1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京電力から東京ガスの電気に切り替えとアンペア数変更で、1ヶ月の電気代が約2000円安くなった!
 

東京電力から東京ガスの電気に切り替えとアンペア数変更で、1ヶ月の電気代が約2000円安くなった!

電力会社・電気料金プランの選び方

電力自由化で電気を選べるようになったけど、切り替え手続きって面倒じゃないの?停電が増えたりしないの?電気代はほんとに安くなるの?などなど、電力会社の切り替えに対して、不安なお気持ちの人も多いのではないでしょうか。今回は、東京電力から東京ガスの電気プランに切り替えたM.Fさんに、お話をうかがいました。

「今よりももっと、電気代が安くなればいいな」と思われている方、いらっしゃいませんか?今回は、東京電力から東京ガス電力会社を切り替え、東京ガスに切り替えた後に契約アンペア数を50アンペアから40アンペアに下げたことで、昨年と同じ月と比べ電気代が約2,000円安くなったという、M.Fさんにお話をうかがいました。

東京電力から東京ガスへ。どんな風に変わりましたか?

東京都に住むM.Fさんは50代の男性。4人家族です。2016年8月に東京ガスの電気料金プランを申し込みました。東京ガスの電気が開通した後、それまでよりも低いアンペアでの契約に変更したそうです。

どんなライフスタイルなのかを教えてください

住んでいる場所
東京都
世帯人数
4人
家族構成
夫・妻・子ども2人
部屋の広さ
2LDK

電力会社を変える前・変えた後

電気代の節約に成功したというM.Fさんですが、電力会社を変更する前で、どのような変化があったのでしょうか。

これまで使っていた電力会社
東京電力
新しく選んだ電力会社
東京ガス
契約アンペア(東京電力)
50アンペア
契約アンペア(東京ガス)
40アンペア
契約プラン
ずっとも電気1
2016年3月の電気代(東京電力)
約15,000円
2017年3月の電気代(東京ガス)
約13,000円

現在住んでいる家を購入したときから50アンペアになっており、そのまま使っていたそうですが、「4人家族が契約しているアンペア数は50アンペアよりも低い場合が多いようだ」ということに気づき、アンペア数を下げようと思ったそうです。「アンペア数を下げましたが、ブレーカーが落ちることもなく快適に使えています」と教えてくれました。

M.Fさんのお宅の電気代の節約は、電力会社の切り替えとアンペア数の変更の合わせ技だったのですね。

電力の切り替えを考えた時期とタイミング

電力自由化前から電力会社の切り替えに興味をもたれていたM.fさんは、電力自由化から少したった2016年6月に本格的に切り替えることを検討しはじめます。その後2016年8月に東京ガスへ申し込みを行い、最初の請求書が届いたのは2016年9月でした。

  1. ene_staff
    エネチェンジ

    実際に電力会社を選ぶにあたり、どのような点を重視されましたか?

  2. M.Fさん

    私は2つのポイントに絞って電力会社を選びました。

    • 電気代の安さ
    • ガスや携帯などのセット割があること

    その結果、東京ガスソフトバンクでんきが候補にあがりました。

  1. ene_staff
    エネチェンジ

    その2つの中から、東京ガスを選択した理由を教えてください。

  2. M.Fさん

    ソフトバンクの携帯とヤフーBBを利用しているので、ソフトバンクでんきが候補にあがったんです。しかし、シミュレーションの結果、東京ガスのガスと電気のセットで安くなる「ガス・電気セット割」のほうが料金が安かったため、東京ガスを選択しました。

エネチェンジの切り替え手続きについて

M.Fさんはエネチェンジを利用して切り替え先の電力会社を選択しました。「エネチェンジプラン診断は、細かい情報が簡単にチェックでき、比較もしやすいので役に立ちました」と話してくれました。

電力会社を変更することに、不安を感じましたか?

M.Fさんは電力会社を切り替えるにあたり、「最初はたくさんの電力会社やプランがあり、どれを選べば良いのかわからないな」と感じたものの、エネチェンジのシミュレーション結果である程度判断できたので、その後特に大きな不安は感じなかったそうです。
また、東京ガスは大手の企業であるため、安心感を持って使うことができ、満足していると教えてくれました。

東京ガスへの切り替えについて、もうちょっと聞いてみました

  1. ene_staff
    エネチェンジ

    M.Fさんは、電力会社を切り替えたことで節約の意識が高まったそうですね。

  2. M.Fさん

    そうなんです。電気の節約だけに限らず、例えば、外食する際にはお得なクーポンを使ったり、ネットなどで安くておいしいお店を探しています。また、家の中での節約でいえば、照明をLEDに替えました。

  1. ene_staff
    エネチェンジ

    「節電できるタイプの照明に変える」というのも大事なことですよね。
    さらに電力会社の切り替えで、月に約2,000円の電気代節約できています。月によっては多少変動するかもしれませんが、このままいくと年間で約2万円。この節約分は、家計の中でどう回していこうと考えていらっしゃいますか?

  2. M.Fさん

    住宅ローンの繰り上げ返済に回そうと思っています。電力会社を切り替えたことで浮いた月約2,000円の光熱費で住宅ローンの繰り上げ返済ができれば、後々楽になりますよね。

生活全体で言うと、お子さんを叱ることも減ったというM.Fさん。「生活の中にゆとりが感じられるようになったからかもしれません」と話してくれましたが、家庭の雰囲気もより落ち着いたものに変わっているようです。
今後もガスの自由化が進んできたところで、様子を見ながらガス会社や電力会社の更なる切り替えも検討していきたいそうですよ。

東京ガスの電気に切り替えたことで、月約2,000円の電気代削減!

M.Fさんの家庭では、東京電力から東京ガス電力会社切り替えを行い、契約しているアンペア数を50アンペアから40アンペアへ変更したところ、電気代が1ヶ月約2,000円も安くなりました。

電力会社を切り替えたことで、節約や節電にも意識が向くようになり、節約できたお金は、住宅ローンの繰り上げ返済に回そうと考えているとのこと。今後、電気のほかにガスも様子を見ながら切り替えを検討し、さらに家計のダイエットをしていこうと考えているそうですよ。M.Fさんのお宅の家計が、ダイエットの効果でどのように美しく変身していくのかが楽しみですね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数