【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. アパートの光熱費の平均は?無駄をチェックしてみよう!
 

アパートの光熱費の平均は?無駄をチェックしてみよう!

電気代の節約、節電テクニック

アパート暮らしでかかる光熱費の平均は地域、立地条件、同居人数、暮らし方などでびっくりするほど差が出ます。アパートで生活している一人暮らし、いわゆる単身世帯の光熱費についてご説明しています。

アパートの光熱費の平均は地域、立地条件、同居人数、暮らし方などでびっくりするほど差が出ます。特徴としてはアパート暮らしをしているのは一人暮らしの人が多いことでしょう。
ここではアパートで生活している一人暮らし、いわゆる単身世帯の光熱費の平均をチェックして、無駄がありそうなポイントを探してみましょう。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

光熱費の平均は?

1世帯当たりの品目別支出金額(単身世帯)

項目2012年2013年2014年
光熱・水道 136,864円142,368円142,231円
電気代 61,696円65,779円66,784円
ガス代 39,303円39,754円39,680円
都市ガス23,041円23,708円 22,163円
プロパンガス 16,262円16,046円 17,517円
他の光熱11,821円 11,647円 11,416円
灯油11,604円 11,349円 11,164円
他の光熱その他217円298円251円
上下水道料24,044円 25,188円 24,351円

出典:総務省統計局の「1世帯当たりの品目別支出金額(単身世帯)」

このグラフから、直近3年の光熱費を算出しますと以下の通りになります。

  • 2012年:9,401円
  • 2013年:9,765円
  • 2014年:9,823円

1ヶ月あたりの単身世帯の光熱費の平均は直近3年で9,000円台後半から10,000円未満という結果です。この光熱費は特にアパート暮らしの人だけの結果ではありませんし、あくまでも平均です。

しかし、1年間毎月これ数値よりも自分の光熱費がかなり多い場合は自分の光熱費は他の人よりは多いと思ってもよいでしょう。

光熱費の平均はアパートの大きさによって変化する

広々としたお家はのびのびできて気持ちがいいですね。しかし、お部屋が大きくなったり部屋数が増えると、光熱費は増えないということはまずありません。

小さな部屋から大きな部屋に引っ越したばかりの時、光熱費がかなり上がってしまってびっくりしてしまった人がいるのではないでしょうか。特に「熱」に係る費用が上がりやすいのではないでしょうか。時々以下のことをチェックする習慣をつけたらよいでしょう。

無駄に電気がついているお部屋はないですか?
気がついたら全ての部屋の電気がついているなどということがありがちです。
無駄な持ち物を持ちすぎていませんか?
より大きなアパートに引っ越す要因になります。

光熱費は同居人の数によっても変化する

81351
では2人以上で住んでいる場合の光熱費をチェックしてみましょう!

用途分類
平均持家民営借家公営借家給与住宅
光熱・水道23,240円2,3970円 19,735円 17,236円 20,667円
電気代10,674円 11,285円7,612円6,507円8,293円
ガス代5,579円 5,375円6,802円5,783円6,505円
他の光熱1,833円 2,004円991円842円962円
上下水道料5,154円 5,305円4,330円4,104円4,907円

出典:総務省統計局の「住居の所有関係別1世帯当たり1か月間の収入と支出」

この表では民間借家を参照してみましょう。民間借家の「光熱・水道」から「上下水道料」を差し引いた数値は15,405円となります。ちなみに、アパートは借家ではなく借間ですので、この数値よりも低くなるかもしれません。

この結果では単身世帯の光熱費の倍にはならなそうですね。実際に同じアパートに住んでいる同居人の数が同じの隣人の光熱費と、自分の所の光熱費は全く似ても似つかないくらい違うということもあります。

では同居人の数によって、どのように光熱費は変化しやすいのでしょうか?

同居人が多くても光熱費があまり変化しないパターン

例えば……

  1. 全員がフルタイムで働いていたり、学校などに行っていて留守の時間が長い
  2. 全員の生活パターンが似ており、しかもおおかた同じ部屋で過ごしている

このような場合、同居人の人数が多い割には光熱費は高くないでしょう。

同居人が増えて、想像以上に光熱費が増えるパターン

例えば……

  • それぞれがパソコンやテレビを持っている
  • それぞれが別の部屋で過ごす
  • それぞれの生活パターンが全く違う
  • それぞれが節電などに全く無頓着

このような場合、アパートの光熱費の平均が1人暮らしの2倍ではなく3倍以上になる可能性もあるようです。

アパートの光熱費の平均は窓の作り、向きによって大きく変化する

南方面と西方面に窓がある

地域にもよりますが、南方面と西方面に窓があるお部屋は夏は歩くなり過ぎてエアコンが必要になる半面、冬はとても暖かいです。この暖かさで、暖房料金がかなり変わってきます。寒冷地では南と西に窓があるアパートは平均的に暖かく、過ごしやすいです。

大きな窓やベランダがある

アパートに大きい窓やベランダなどがある場合、日差しが入って明るくてよいのですが、夏はすごく暑くなり、冬はすごく寒くなる原因にもなります。寒冷地では結露が凍って、窓に氷が張ってしまうこともあります。それほど、外の温度を伝えてしまいます。

快適に過ごすためには目的に合ったカーテンなどを上手に使いましょう。

かなり古くメンテナンスがあまりされていないアパートの光熱費

木造のアパートは古くなると、戸など歪んできていることが多いです。閉めている状態でも戸の上下から隙間風が吹き込むことも多いです。また、どこかから隙間風が吹き込んできて、エアコンの効率が悪くなることもあるでしょう。

このような古いアパートの場合は便利な節約グッズを上手に使って快適に生活できるように工夫しましょう。
例えば……

  • 断熱ボード
  • 断熱シート
  • 隙間テープ

このようなちょっとした工夫で光熱費もちょっと浮いたら、スイーツなど食べに行けるくらいは効果が出るかもしれませんよ!

アパート生活で光熱費の平均のまとめ

アパートの平均の光熱費はそのケースによってかなり差が出てしまいます。同じアパートのお隣さんよりも自分のほうが3倍も多かったりすることもめずらしくありません。基本的にはアパートに人が滞在する時間が長ければ、多くなりやすいものです。けれど、賃貸にかかるお金が少ない分、光熱費はちょっとくらい贅沢してもOKという考え方もありますね。ちょっとの工夫で快適なアパート生活が遅れればいいですね!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。