エアコン冬の暖房時・夏の冷房時の設定温度は?電気代を節約しながら快適に過ごせる5つの方法!

エアコン冬の暖房時・夏の冷房時の設定温度は?電気代を節約しながら快適に過ごせる5つの方法!
電気代の節約、節電テクニック

エアコンの適正温度は何度?環境省はエアコン暖房時の室温の目安を20℃、エアコン冷房時の室温の目安を28度に推奨しています。実は、エアコン暖房の設定温度を1度下げると約10%もの節電効果があるんです。エアコン暖房時の設定温度が低めでもあたたかく快適に過ごせる方法、更に、エアコンの電気代節約方法もご紹介します。

環境省はエアコン暖房時の室温の目安を20℃、冷房時の室温の目安を28度に推奨していますが、それだと寒い・暑いと感じる人も多いのではないでしょうか。また、エアコンの設定温度を冬は高めに、夏は低めに設定しても、なかなか部屋が快適な温度にならないということがありませんか?

エアコンで室内温度を快適な適正温度にして過ごすためには、温度設定以外にも工夫したいポイントがあるんです。エアコンの電気代を節約しながら、設定温度を冬は上げすぎず、夏は下げすぎずに快適に過ごせる5つの方法をご紹介します。

更新日
2021年10月12日

エアコン運転時、設定温度の目安は冬は20度、夏は28度

環境省は、冬のエアコン暖房時の設定温度の目安を20度、夏のエアコン冷房時の設定温度の目安を28度に推奨しています。この数字はあくまでも目安で、外気温や湿度、建物の立地条件、日差しの入り方や室内にいる人の体調などを考慮して設定温度を調節するよう呼びかけられています。

エアコンの電気代を節約しながら快適に過ごせるエアコンの使い方、5つの方法

エアコンを使う季節は、エアコンにかかる電気代も気になります。環境省によると、冬のエアコン暖房時に温度設定を1℃低くすると約10%の節約に、夏のエアコン冷房時に温度設定を1℃高くすると約13%(約70W)の節約ができるとのこと。
出典:環境省

エアコンを使う時は、できるだけ電気代も節約していきたいですよね。エアコンの設定温度を下げすぎたり上げすぎたりせずに、快適に過ごしていくことができる方法を知っておきましょう。

1.エアコンは自動運転で運転する

エアコンをつけるときは自動運転にしましょう。弱運転のほうが電気代かからないんじゃ……とはじめから弱めの運転をしてしまうと、室温が設定温度になるまでに時間がかかって逆に電気代が高くなってしまいます。エアコンは室内温度を設定温度にするまでの間が一番消費電力を使うため、自動運転で一気に室温を上げてしまった方が電気代を節約できるんですよ。

2.エアコンの風は、冬は下向き、夏は水平に設定する(センサー搭載の高級機種を除く)

pixta_12277467_M
冬は、あたたかい空気が上のほうにたまるので、エアコン暖房の風向きは下向きに設定しましょう。
夏は、冷たい空気が下の方にたまるので、エアコン冷房の風向きは水平に設定しましょう。
ただし、人がいる場所を感知して自動で最適な風向きになるセンサー搭載機種の場合は、自動コントロールモードが最適となります。

3.サーキュレーターを使う

pixta_13612786_M

サーキュレーターや扇風機を併用すると、エアコンの動きを助けます。サーキュレーターや扇風機は上向きに運転して空気を循環させましょう。設定温度を変えなくても、空気を循環させることで冬はあたたかさを感じやすくなり、夏は涼しさを感じやすくなります。

4.窓の断熱をする

Exif_JPEG_PICTURE

ガラス一枚の窓は、室内のあたたかい空気(冬)や涼しい空気(夏)を外へ逃がしてしまいます。更に、窓は外の冷たい空気(冬)や暑い空気(夏)を部屋の中に取り込んでしまいます。
断熱シートを窓に貼ることで、冬は室内のあたたかい空気を外に逃がしにくくなり、夏は室内の涼しい空気を外に逃がしにくくなります。断熱シートはホームセンターなどで購入できますよ。

5.湿度ケアをする

pixta_13612210_M

湿度が低い冬は、エアコン暖房により室内が乾燥してしまいます。加湿器などで湿度を上げる工夫をしましょう。部屋を加湿することは、寒さを和らげる効果もあります。
湿気が多い夏は、エアコン冷房で室内を冷やすことで部屋の湿度を下げることができます。

それでも電気代が高い······とお悩みの方は、契約している電気料金プランが見合っていないかもしれません

エアコンの電気代節約方法を試しているけれど、それでも電気代が高い······と悩んでいる方は、契約している電力会社のプランがご家庭に見合っていない可能性があります。

スマホや携帯電話の料金プランを選ぶように、電気料金プランもご家庭の電気の使い方に見合ったプランをきちんと選んで契約することで、電気代を今よりも安くすることが可能です。

「エネチェンジ電力比較」では、お住まいの地域で選べる電力会社のプランの中から、ご家庭に見合った電気料金プランをかんたんに比較でき、切り替えた場合の電気代節約額の目安もひと目でわかります。気に入ったプランがあれば、そのままお申し込みも可能です。今お使いのプランよりも電気代が安くなるプランがあるか診断してみましょう。

エアコンで冬・夏を快適に過ごしながら、電気代もじょうずに節約していきましょう

エアコンの電気代を節約しながら、設定温度を冬は上げすぎず、夏は下げすぎずに快適に過ごせる5つの方法をご紹介しました。

冬、エアコン暖房の設定温度が低めでもあたたかく過ごす5つのポイント
  1. エアコンは自動運転で運転する
  2. エアコンの風は下向きに設定する(センサー搭載の高級機種を除く)
  3. サーキュレーターを使う
  4. 窓の断熱をする
  5. 湿度ケアをする

更に、エアコンの電気代を節約していくために、電力会社のプラン見直しもしましょう。エネチェンジではアナタに最適な電気料金プランを比較検討できるサービス「エネチェンジ電力比較」を提供しています。最適な電気料金プラン探しに、ぜひご活用ください。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。