1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン、ヒーターとストーブの電気代比較、一番安い暖房は?
 

エアコン、ヒーターとストーブの電気代比較、一番安い暖房は?

heater
電気代の節約、節電テクニック

電気代の一番安い暖房器具は?冬の暖房にエアコンとヒーター、ストーブのどれを使えばよいのか、判断に困りますよね。暖房器具それぞれの特徴を比較することで、どんな状況でなにを使えばいいのか、ご説明します。また一時間あたりの電気代も試算しました。

冬のエアコン・ストーブ・ヒーター、電気代はどれが一番お得になるのでしょうか?

エアコンとヒーター・ストーブそれぞれの特徴と、「エアコン」「電気ストーブ」「セラミックファンヒーター」「オイルヒーター」の電気代の違いを詳しくご説明します。

更新日
2016年11月1日
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

エアコンとヒーター・ストーブそれぞれの特徴って?

pixta_14029465_M
冬の暖房器具のうち、電気を熱源として部屋を暖めるものとして、エアコン・ファンヒーター・電気ストーブ・オイルヒーターなどがありますが、みなさんはそれぞれの違いがわかりますか?まずは、それぞれにどんな特徴があるのかを見ていきましょう。

エアコン・ファンヒーター・電気ストーブ・オイルヒーターそれぞれの特徴は何?

エアコン・ファンヒーター・電気ストーブ・オイルヒーターそれぞれの特徴は以下のようになります。

エアコン・ファンヒーターの特徴
空間全体を温風の循環で暖めます。エアコンはリビングなどの広い空間全体を暖めたい場合に、ファンヒーターは狭い部屋でも室内全体を暖めたい場合に向いています。
電気ストーブの特徴
本体から発する熱エネルギー(赤外線・遠赤外線)で、主に前面の物体を輻射熱(空気などの気体を介さず直接電磁波で伝える熱)で温めます。反面、空気そのものを温める力は弱いです。即暖性がありスイッチをいれてすぐに効果を感じられるので、暖めたいスポットがほぼ決まっている場合や、エアコンで部屋が暖まるまでの間など短時間のみ使用する場合に向いています。
オイルヒーターの特徴
本体の放熱によって起きる、空気の自然対流で暖めます。強い温風を吹き出さないので乾燥を避ける事ができますが、本体内のオイルが過熱され、全体が温まるには時間がかかります。ピンポイントではなく、その空間全体を長時間暖めたい場合に向いています。

どうやって使い分ければいいの?

電気を熱源とする暖房器具には、エアコン・ファンヒーター・オイルヒーターのように、空間全体を長時間暖める場合に向いているものと、電気ストーブのように、人がいる場所をピンポイントで短時間暖める場合に向いているものがあります。

そこで、その特徴を踏まえて使い分けていきましょう。

広い空間全体を暖めたい場合
エアコン
狭い場所だけれど空間全体を暖めたい場合
ファンヒーター・オイルヒーター
暖めたいスポットがほぼ決まっているか、短時間だけ使う場合
電気ストーブ

このように、まずは空間全体を長時間暖めたいのか、人がいる場所をピンポイントで暖めたいのか、空間全体を暖める場合は広い空間なのか狭い空間なのか、といったように、暖め方と暖めたい場所の広さにより適切な暖房器具を使い分けましょう

エアコンとヒーター・ストーブ電気代がいちばんお得なのは?

electricity-cost-saving
次に、暖房器具それぞれの電気代の違いを見ていきましょう。一番電気代が安いのはどれでしょうか?

電気代が一番安い暖房器具はどれ?

「エアコン」「電気ストーブ」「セラミックファンヒーター」「オイルヒーター」をそれぞれ1時間ずつ使用した際の電気代を以下に比べました。1kWhあたりの電力量料金を27円として計算しています。

暖房器具1時間あたりの電気代
エアコン暖房2.8円〜53.5円消費電力を105Wh~1980Whとして計算
電気ストーブ24.3円消費電力を900Whとして計算。
セラミックファンヒーター強27円/ 弱13.5円消費電力を強1000Wh/弱500Whとして計算。
オイルヒーター強32.4円/中18.9円/弱13.5円消費電力を強1200Wh/中700Wh/弱500Whとして計算。

使用する場所によって電気代が高額になるものが変わってくる

上記に計算した暖房器具それぞれの1時間あたりの電気代を見ると、エアコンやセラミックファンヒーターは最少消費電力から最大消費電力までの開きが大きく、最大消費電力で運転する時間が長くなるとその分電気代が高額になることがわかります。

つまり、広い部屋を暖めようとしてセラミックファンヒーターを強風設定で長時間使用した場合、電気代は高額になってしまいます。

それぞれを適切な場所で使うことで電気代は節約できる

そこで、上記でご説明したように、それぞれの暖房器具を用途に合わせて(ピンポイントで暖めたいのか、空間全体を暖めたいのか)使用することで、無駄な電気代をかけることなく節約できます。

また、セラミックファンヒーターなどは、温風や消費電力を調節できるタイプのものを選ぶと、寒さに合わせて無駄なく使い分けることができ、さらに電気代を節約できます。

それぞれの特徴と適切な場所を知り、目的に合わせて使い分けましょう

冬の暖房器具選びは、まずはそれぞれの暖房器具の特徴と適切な場所を知ることが大切です。そのうえで、空間全体を長時間暖めたいのか、人がいる場所をピンポイントで暖めたいのか、という目的と、暖める部屋の広さを踏まえ、適切な暖房器具を選ぶことで電気代を無駄なく節約できます。

電気料金プランの見直しで、暖房代だけでなく年間18,000円もの電気代節約効果が!

plan-saving-32

最大パワーで使うと大量の電気を消費する暖房器具は、冷え込む夜の時間帯に運転することが多いですよね。実は、一番電気を使う時間帯を考慮して電気料金の契約プランを見直すことで、電気代を大きく節約することができるんです。自分に合った電力会社のプランに変えるだけで、年間で平均18,000円もの電気代が節約できるんですよ。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない