エアコン暖房の電気代節約術まとめ!冬に試すべき5つの方法

エアコン暖房の電気代節約術まとめ!冬に試すべき5つの方法
電気代の節約、節電テクニック

冬は暖房に電気代が多くかかりますが、多くの地域では1年のうち2月の電気代がいちばん多くかかっているという結果が出ています。エネチェンジではこれまでに冬のエアコン暖房の電気代節約術をたくさんお伝えしてきましたが、それらを5つの節約術としてわかりやすくまとめ、ご紹介しています。

冬は暖房に電気代が多くかかりますが、多くの地域では1年のうち2月の電気代がいちばん多くかかっているという結果が出ています。

エネチェンジではこれまでに冬のエアコン暖房の電気代節約術をたくさんお伝えしてきましたが、それらを5つの節約術としてわかりやすくまとめ、ご紹介します。

エアコン暖房の電気代5つの節約術

ご家庭でできる、冬のエアコン暖房電気代5つの節約術は以下のようになります。どれも簡単にできることや見直せることばかりですので、ぜひお試しください。冬は暖房に電気代が多くかかるので、エアコン暖房の電気代を節約できると、ご家庭の電気代自体も大きく変わってきます。

1)正しい運転方法を知りましょう

エアコンは、弱運転よりも自動運転にしたほうが電気代はかかりません。エアコンは、室内温度を設定温度に上げるまでの間がいちばん電気代がかかります。そのため、自動運転で短時間で室温を上げてしまうことが、いちばん電気代を節約できます。

2)サーキュレーターや扇風機を併用する

サーキュレーターや扇風機はエアコンの働きを助けます。上向きに風を回して空気を循環させることで暖かい空気が下に降りてくるので、同じ設定温度でもより暖かく感じることができ、無駄な電気代をかけることなく節約できます。

3)窓を断熱して外の冷気を取り込まない

窓はガラス一枚で薄いため、外の冷気を取り込みやすく、また室内の暖かい空気を逃がしてしまいます。断熱シートなどを貼り、窓を断熱することで無駄な暖房費を節約できます。

また、もっとも冷え込む夜は、窓下ヒーターもおすすめです。窓から入ってくる冷気をシャットアウトし、結露対策にもなります。

4)電力会社のプランを見直す

plan-saving-14

電気代の基本部分である電気料金プランの見直しは、電気代節約にとても効果的です◎
自分の生活スタイルに見合った電力会社のプランに切り替えるだけで、年間平均18,000円もの電気代節約が可能なんですよ。エアコン暖房に電気代が多くかかる冬だからこそ、今よりも電気代を安くできるプランがあるかどうか、エネチェンジ電力比較で電力プランを比較して選びましょう

5)古いエアコンは買い替えの検討も

昔のエアコンと比べて最近のエアコンはとても省エネです。電気代を比較すると、10年以上前のエアコンは買い替えで電気代が大きくかわってくるという結果が出ています。

同じエアコンを10年以上使っている場合は、買い替えをご検討されてみるのも良いかもしれません。

5つのエアコン暖房節約術で残りの冬の電気代を大きく節約していきましょう。

これからエアコン暖房が必須な季節がやってきます。上記でご紹介した5つの節約方法を上手に取り入れてエアコン暖房の電気代を節約していきましょう。

エアコン暖房5つの節約術
  • 1)正しい運転方法を知る
  • 2)サーキュレーターや扇風機を併用する
  • 3)窓を断熱して外の冷気を取り込まない
  • 4)電力会社のプランを見直す
  • 5)古いエアコンは買い替えの検討も

上記のうちでも、エアコンの電気代に大きく影響するのが4)電気料金プランの見直しです。多くの地域のご家庭では1年の中で2月の電気代がいちばん多くかかります。

ということは、今から最適な電力会社のプランに見直しをすれば、電気代がいちばん多くかかる2月の電気代も節約が可能◎切り替えでどのくらい電気代が節約できるのか、エネチェンジ電力比較で比較診断してみましょう。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。