エアコンの除湿(ドライ)が効かない原因と対策は?寒すぎる場合の対処も解説

エアコンの除湿(ドライ)が効かない原因と対策は?寒すぎる場合の対処も解説
電気代の節約、節電テクニック

エアコンの除湿(ドライ)機能が効かず、悩んでいませんか?この記事では、除湿(ドライ)が効かない原因と、その対策方法を解説しています。また、除湿(ドライ)を使うと寒いという方にも原因と対策を紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

エアコンの除湿(ドライ)が効かず、部屋の湿度が下がらない」とお悩みの方に、原因と対策方法をご紹介します。さらに、除湿(ドライ)機能の基本知識や、除湿(ドライ)運転で部屋が寒すぎる場合の対処方法なども解説します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

エアコンの除湿(ドライ)機能とは?

夏に使うエアコンの機能として、「冷房」と「除湿(ドライ)」の2つがあります。除湿(ドライ)機能は、どんな機能なのでしょうか?

除湿(ドライ)と冷房の違い

エアコンのドライ(除湿)は、部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能です。冷房は温度を下げることを最優先とした機能なので、室内の温度を下げたい場合は冷房運転をして、室内の湿度を下げたい場合はドライ(除湿)運転をする、といった使いわけ方ができます。

除湿(ドライ)には再熱除湿と弱冷房除湿がある

エアコンの ドライ(除湿)機能には、再熱除湿と弱冷房除湿の2つの種類があります。再熱除湿は室内温度を下げずに湿度だけを下げ、弱冷房除湿は室内温度を下げつつ(冷房しつつ)部屋の湿度も下げます。

部屋の湿度も温度も下げたい場合は弱冷房除湿を使う、部屋の湿度だけを下げたい場合は再熱除湿を使う、といった使いわけをすることで、より快適に過ごすことができます。

エアコンのメーカーによって、再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルがあります。

湿度が高いときは除湿(ドライ)が効果的

エアコンの除湿(ドライ)機能は部屋の湿度を下げたいときに使う機能です。梅雨の時期など、部屋の湿度が高く不快な場合は、エアコンの除湿(ドライ)機能を使って空調を整えていきましょう。

エアコンの除湿(ドライ)が効かない原因と対策

エアコンの除湿(ドライ)運転が効かないときは、どんな原因があるのでしょうか?考えられる原因と対策方法をみていきましょう。

窓が開いていたり換気扇が回っている

部屋の窓が開いていたり、換気扇が回っていると、屋外の湿った空気が部屋に入ってしまうため、エアコンの除湿(ドライ)運転の効果が出にくくなってしまいます。除湿(ドライ)運転中は、窓や換気口は締めましょう。さらに、部屋の扉やふすまなども閉めると効果的です。

室温が低すぎる

エアコンの除湿(ドライ)運転は、室内の空気を冷やすことで除湿をしています。そのため、エアコンの設定温度が室内温度よりも高いと除湿運転がじょうずに行われません。梅雨の時期など、暑くないけれど湿度が高い場合は、短時間冷房運転をして部屋の温度を一度下げ、湿気を取りのぞくことが効果的です。

室内機(本体)や室外機が汚れている

エアコン室内機のフィルターが汚れていたり、室外機まわりにものが置かれている・風通しが悪い場合などは、エアコンの効率が悪くなってしまいます。エアコン本体のフィルターは2週間に1度の目安で掃除をしましょう。室外機まわりも草刈りをしたり、置いてあるものをどかすなどして風通しを良くしましょう。

エアコンが古すぎる

古いエアコンを使っている場合は、不具合や故障も考えられます。エアコンの除湿(ドライ)運転中は、取りのぞかれた部屋の空気中の水分がドレンホース(排水ホース)から排出されます。ドレンホースから水が出ている場合は除湿運転が正常にされています。不具合がある場合は、修理や買い替えを検討しましょう。

古いエアコンは電気代も高い······!

古いエアコンを使っている方は、最新の省エネ機種と比べて電気代が多くかかっています。「エアコンで電気代もかかるし、買い替えもお金がかかるし、どうしようかな······」と悩んでいる方は、すぐにできる電力会社の見直しをしてみましょう。今よりも安い電気料金プランを探して切り替えるだけで、今と同じように電気を使っていても電気代の節約が可能です。

エネチェンジでは、今よりも電気代が安くなるプランをかんたんに比較でき、節約額の目安もわかります。ぜひ、おためしてみてください。

エアコンの除湿(ドライ)で寒くなりすぎる場合の原因と対策

「エアコンの除湿(ドライ)運転をすると寒くなりすぎてしまう」という場合もあります。なぜ寒くなってしまうのかを知り、対策していきましょう。

弱冷房除湿の影響

エアコンの除湿方式が弱冷房除湿の場合は、弱い冷房運転を行いながら湿気を取りのぞきます。室内温度も下がるため、気温が高くない日などは寒く感じることがあります。

弱冷房除湿で寒くなってしまう場合の対策として、再熱除湿も搭載されている機種の場合は再熱除湿に切り替えましょう。弱冷房除湿しかないけれど湿度が高く不快な場合は、短時間冷房運転をして部屋湿度を下げ、運転を停止して室内温度を元の室温に戻すことで湿度を下げることができます。

湿度が低すぎても寒さを感じる

同じ気温でも、人は湿度が高いと暖かく感じ、湿度が低いと寒く感じます。除湿をしすぎて湿度が低くなりすぎると寒さを感じるため、除湿のしすぎにも気をつけましょう。快適に過ごせる湿度の目安は40%〜60%です。
湿度が40%以下になるとウイルスの活動が活発になるといわれ、60%以上になると結露ができやすくカビ・ダニが発生しやすくなります。

エアコンの除湿(ドライ)をじょうずに使って快適に過ごそう!

エアコンの除湿(ドライ)が効かない場合の原因と対策方法をご紹介しました。湿度が高く不快な季節は、エアコンの除湿(ドライ)をじょうずに使って快適に過ごしていきましょう。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。