エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. サーキュレーターとエアコンを併用するとどれだけ電気代が節約できるの?HEMSで測って検証してみました
 

サーキュレーターとエアコンを併用するとどれだけ電気代が節約できるの?HEMSで測って検証してみました

電気代の節約、節電テクニック

エアコンを使うときにサーキュレーターを併用すると、電気代の節約が可能です。では、実際にはどのくらい電気代を節約することができるのでしょうか?家庭の電力量が測定できるHEMSを利用して、サーキュレーター併用時の節約額がいくらになるのか、調べてみました。

エアコンを使う際、サーキュレーターを併用することで電気代が節約できると言われています。実際にサーキュレーターを併用すると、どのくらい電気代が節約できるのでしょうか?

家庭の電力量が測定できるHEMSを使い、サーキュレーター併用時の節約額がどのくらいになるのか調べてみました。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

サーキュレーターはエアコンの働きを助け、電気代の節約ができる

エアコンをつけているときにサーキュレーターを併用することで室内の空気を循環させることができ、電気代の節約につながるとされています。

サーキュレーターを使うことで電気代が節約できるとされている理由
  • 暖かい空気は上部にたまり、冷たい空気は足元にたまるため、サーキュレーターで室内の空気を循環させることで温度ムラがなくなる。同じ設定温度でもより暖かさ、涼しさを感じることができるようになるため、設定温度の上げすぎ、下げすぎを防ぐことができる。
  • 温度ムラがなくなり、より暖かさ、涼しさが感じられるようになるため、サーキュレーターを使っていない時よりも暖房時は設定温度を下げることができ、冷房時は設定温度を上げることができる場合が多くなる。

でも、2つの機器を使って電気代は本当に節約できるのでしょうか?

そこで、家庭で使っている電力量を測り、モニターで簡単に確認することができるHEMSを利用して、サーキュレーターを併用することで実際にどのくらい電気代が節約できるのか調べてみました。

エアコンはサーキュレーターを併用することでどのくらい電気代が節約できるのか

エアコンのみで運転した場合と、エアコンとサーキュレーターを併用した場合、実際に電気代はどのくらいお得になるのでしょうか?

外気温の大差がない2日間、HEMSを使いそれぞれの場合の電気代の違いを調べてみました。

HEMSを使ってエアコンの電気代の違いを検証

今回は、ぴぴパッ!HEMSを使ってエアコンの電気代の違いを調べました。

2月の気温に大差がなく、エアコン暖房をつけていた2日間、どちらも朝5時からタイマーでエアコンを暖房運転し、夕方5時までの電力消費量をそれぞれ調べました。

1日目:エアコンのみで運転した場合

air conditioner only

2日目:エアコンとサーキュレーターを併用し運転した場合

air conditioner with circulator

1日目、2日目ともにエアコンのタイマー設定温度は25℃、2日目は6時30分にサーキュレーターを回し始めました。2日間とも、外気温も上がってきて室内も十分に暖まった朝8時に設定温度を23℃に下げましたが、サーキュレーターを併用した2日目はそれでも暑さが感じられたので8時30分に設定温度をもう一度下げ、22℃設定にしました。

1日目、2日目ともに朝5時から夕方5時までの電力消費量を計算すると、以下のような結果になりました。

1日目:エアコンのみで運転した場合の電力消費量
6.95kWh(電気代は180円
2日目:エアコンとサーキュレーターを併用した場合の電力消費量
6.53kWh(電気代は169円

1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算しています。
エアコンのみで運転した1日目の電気代は180円、エアコンとサーキュレーターを併用した2日目の電気代は169円となりました。たった12時間でも大きな電気代節約効果が見られます。

エアコンのみで運転した日と比べてサーキュレーターを併用した日は、同じ設定温度でも体感温度がとても暖かく感じ、設定温度を普段より1℃下げても十分に暖かく快適に過ごすことができました。

設定温度を1℃下げただけでもこれだけの差が出ているので、暖房を使う冬の間や冷房を使う夏の間、サーキュレーターを併用することで必要以上に温度を上げたり下げたりすることがなくなることを考えると、とても大きな電気代節約効果が予想できます。

以上のことから、サーキュレーターを併用した場合は、電気代の節約に大きくつながるということが言えます。

年間を通して使うエアコンの電気代節約ポイント

air conditioner preset temperature
エアコンは、サーキュレーターを使うと電気代の節約ができることがわかりました。

エアコンは年間を通して使うものなので、サーキュレーターなどを上手に取り入れて、電気代を節約していきたいものです。

エアコンの電気代を節約していくためには、ご家庭に最適な電気料金プランを選ぶことも大切です。契約する電気料金プランで設定されている電気の単価によって、エアコンの電気代も大きく変わってきます。

そのために、ご家庭で電気をたくさん使う時間帯の電気の単価が安いプランを上手に選んでいくことがとても重要となります。

そうはいっても、電気料金プランってよくわからない、という方も多いでしょう。ご家庭に最適な電気料金プランを選ぶことは難しいと感じてしまうかもしれませんが、エネチェンジ電力比較(無料)を使えば、その場で簡単にご家庭に最適な電気料金プランを診断することができます。

電気料金の値上げが続いている今、選ぶ電気料金プランによって電気代は大きく変わってきます。電気代を節約していくためには、定期的なプランの見直しをしていきましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。