を潤す何かに変換するのもいいですよね。楽しそうに話す星さんを見ていると、動画サービスへの投資は大正解だったようです。

東京・一人暮らし20代男性、「Looopでんき」に変えて電気代の節約に成功

Looopでんきへの切り替え体験談をお届けしました。独身男性でもきちんと節約を考えていて感心。そして、節約できたお金は、自分の生活に潤いをもたらすために積極的に使うというところも、若者らしく好感が持てますね。
星さんの話によると北海道出身の皆さんは、寒さにも弱いとのこと。冬の電気代が高くて困っている人がいたら、ぜひ電力会社切り替えをオススメしたいです!月に1,000円弱の節約は、大きいですよ!

エネチェンジではアナタに最適な電気料金プランを比較検討できるサービスエネチェンジ電力比較を提供しています。アナタにとって最適な電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。