【東京電力エリア】電力会社切り替えのポイントは?日数はどれくらいかかる?

【東京電力エリア】電力会社切り替えのポイントは?日数はどれくらいかかる?
電力会社・電気料金プランの選び方

東京電力エリアでの電力会社の切り替えについて解説。東京電力EPから新電力に切り替える方法、新電力から東京電力EPに切り替える(戻す)方法をそれぞれ解説します。「日数はどれくらいかかる?」「電力会社を切り替えるメリットは?」といった疑問も解決できますよ。

本記事では東京電力エリアでの電力会社の切り替えについて、切り替えのパターン別の手続きの流れや、切り替えに関する注意点などをご紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均32,335円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年10月1日〜2022年12月10日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2022年12月16日

東京電力エリアで電力会社を切り替えるメリット・デメリット

大きなメリットは、東京電力エリアに対応している電力会社は数多く、そのなかからあなたのライフスタイルに合った電気料金プランを選べるため、電気代の節約に繋げられることです。キャンペーンを実施して電力会社もあるので、キャンペーン特典も含めれば、初年度の電気代をさらに節約することでもできるでしょう。

キャンペーンとは関係なく、電気料金プラン自体に特典が付いている場合も。例えば電気代の支払いに応じて各種のポイント還元がある、指定のサービスステーションでの給油でガソリン代が割引されるなど。そのほか、実質的に再生可能エネルギー100%・CO2排出量ゼロの電気が利用できるプランなどもありますよ。

いっぽうデメリットは、ライフスタイルに合っていない電力会社・電気料金プランを選んでしまうと、かえって電気代が高くなってしまう可能性があることです。加えて、電気料金プランによっては契約期間の決まりがあったり、解約時に解約金・違約金などが発生したりすることもあるので、切り替える際はこうした点にも注意しておきましょう。

お得なキャンペーンで電気を切り替える

東京電力EPから新電力への切り替え

ここでは、現住所のままで東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)から新電力に切り替える方法についてご紹介します。なお、引越しを伴う電力会社の切り替えは手続き内容が異なるので、詳しくは現在契約している電力会社のホームページをご確認ください。

東京電力EPから新電力へ切り替える前に準備すること

電力会社の切り替えには、一般的には次のものが必要になります。

  • 供給地点特定番号
  • 契約者番号(お客さま番号)
  • 契約者名義
  • 切り替え希望日

「切り替え希望日」以外の情報は、毎月の検針票や契約者向けのマイページから確認することができます。また、切り替え先の電力会社の支払い方法に、口座振替またはクレジットカードを利用する予定なら、それらに関する情報もまとめておきましょう。

東京電力EPから新電力への切り替え方法

東京電力EPから新電力に切り替える際は、次のような手順になります。

東京電力EPから新しい電力会社への切り替え手順
  1. 東京電力EPとの契約内容を確認する
  2. 乗り換え先の電力会社を比較検討する
  3. 新しい電力会社と契約する

東京電力EPの解約手続きは、新しく契約する電力会社が行なうため、ご自身での手続きは必要ありません。申し込みから切り替えまでの期間は、おおよそ1~2カ月程度を見込んでおくとよいでしょう。一般的には、新しい電力会社での手続き完了後の、最初の検針日に電力会社が切り替わります。

乗り換え先の電力会社を決めかねている人は、ぜひエネチェンジ電力比較をご利用ください。

新電力から東京電力EPへの切り替え

新電力から東京電力EPに切り替える場合も、新電力への切り替え時の内容と大きな違いはありません。新電力から東京電力EPへ切り替るときには、新電力の解約手続きは東京電力EPが行なうため、ご自身で手続きを行なう必要もありません

ただし、電力会社によっては契約期間の決まりがあったり、解約金が発生したりするケースがあります。切替えの際は解約金が発生するかどうか、また解約金が発生するならいくらかかるのか、事前に約款や重要事項説明書などを確認しておきましょう。

東京電力EPに戻したい場合は?

東京電力EPから新電力に切り替えた後、また新電力から東京電力EPに戻したい場合でも、手続きに大きな違いはありません。東京電力EPも数ある電力会社のひとつなので、新電力に切り替えた際と同じ手続きを行うだけです。

東京電力エリアで電力会社を切り替える際の注意点

ここでは、東京電力エリアで電力会社を切り替える際、注意すべき点をご紹介します。

切り替えに要する日数を確認する

電力会社の切り替えにかかる日数は、タイミングや会社によって異なります。半月~2カ月ほどかかると案内している電力会社が少なくありません。

念のため、いつから電力会社が切り替わるのか、前もって確認しておきましょう。電力会社によっては契約の成立後、電力会社が切り替わる日付を通知してくれる場合もあります。

供給エリアを確認する

希望する新電力の供給エリアが、東京電力エリアに対応しているかどうか、確認しておきましょう。電力会社によっては東京電力エリアに対応していないこともあり、その場合は申し込むことができません。

東京電力エリアで電気を切り替えるなら、電力会社を比較しましょう

東京電力エリアでの電気の切り替えは、多くの電力会社のなかから自分に合った電力会社・電気料金プランを見つけることが大切です。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」は郵便番号などを入力するだけで、節約につながる電力会社・電気料金プランを見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社もあるので、ぜひ一度試してみてくださいね。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。