エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 梅雨時期のエアコンの使い方!ドライ(除湿)機能の上手な使い分け方を知ろう!
 

梅雨時期のエアコンの使い方!ドライ(除湿)機能の上手な使い分け方を知ろう!

電気代の節約、節電テクニック

特に室内の湿気が気になる梅雨は、エアコンのドライ(除湿)機能をじょうずに使って快適に過ごしていきましょう。エアコンのドライ機能と冷房機能の使い分け方や、ドライ設定にしてもなんだか寒い、といった悩みの解決方法まで、エアコンドライ機能の使い方をわかりやすくご紹介しています。

室内の湿気が気になる梅雨の時期は、エアコンのドライ(除湿)機能をじょうずに使って快適に過ごしていきましょう。
エアコンのドライ機能と冷房機能の使い分け方や、ドライ設定にしてもなんだか寒い、といった悩みの解決方法まで、わかりやすくご紹介しています。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

湿気が多い梅雨、エアコンをどう使い分ける?

cost_dehumidifier-2
梅雨の時期にエアコンを使う場合、選択肢としては「冷房」か「ドライ(除湿)」のどちらかとなります。
この2つの機能の違いをまず見ていきましょう。

エアコンの「冷房」と「ドライ(除湿)」はどう違うの?

エアコンの冷房機能とドライ機能の違いは以下のようになります。

冷房機能
部屋の温度を下げることを最優先とした機能。設定された室温になるように冷房運転を行う。
ドライ機能
部屋の空気中の湿度を下げることを最優先とした機能。湿度が目標の値になるまで微弱な冷房運転を行う。

エアコンの冷房機能とドライ機能ではそれぞれ「室内の温度を下げる」「室内の湿度を下げる」といったように目的が異なります。

エアコンの除湿と冷房の違い

そのため、室内の湿度が上がる梅雨の時期はエアコンのドライ機能を使うことで湿度を下げることができ、湿気による不快感を軽減できます。

エアコンの除湿機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2種類の機能があります。

エアコンの「弱冷房除湿」と「再熱除湿」はどう違うの?

エアコンの弱冷房除湿と再熱除湿の違いは以下のようになります。

冷房除湿
部屋の温度を下げつつ(冷房しつつ)、部屋の湿度も下げる。
再熱除湿
部屋の温度を下げないよう、湿度だけを下げる。

弱冷房除湿と再熱除湿の大きな違いは、「室温を下げながら除湿をする」「室温を下げずに除湿をする」という部分です。梅雨の時期は、肌寒いけれど湿度が高くてベタベタする、という場合が多くあります。そのような場合に弱冷房除湿を使ってしまうと室温も下がってしまい、寒く感じてしまうので、室温を下げたくない場合は再熱除湿を使うと良いでしょう。

梅雨時期の空調はエアコンの「弱冷房除湿」と「再熱除湿」機能を上手に使い分けよう!

air-conditioner-saving-13
梅雨の時期は室内の気温によってエアコンの弱冷房除湿と再熱除湿を使い分けていきましょう。
使い分け方のポイントは以下のようになります。
弱冷房除湿
室内気温が高く、室温も湿度も両方下げたい場合
再熱除湿
室内気温はちょうど良い、または少し肌寒く、室温は下げずに湿度を下げたい場合

エアコンのメーカーによって、再熱除湿を搭載しているモデルとそうでないモデルがあります。富士通とコロナのエアコンは再熱除湿と弱冷房除湿をリモコンで切り替えることができます。他メーカーは再熱除湿方式のみであったり、再熱除湿方式ではないけれども快適な温度を保てるよう工夫された除湿機能になっていたりとさまざまです。

エアコンを新しく買う時は、除湿の方式をチェックしてみるのもいいですね。

2019年モデルエアコンの除湿方式一覧
メーカーシリーズ除湿方式
富士通ノクリアXシリーズ再熱除湿
弱冷房除湿
切り替え可能
ノクリアZシリーズ/Dシリーズ/Cシリーズ弱冷房除湿
日立Xシリーズ/Eシリーズ/ELシリーズ/Wシリーズ/WLシリーズ再熱除湿
Gシリーズ/Dシリーズ/Aシリーズ弱冷房除湿
三菱電機FZシリーズ/FLシリーズ/Zシリーズ(ZW9019Sのみ)/Rシリーズ/Sシリーズ/GEシリーズ弱冷房除湿
Zシリーズ(ZW9019S以外の機種)/Xシリーズ再熱除湿
コロナWシリーズ再熱除湿
弱冷房除湿
切り替え可能
ZBシリーズ/Bシリーズ/Nシリーズ弱冷房除湿
東芝F-DXシリーズ/F-Rシリーズ/F-Pシリーズ/F-DRシリーズ弱冷房除湿
シャープJ-Xシリーズ/J-Hシリーズ/J-Dシリーズ/J-Sシリーズ弱冷房除湿
パナソニックWXシリーズ/Xシリーズ/AXシリーズ/EXシリーズ/GXシリーズ/Jシリーズ/Fシリーズ/UXシリーズ/TXシリーズ弱冷房除湿
ダイキンRシリーズ/Aシリーズ/Sシリーズ/Fシリーズ/Cシリーズ/Eシリーズ/DXシリーズ/KXシリーズ弱冷房除湿

エアコンの「弱冷房除湿」と「再熱除湿」にかかる電気代は同じ?

エアコンは、室内の空気を吸い込み、その空気を冷やすことで空気中の水分を取り除いています。弱冷房除湿は、冷やした空気をそのまま室内に戻していますが、再熱除湿は冷やして水分を取り除いた空気を暖めてから室内に戻しています。
そのため、室内に戻す前に空気を暖める分再熱除湿のほうがかかる電気代は多くなります。

部屋干しのときの上手な除湿機能の使い方

air-conditioner-saving-8
梅雨時期は室内干しの洗濯物がなかなか乾かずに困りますよね。そんなときは、エアコンのドライ機能を使いましょう!
部屋干しがなかなか乾かない原因は、洗濯物の水分で室内の湿度が上がってしまい、湿気の逃げ場がなくなってしまうからなんです。エアコンのドライ運転をして室内の湿度を下げてあげると、洗濯物に含まれている水分が空気中に逃げていくので早く乾くというわけ。

ドライ運転をしている間は、扇風機やサーキュレーターで風を起こしてあげましょう。洗濯物に風を当てて空気を循環させることで、洗濯物をより早く乾かすことができます。

梅雨時期はエアコンドライ機能を上手に使って乗り切ろう!

梅雨時期のエアコンのドライ機能の使い方がわかりましたね。

ドライ機能とは
  • エアコンの「冷房」機能は部屋の温度を下げるためのもの
  • エアコンの「ドライ」機能は部屋の湿度を下げるためのもの
2つのドライ機能の使い分け方
  • ドライ機能のうち、「弱冷房除湿」は室温も湿度も両方下げたい場合、「再熱除湿」は室温は下げずに湿度を下げたい場合に使う
  • 「弱冷房除湿」よりも「再熱除湿」のほうが電気代が高い
部屋干しのときの上手な除湿機能の使い方
  • 部屋干しをするときはエアコンのドライ運転をすると早く乾く(扇風機やサーキュレーターで風を起こすとさらに効果的!)

除湿・冷房、どちらにしろエアコンを使うと電気代が高くなる!そんなときは…

梅雨は部屋干しや除湿、夏になればクーラーや扇風機などの冷房も使うことになり、電気代があがりますよね。使い方はわかったけど、電気代を抑える方法も知りたいと思いませんか?

そんなときは、エネチェンジ電力比較をおためしください。電力自由化で1000万世帯以上が電力会社を切り替えています。電力会社のプランをを最適なものに切り替えるだけで、年間平均18000円も電気代を安くすることが可能です。自分の生活スタイルにあった電力会社を選ぶことが、一番簡単な電気代の節約方法なんですよ。まずは、アナタが選べる電力会社を探してみましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。