エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 4Kテレビなど消費電力400Wの家電の電気代を計算してみよう
 

4Kテレビなど消費電力400Wの家電の電気代を計算してみよう

でんきの基本

消費電力が400Wの家電の電気代といわれても、ピンときませんよね。400Wの家電というと、ハロゲンヒーターや4Kテレビなどですが……電気代がいくらかかっているかご存知ですか?

家電のカタログや説明書に、「消費電力400W」のように消費電力が書かれているのをご存知ですか?
家電には、必ず消費電力があり、そこから電気代を計算することができます。しかし、消費電力を一目見ても、どのくらいの電気代になるか分かりませんよね。そこで今回、消費電力400Wの電気代を実際に計算し、ご紹介します。400Wの家電にはどのようなものがあるか、どのくらいの電気代になるかが分かり、節約に役立つ内容となっています。

消費電力400Wの電気代を計算!!

身近な家電をイメージしながら、電気代を計算してみましょう!利用シーンと電気代をイメージできるようになると、節約上手にも一歩近づきますよ!

400Wの電化製品ってどんなものがある??

まずは400Wの家電に、どのようなものがあるか確認しましょう。製品によって消費電力は異なりますが、大まかな目安として、消費電力400Wの家電には、このようなものがあります。

  • 電気ストーブ(弱モード)
  • ハロゲンヒーター(弱モード)
  • 大型4Kテレビ(定格消費電力)

このように、暖房器具の弱モードや、最近台頭してきている大型4Kテレビが約400Wになります。ただし、大型4Kテレビの場合、定格消費電力が400Wです。これはつまり、最大で電力を使った時で400Wということです。後ほど詳しく説明します。
それでは、実際に電気代を計算していきます。

電気ストーブを弱モード(400W)で1時間使った場合

電気ストーブって、スイッチをつけるとすぐに暖まり、便利ですよね。さて、電気代は1時間でどのくらいなのでしょうか?

heater-3
意外と安い?電気ストーブの電気代
電気代は27円/kWh (平成26年4月公益社団法人 全国家庭電気製品公正取引協議会 新電力料金目安単価(税込))とし、電気ストーブ(弱モード)の消費電力を400Wとします。このとき、

  • 400(W)÷1000(k)×1(時間)×27(円)=10.8円

となります。つまり、電気ストーブ(弱モード)を1時間使った時の電気代は10.8円になることが分かりました。

1時間で約10円ということは、1日1時間で1カ月使うと約300円、1年でも3,600円です。1日1時間なら、意外と安いかも?

ハロゲンヒーターを弱モード(400W)で1日6時間で、1か月、1年間の電気代は?

さて、次はハロゲンヒーターです。

heater-2
ハロゲンヒーターの電気代
ハロゲンヒーターと聞くと、私は扇風機型のものを考えてしまいますが、写真のようなものもハロゲンヒーターと呼ぶようです。ハロゲンヒーターを知った時は暖かい扇風機で感動した記憶が今でも残っています。さて、それでは電気代を計算しましょう。

電気ストーブ(弱モード)の消費電力を400Wとします。1日6時間使った場合の電気代は、先ほどの計算結果から、1時間で10.8円なので、1カ月(30日)の電気代は、

  • 10.8(円)× 6 × 30(日)=1,944円

となります。1年だとどのくらいかかるのでしょうか?ハロゲンヒーターは暖房機器なので、使用するのは11月~翌3月の5カ月間(約150日)なので……

  • 10.8(円) × 6 × 150(日)=9,720円

まとめるとこのようになります。

ハロゲンヒーターを弱モード(400W)で1日6時間使うとしたとき

1か月の電気代
1,944円
1年間の電気代(使用期間は150日)
9,720円

年間で考えると、1万円近くになります。やはり年間で考えると割高に感じられますね。逆に、日ごろから節約すると、年間では大きく節約できそうですね。例えば、使用時間を1日当たり1時間減らすだけで、年間で約1,500円電気代を節約することができます。

大型4Kテレビの1年間の電気代は?

テレビの1年間の電気代を計算する場合、注意点があります。テレビでは、1年間の消費電力を400Wから電気代を計算できません。テレビの消費電力400Wとは、正確に言うと「定格消費電力が400W」です。つまり、「最も電力を消費したときで、電力は400W」という意味で、カタログには書かれています。
テレビの場合、年間消費電力量(kWh/年)を使って計算します。これは、省エネ法に基づき、一般家庭での平均視聴時間を基準に算出した、1年間に使用する電力量です。ちなみに、一般家庭のテレビの平均視聴時間は、4.5時間になります。(シャープのカタログより)
例えば、シャープの70V型4Kテレビでは、消費電力は約390Wですが、年間消費電力量は、243(kWh/年)となります。

s_imasia_13061214_M
それでは計算していきましょう。1年間の消費電力量は、243kWhなので、

  • 243(kWh)×27(円)=6,561円

となります。計算の結果、大型4Kテレビの電気代は年間約6,561円になります。やはり大型というだけあって、電気代も高くなってしまいますね。 

節約術にはどんなものがある?

さて、ここまで消費電力400Wのものを紹介してきました。やはり年間で見ると、電気代高めのものが多いですね。それでは次に、電気代を安くする方法としてどのようなものがあるか、みてみましょう。

暖房器具の節約術

暖房器具といえば、今回紹介したストーブの他に、エアコンやヒーターなどがありますね。暖房器具の電気代を減らすには、使い分けが一番です。まず、暖房器具ごとに、1時間あたりの電気代を比較してみましょう。

家電1時間あたりの電気代1カ月の電気代
ハロゲンヒーター
(木造4.5畳/コンクリート7畳向け)
強27円/中18円/弱8.9円2,138円〜6,480円
カーボンヒーター強24.3円/弱12.1円2,916円〜5,832円
オイルヒーター10畳:18.2円/8畳:12.7円/6畳:8.8円3,048円~4,368円
エアコン暖房
(8〜10畳向け)
2.8円〜39.9円672円~9,576円
電気カーペット2畳用
高:約9.0円/中:約6.2円

3畳用
高:約12.7円/中:約9.0円
1,488円~3,048円
こたつ
(幅105×奥行75×高さ36/41cm)
強:約4.3円/弱:2.2円528円~1,032円

エアコンは、最少消費電力から最大消費電力までの開きが大きく、幅のある電気代になります。エアコンは、部屋を暖めるまでに多く電力を消費します。1時間当たりの電気代を比較しただけでは、どれを選べばいいのか分かりにくいですね……

つまり、暖房器具は用途に応じて使い分ける必要があります。暖房器具は、エアコン・ファンヒーター・オイルヒーターのように、空間全体を長時間暖めるのが得意なものと、電気ストーブ・カーボンヒーターのように、狭い場所を短時間で暖めるものなど、場所によって向き・不向きがあるんですよ。細かく分けるとこのようになります。

目的最適な暖房器具
広い空間全体を暖めたい場合エアコン
狭い場所だけれど空間全体を暖めたい場合オイルヒーター
暖めたいスポットがほぼ決まっている場合電気カーペット
短時間だけ使う場合ハロゲンヒーター
カーボンヒーター
メイン暖房をつけるまでもないけれど手足が寒い、
メイン暖房の設定温度を下げて節約したい場合
こたつ

暖房器具の電気代を節約するには、場所ごとに適切な暖房器具を選ぶことが大切なんですよ!

テレビの節約術

テレビ
最近のテレビには、「省電力モード」があります。例えば、シャープでは「セーブモード」というのが、2015年12月のカタログ記載の商品全てにあります。ボタンを押すと、消費電力を抑えた映像に切り替えることができます。画質を気にしない時に使ってみると、節約になります。音量を小さめにする、こまめに消す……といった細かなことでも消費電力を抑えることができますよ。日々心掛けてみてはいかがでしょうか。

400Wの電気代まとめ

それでは最後に、今まで計算してきた400Wの家電の電気代をまとめて見てみましょう。

電気ストーブ(弱モード)を1時間使った場合
電気代は約11円。
ハロゲンヒーター(弱モード)を1日6時間、1か月使った場合
電気代は約1,944円。
ハロゲンヒーター(弱モード)を1日6時間、年間の電気代(使用期間5か月)
約9,720円。
大型4Kテレビの年間電気代
約6,500円

400Wの電気代は、長時間使うと、かなり高くなってしまいます。ちょっとした節約方法もご紹介しましたので、これらも駆使しつつ、400Wの家電の電気代を抑えられるようにしましょう!!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。