【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. エアコン暖房による冬の電気代を抑える、6つの節約術
 

エアコン暖房による冬の電気代を抑える、6つの節約術

電気代の節約、節電テクニック

寒いとすぐ「ポチっ」と押してしまうエアコン暖房。エアコン冷房よりも電気代がかかると言われるエアコン暖房を、寒くてもあたたかく、お財布にもやさしく過ごすための、じょうずなエアコン暖房の電気代を節約術をご紹介いたします。

冬になると暖房にかかる電気代が気になりますよね。冬の暖房として、エアコンを使用しているというご家庭は多いでしょう。でも皆さん、エアコンは暖房時のほうが冷房時よりも電気代がかかるということをご存知でしょうか?

「なぜ暖房時のほうが冷房時よりも電気代が高くなるの?」その理由と、エアコンの仕組み、さらにエアコン暖房の電気代6つの節約術をご紹介します。

更新日
2017年11月16日
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

なぜエアコンは暖房時のほうが冷房時よりも電気代が高くなるの?

air_conditioner-winter
「エアコンは暖房のほうが冷房よりも電気代がかかる」という事実に驚かれた方もいるでしょう。「節電」というキーワードが多くきかれる夏のほうが、電気代がかかるイメージがあるかもしれません。なぜエアコンは暖房のほうが冷房より電気代がかかるのでしょうか?
それにはエアコンの仕組みと、夏と冬の気温が大きく関係しています。

エアコンはどうやって暖房しているの?

そこで、まずはエアコンの仕組みをご説明します。エアコンはどうやって暖房をしているのでしょうか?実は、エアコンは暖房時も冷房時も同じヒートポンプ技術を使っています。

「ヒートポンプ技術」って?
空気中には「熱」が存在します。そしてどんなに冷たい空気であっても「熱」をもっています。ヒートポンプ技術とは、空気中の「熱」を集めて、その熱をガス(冷媒)に乗せて移動させるという技術です。
熱を運ぶ「冷媒」って?
エアコンの室内機(エアコン本体)と室外機の間には、「冷媒」というガスが通っています。「冷媒」というのは、空気の「熱」を運ぶ電車のような役割をしています。

暖房時は外気の「熱」を室内に取り入れている
気温がどんなに低くても、空気は「熱」を含んでいます。「冷媒」は、圧縮すると温まり、膨張すると冷たくなります。
暖房時は、ヒートポンプシステムがまず「冷媒」を膨張させて、「冷媒」を外の空気より冷たくし、外の空気中の熱を取り込む準備をします。冷えた「冷媒」は外の空気中の熱を取り込み、室内機まで移動します。移動中にヒートポンプシステムは「冷媒」を圧縮させ、集めた空気をさらに温めます。そして温まった空気が室内口の吹き出し口から室内へ送られます。

冬のほうが室内気温と設定温度の差が大きいため、電気代がかかります

エアコンは、室内温度を設定温度までにするまでが一番電気代がかかります。お住まいの地域により季節ごとの気温も異なりますが、例えば、室内の設定温度を夏・冬ともに25℃と設定したとしましょう。

夏、設定温度(25℃)まで室内気温を下げる場合
室温を30℃~35℃とすると、エアコンは5℃~10℃室温を下げなくてはならない。
冬、設定温度(25℃)まで室内気温を上げる場合
室温を0℃~5℃とすると、エアコンは20℃~25℃室温を上げなくてはならない。

エアコンの暖房と冷房
例えば夏の気温が高い地域で、室内気温が40℃まで上がった場合も、設定温度まで下げなくてはならないのは15℃です。しかし冬の気温が寒い地域では、室内気温が-5度以下になる地域もありますので、そうした場合は設定温度まで30℃以上上げなくてはなりません。

このような理由で、室内気温と設定温度の差が大きい冬場のほうが電気代が高くなる傾向があります。

冬のエアコン(暖房)の電気代、6つの節約術

これからやってくる冬、夏場よりも電気代がかかる冬の暖房費をなんとか節約していきたいものです。冬の暖房にかかる電気代を節約する方法はいくつかあり、それらを上手に組み合わせることで電気代を大きく節約できます。

1. まず初めに電力会社の見直しを

plan-saving-31
電力自由化によって、選べる電力会社のプランが増えました。自分の生活スタイルと合ったプランに変えるだけで、年間平均18,000円もの電気代が節約できます。まずは一番効果的な、電力会社の見直しをしましょう。
エネチェンジ電力比較では、いますぐ簡単に、アナタにピッタリな電力会社のプランを比較診断できますよ!

2. エアコンは自動運転にしよう!弱運転だと逆に電気代が高くなってしまうことが······!

pixta_20953157_M
エアコンをつける時に、電気代を気にして最初から弱運転モードにしてしまっている方はいませんか?その運転方法だと、逆に電気代が高くなってしまうんです。エアコンは設定温度にするまでが一番電気を使うため、自動運転で一気に室温を上げてしまうほうが電気代はかかりません。エアコンをつける際は「自動運転」モードを使いましょう。

3. 窓の断熱で外の冷気をシャットアウト!

カーテンで冬のエアコン代を節約
窓はガラス一枚で薄いため、外の冷気を取り入れやすく、せっかく暖めた室内の空気を冷やしてしまいます。そこで、冬は窓の断熱をしましょう。断熱方法は、主に以下のやりかたがあります。
  • 窓ガラスを「断熱ガラス」にする
  • 厚手のカーテンや断熱カーテンに変える
  • 天候が悪い日はブラインドやレースのカーテンを閉めたり、夕方暗くなったら早めにカーテンを閉めたりする
  • 断熱シートや断熱フィルムを窓に貼る
  • 断熱ボードを窓際に立てかける

4. 扇風機・サーキュレーターでエアコンの働きを助ける

pixta_13612786_M
エアコン暖房時は、扇風機やサーキュレーターを併用することで電気代を抑えることができます。エアコンから吹き出た暖かい空気は上のほうに溜まるため、扇風機やサーキュレーターを上に向けて回し、空気を循環させてあげると、温かい空気が下まで降りてきます。

5. こまめにフィルター掃除をしよう!

pixta_15914938_M

フィルターが詰まってしまうとエアコンの性能が落ちてしまい、余計な電気代がかかるようになってしまいます。2週間に1度はフィルターのお手入れをしましょう。フィルターの掃除って面倒に感じてしまいがちですが、いつも行う掃除機がけのついでにエアコンフィルターを外して、ついているホコリを吸い取ってしまえば楽ですよ◎

6. 室外機周りもチェックしましょう

エアコンの室外機周りに物が置いてあると暖房の効率が落ちてしまいます。室外機周りには物を置かないように注意しましょう。また、雪の多い地域では、雪が室外機周りに積もってしまったり、室外機に雪が吸い込まれたりすることで効率が落ちてしまわないよう、雪対策も行いましょう(防雪フード・防雪ネットなども市販されています)。
室外機まわりのかたづけが冷房効率を高める

電気代のかかる冬、上手に節約して乗り切りましょう

エアコン暖房時のほうが冷房時よりも電気代が高くなる理由、エアコンの仕組み、エアコン暖房の電気代6つの節約術についてご紹介しました。暖房費がかかるこれからの冬、まずは電力会社を見直し、エアコン掃除や室外機周りのチェック、窓の断熱や扇風機の併用などの節約ポイントを取り入れて、賢く電気代を節約していきましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数