エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 【水道】使用停止・開始で立ち会いは必要?東京都水道局の引越し手続きまとめ
 

【水道】使用停止・開始で立ち会いは必要?東京都水道局の引越し手続きまとめ

引越し

引越しの際には水道の手続きは必須です。停止や開栓で立ち会いは必要なのか、どのタイミングでどこへ連絡すればよいのかなど、気になることも多いですよね。この記事では、東京都水道局と契約している方に向けて、引越しにともなう水道の手続きを紹介していきます。

就職、転職、転勤など、これからはじまる新生活に向けての引越しを考えたとき、さまざまな手続きを行わなければなりません。「水道」も、引越しの際に行わなければならない手続きのひとつです。いつまでに手続きをしなければならないの?水道の使用開始・停止で立ち合いは必要なの?注意点はあるの?など、さまざまな疑問がありますよね。

今回は東京都水道局と契約している方に向けて、引越し手続きを紹介していきます。これから引越しの予定がある方は、事前によく確認してみてくださいね。

退出時の基本的な流れ

まずは、現在の住まいから退出する際に行わなければならない、水道の引越し手続きを見ていきます。

まずは、東京水道局へ連絡をしよう

引越し日が決まったら、まずは東京都水道局に連絡をし、水道の使用停止を申し込みをします。水道の使用停止の申し込みは、引越しの1週間前、遅くとも2~3日前までには行っておきましょう。

以下、3つの方法で、申し込むことができます。

東京都水道局への連絡方法
  • 電話(お客さまセンター)
  • FAX(お客さまセンター)
  • 東京都水道局ホームページ

参照:手続きガイド|手続き・料金|東京都水道局

連絡の際には、下記の情報が必要になります。

東京都水道局の利用停止時に必要な情報
  1. 現住所
  2. 契約者の氏名
  3. お客さま番号
  4. 引越しの日時
  5. 引越し先
  6. 支払方法

お客さま番号などは、分からない方も多いですよね。手元に検針票や領収書を用意して手続きを進めると、スムーズに進めることができるでしょう。

使用停止の際、立ち合いは必要なの?

基本的には立ち会いは必要ありません

ただし、以下の場合は、閉栓の際に立ち合いが必要になります。

閉栓の際に立ち合いが必要になる場合
  • オートロックの建物の場合
  • 閉栓の際に、水道料金を精算する場合

最後の検針日から引越し当日までの使用量は、日割りで計算されることがよくあります。水道料金を精算する場合は、引越し当日に水道局の係員がメーターを確認し、料金の精算を行います。

入居時の基本的な流れ

新しい住まいで水道を使うためには、引越し先の水道局(課)にも連絡をする必要があります。

以下の2つのパターンについて、入居時の基本的な流れをみていきましょう。

  1. 引越し先の新居でも、東京都水道局を利用する場合
  2. 引越し先の新居では、東京都水道局以外の水道局(課)と契約する場合

引越し先の新居でも、東京都水道局を利用する場合

引越し先の新居でも東京都水道局を利用する場合、退去の連絡の際に合わせて伝えることができます。引越し日が確定している場合は、まとめて対応したほうが手間が省けます。

ただし、以下の場合は、入居時に東京都水道局へ連絡を入れる必要があります。

入居時に東京都水道局へ連絡が必要となる場合
  • 新居への入居日が未定のため伝えられない(なかった)場合
  • 引越し先での水道の使用開始日が当初伝えた日とずれてしまった場合

連絡方法は閉栓の場合と同じく、電話やFAX、東京都水道局のホームページから行うことができます。

参照:お届けください|手続き・料金|東京都水道局

注意点

東京都内でも、武蔵野市、昭島市、羽村市、檜原村は市村が独自で水道事業を行っています。これらの市村に引越す場合、東京都水道局では手続きできず、各市村の水道課に連絡しなければならないので、注意しましょう。

引越し先の新居では、東京都水道局以外の水道局(課)と契約する場合

引越し先の新居では東京都水道局以外の水道局(課)と新たに契約する場合、その水道局(課)に連絡をしましょう。

注意点

電力会社と違って、水道局(課)は自治体ごとに存在します。事前に引越し先の水道局(課)を調べておくようにしましょう。たいていの水道局(課)は電話で連絡をすることができますし、不動産屋や仲介業者に水道局(課)の電話番号を教えてもらえるはずです。

また、自治体のホームページにも連絡先が掲載されている場合がほとんど。水道局(課)のホームページがある自治体であれば、「○○市 水道」と検索すると調べることができるでしょう。

引越し後の基本的な流れ

引越しをしたら、開栓し、蛇口をひねって水が出るかどうかの確認をしましょう。水道の使用開始時は、係員の立ち合いは必要ありません。

きちんと水の出ることを確認したら、水道使用の開始申込の手続きを、なるべく早くに済ませてしまいましょう。電話やFAX、インターネットから申し込みをすることができます。事前に確認をしておき、自分に合った方法で行うようにしましょう。
参照:お届けください|手続き・料金|東京都水道局

東京電力エナジーパートナーの引越れんらく帳とは?

ネットで手続きできる時代か……
東京電力エナジーパートナー(以下、「東京電力EP」)の引越れんらく帳(※外部サイトへ移動)は、東京電力EPが運営しているホームページ上で、氏名や住所、電話番号などの情報を、引越しの際に複数の事業者にまとめて連絡してくれるサービスです。

利用するには「マイれんらく帳」の作成が必要で、氏名、現住所、引越し先の住所等を入力する必要があります。これを作成しておけば、引越しする際に電気、ガス、水道、NHK等それぞれの事業者に連絡する手間が省けます

東京都水道局はこのサービスに対応していますし、引越し先の水道局(課)も対応していれば、一括して連絡することができますよ。

注意点

引越し先の水道局(課)が引越れんらく帳に対応しているかを確認しましょう。電力会社であればすべて対応しているのですが、水道やガスは対応していないところも多いので注意が必要です。その場合は自分で連絡する必要があります

東京都水道局と契約している人の引越し手続きまとめ

水道の停止・開始での立ち会いについてなど、東京都水道局と契約している人の引越し手続きをまとめました。

引越し時の東京都水道局への手続き、基本的な流れ
  1. 東京都水道局に連絡
  2. 引越し先の水道局(課)に連絡

引越し前後は、水道だけではなく、でんきやガスも含めて様々な手続きを行わなければなりません。実際に引越しをする日が決まったら、余裕をもって手続きを進めていきたいですね。水道の引越し手続きは、1週間をめどに行っておくことをおすすめします。

東京電力EPの引越れんらく帳などもうまく活用して、スムーズに引越し手続きを行いましょう。

引越し時の電気の手続きも、忘れずに!

エネチェンジの引越し先での電気の手続きでは、引越しの日までにインターネット上でお申し込みの手続きが間に合う電力会社の中から、ぴったりの電気料金プランを診断し、そのままお申し込みの手続きができます。

引越し先での契約手続き、使用開始手続きが同時にできるので、忙しい引越し準備の負担を軽減できますよ!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。