エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

Looopでんきと東京ガスの電気を徹底比較!どちらのほうが安い?

Looopでんきと東京ガスの電気を徹底比較!どちらのほうが安い?

本記事ではLooopでんきと東京ガス、2社の電気料金プランを徹底比較し、料金設定や特徴の違いについて紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均32,588円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2024年1月1日~2024年3月31日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2024年6月17日

Looopでんきと東京ガスの電気の料金算定を比較

ここでは、Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」と東京ガスの電気「基本プラン」の料金算定方法を比較します。

Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」の電力量料金に含まれる電源料金は、日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格と連動しています。30分ごとに変動するため、市場価格によって電気料金が大きく変動する可能性があります。なお、Looopでんきでは電気料金の内訳に燃料費調整額は含まれていません。

一方、東京ガスの電気の算定方法は、旧一般電気事業者と同じく、燃料費調整額を含む算定方法を採用しています。東京ガスの電気の燃料費調整額は1カ月ごとに変動し、上限が設定されていません。

Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」の料金算定方法
東京ガスの電気「基本プラン」の料金算定方法
  • 基本料金(最低料金)+電力量料金±燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金

Looopでんきと東京ガスの電気の料金表を比較

Looopでんきと東京ガスの電気の料金表を比較してみましょう。

Looopでんき「スマートタイムONE」と東京ガスの電気「基本プラン」を比較

Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」
東京電力エリア基本料金東京電力エリア電力量料金
Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」基本料金(消費税率10%)Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」電源料金(エリア損失率)Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」固定従量料金単価(消費税率10%)
0円00銭6.9% 14円87銭

Looopでんき「スマートタイムONE(電灯)」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は0円に設定されています。電力量料金は電源料金と固定従量料金によって構成されており、このうち電源料金が日本卸電力取引所(JEPX)の市場価格に連動し、30分ごとに変動します。
電源料金は(JEPXエリアプライス/(1-エリア損失率)×1.1(消費税))×使用量で算出。固定従量料金は固定従量料金単価×使用量で算出。

東京ガスの電気「基本プラン」の料金表
区分単位東京ガス「基本プラン」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約295円24銭
15A442円86銭
20A590円48銭
30A885円72銭
40A1180円96銭
50A1476円20銭
60A1771円44銭
電力量料金~120kWh1kWh29円90銭
121kWh〜300kWh35円41銭
301kWh〜37円48銭

東京ガスの電気「基本プラン」は、一般家庭向けの電気料金プランです。基本料金は契約アンペア数によって異なり、電力量料金は3段階に設定されています。

お得な電気料金プランを「エネチェンジ電力比較」で探してみよう!

電気代をしっかり節約したい方は、Looopでんきや東京ガスの電気以外の電力会社も比較しましょう。
お住まいのエリアや毎月の電気使用量などによって、お得な電気料金プランは異なります。今の生活スタイルに合わせてプランを選んで電力会社を切り替えれば、電気料金を安くすることが可能です。

「エネチェンジ電力比較」では、郵便番号などを入力するだけで、ご家庭のライフスタイルにぴったりな電力会社のプランを比較できます。ぜひ試してみてくださいね。

Looopでんきと東京ガスの電気のメリットを比較

Looopでんきの「スマートタイムONE(電灯)」は市場連動型プランなので、料金単価が安くなる時間帯に電気の使用をシフトできる人におすすめです。また、都市ガスとのセット契約で電力量料金単価が割引されるのもメリットといえます。

東京ガスの電気も同様に、東京ガスの都市ガスとのセット割を利用できるのがメリット。そのほかパッチョポイントが貯まることや、実質的にCO2排出量ゼロの電気が利用できるプランがあるのも特徴です。

電力会社を比較する時には、料金体系だけではなく、特典の内容などについてもしっかり比較するのがおすすめです。それぞれの電力会社の特徴については、次のページでも詳しく紹介しています。

 

Looopでんきと東京ガスの電気はそれぞれメリットが異なる

Looopでんきと東京ガスの電気の電気料金プランを比較すると、料金体系だけではなく、割引やポイント還元など、それぞれ異なるメリットがあることがわかります。

電気代だけでなく、こうしたメリットも合わせて比較し、より自身のライフスタイルに合った電力会社を選んでくださいね。

切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

X (旧twitter) Facebook