エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 引越しを機に「Looopでんき」へ!ライフスタイルに合った電力会社を見つけることができました
 

引越しを機に「Looopでんき」へ!ライフスタイルに合った電力会社を見つけることができました

電力会社・電気料金プランの選び方

引越しをきっかけに「Looopでんき」への契約を決めました!転勤で引っ越したものの、週末は実家に帰宅するため電気を使うのは平日夜間だけ。少ない電気使用量でもおトクになる電力会社を探していたとろ見つけたのが基本料金0円のLooopでんきでした。実際に契約した感想はどうだったのでしょうか?くわしくうかがいました。

埼玉から大阪への転勤をきっかけに引越しをし、Looopでんきに契約を決めたエネチェンジ明さん。現在は、平日は大阪でお仕事をし、休日は埼玉の実家に戻るという生活をされているそうです。人のいない時間が多い大阪の家は、どんな電力会社と契約すれば、電気料金を安く済ませることができるのか……ちょっと考えてしまいますよね。

そこで、年末年始の慌ただしい時期に電力会社を切り替えてみてどうだった?「Looopでんき」に決めた理由は?契約手続きって難しくないの?など、さまざまなお話をお聞きしました!

平日は大阪、休日は埼玉。引越しをき機にLooopでんきと契約

2016年の4月からスタートした電力自由化。エネチェンジ明さんは、この時期から新しい電力会社への切り替えを検討されていたそうです。

今まで電力会社を切り替えていなかったのに、転勤と引越しのタイミングで新しい電力会社との契約を決断した理由は?ちょっとお聞きしてみました。

  1. エネチェンジ

    電力自由化がはじまった2016年4月から、電力会社の切り替えを検討されていたそうですね。あれから2年ほど経過していますが、今まで実際に切り替えをしていなかった理由は何かあるのでしょうか?

  2. エネチェンジ明さん

    埼玉の実家に暮らしていた時から東京電力の電気料金は高いと感じていたので、価格の安い電力会社に切り替えたいと考えていたんです。そこでWeb広告を見てエネチェンジを知ったのですが、料金プランのシミュレーションをしても、切り替えないままの方が安いという結果になったので、埼玉の実家に住んでいる間はそのまま東京電力と契約していました。

「電力自由化」というと、電気料金が安くなるイメージがありますよね。しかし、電力自由化後でも、アンペア数の少ない方やオール電化の方向けにプランを出している電力会社の数があまり多くないこともあり、今の電力会社を使い続けている方がお得になる場合もあるんですよ!

実際に契約手続きを行う前に、どれくらい安くなるのか?今の電気料金とどこが異なるのか?という点は、きちんと確かめたいところですよね。

自分のライフスタイルを考えたうえで、色々な電力会社を見てみるといいかも!?

  1. エネチェンジ

    転勤をきっかけに新しい電力会社への契約を検討されたんですね。どうして、「Looopでんき」に決められたのですか?

  2. エネチェンジ明さん

    週末は埼玉の実家に戻るという生活をしているので、平日に大阪で働いているときは夜くらいしか家にいないんです。でんきを使っている時間は、それほど多くないんですよね。だから、基本料金が0円で、使った分だけ電気料金を払うプランである「Looopでんき」はとても魅力的でした。

  3. エネチェンジ

    なるほど!自分のライフスタイルに合わせて、電力会社を選ばれたんですね。
    一人暮らしだと、平日は家を空ける時間がどうしても長くなってしまうので、基本料金も少しもったいないな……と感じてしまうこともありそうです。その点、自分が使った分だけ電気料金を支払う「Looopでんき」は、エネチェンジ明さんのライフスタイルにピッタリですね!
    他の電力会社とは、比較検討されましたか?

  4. エネチェンジ明さん

    環境にもお財布にもやさしい「グリーナでんき」やブロバイダー事業を行っている「@niftyでんき」も候補として残りました。しかし、週末は埼玉の実家に戻るという自分のライフスタイルを考えると、やっぱり大阪の家は電気使用量も多くはないので「Looopでんき」がいいのかな、と思いました。

Looopでんきって?

Looopでんきは、エネチェンジから18,000世帯以上が申し込まれている電力会社です。多くの電気料金プランは「基本料金(固定費)」+「従量料金(使用した電気量の料金)」という設定がされていますが、Looopでんきは基本料金が0円なので、実際に電気を使った分だけ支払えばよいんです。

Looopでんき「おうちプラン」

エリア基本料金(月額)従量料金(1kWh)
北海道電力0円29円
東北電力26円
東京電力26円
中部電力26円
北陸電力21円
関西電力22円
中国電力24円
四国電力24円
九州電力23円

従量料金も1kWhあたりの単価が固定制なので、シンプルでとてもわかりやすいですよね。解約違約金もありません。

Looopでんきを供給する株式会社Looopは、太陽光発電システムの開発・販売・自社太陽光発電所の設置など、太陽光・風力・水力をメインとしたエネルギー企業。東日本大震災をきっかけに2011年に設立されました。

忙しい年末年始に引越し!Looopでんきへの契約はスムーズにできた?

年末年始の慌ただしい時期に、「Looopでんき」に切り替えたエネチェンジ明さん。年末年始に契約手続きをしてみてどうだった?当時の状況についてお聞きしました。

  1. エネチェンジ

    年末年始に、新しい電力会社との契約手続きを行ってみた感想を教えてください。

  2. エネチェンジ明さん

    はじめ、電力会社の契約手続きは、やり取りや書類が多いイメージがあったのでとても面倒くさそうだと思っていたんです。でも、実際にエネチェンジを使ってみたら、Web上での簡単な手続きだけで済んだので、非常に楽でしたね。

  3. エネチェンジ

    簡単に手続きができてよかったです!

  4. エネチェンジ明さん

    そうですね。自分が思っていたわずらわしさもなくて、助かりました。ただ、年末年始を挟んでいたため、少しギリギリになってしまったな、という反省はあります。もう少しゆとりをもって、半月くらい前から手続きに取り掛かっておけば、もっと余裕ができたかな、と思います。

でんきの引越し手続きは、現在お住まいの「でんきの廃止手続き」と、新しいお住まいの「でんきの開始手続き」を行う必要があります。手続きをしておかなければ、現在のお住まいの電気料金を請求されたり、新しい住まいの入居日当日にでんきがつかない可能性も考えられます。

引越し日が決まったタイミングで、でんきの引越し手続きを進めるようにしましょう。

引越しを機にLooopでんきに!自分のライフスタイルにあった電力会社に決めました

埼玉から大阪への転勤を機に引越しをし、ライフスタイルにあわせてLooopでんきとの契約を決めたエネチェンジ明さん。新しい電力会社との契約を検討されてから、わずか数時間で「Looopでんき」に決められたそうですよ!

「どこの電力会社がいいかわからない」と悩んでいる方は、エネチェンジ明さんのように、自分の生活を見直してみてから、電力会社を決めてもよいかもしれませんね。

引越し時のでんきの解約・契約は必須の手続き。エネチェンジなら厳選した電力会社をご紹介しているので、「見直し」も「手続き」も簡単に済ませることができますよ!

引越し時のでんきの手続きはこちら…

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。