【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 窓の断熱で冬の電気代を節約!結露対策にもなる断熱方法って?
 

窓の断熱で冬の電気代を節約!結露対策にもなる断熱方法って?

電気代の節約、節電テクニック

冬になると暖房の電気代がかさみます。みなさんは、窓が部屋の暖かい空気を外に逃がしてしまっている、ということをご存知ですか?窓の断熱を工夫することで、冬の電気代を無駄なく節約できるだけでなく、結露の対策にもなるんです。窓の断熱方法も詳しくご紹介しています。

冬になると暖房に使うエアコンやヒーターの電気代が気になりますよね。暖めた室温を逃さないために重要なのは、「窓の断熱」なんです。

窓の断熱を工夫することで冬の電気代を無駄なく節約できるだけでなく、結露対策にもなります。窓の断熱方法を詳しくご紹介しています。

更新日
2016年10月27日

窓の断熱をすることで電気代を節約できる

pixta_21712244_M

暖房の電気代を節約するために窓の断熱はとても効果的!
窓の断熱とともに、電気料金プランを見直すことでさらに電気代節約効果がアップします。せっかく窓の断熱などを工夫しても、見合わない電気料金プラン使っていると、高い単価で電気を使ってしまっていたりと無駄な電気代がかかってしまいます。それではもったいないので、電気料金プランの見直しをしてみましょう。

電気料金プランの見直しはエネチェンジ電力比較で簡単にできます。パソコンだけでなく、スマートフォンからも簡単にお使いいただけますので、ぜひご利用ください。

窓の断熱で電気代を節約できるしくみを解説

窓の断熱をすることで電気代が節約できるって、いったいどういうことなのでしょうか?

なぜ窓を断熱すると電気代を節約できるの?

寒い冬になると、せっかく部屋の中を温めても、その熱は窓から外に逃げてしまいます。窓から熱が外へ逃げてしまう分、室内を暖めるために使うエアコンやヒーターの電気代が余計にかかってしまいます。
そこで、窓の断熱をして熱が外へ逃げないようにすると、余計なエアコンやヒーターの電気代をかけずに節約できるということなんです。

なぜ窓から熱が外へ逃げてしまうの?

家の壁は窓よりも厚く、断熱材も入っています。そのため壁は熱を通しにくくなっています。しかし、窓はガラスだけであることと、日本で一般的なアルミサッシの断熱性が低いため、熱を通しやすいんです。そのため、窓が室内でいちばん暖気を逃し、冷気を取り込む場所となっています。

窓が結露したら断熱不足のサイン!窓の断熱は結露対策にもなります。

sweating-window
冬になると窓が結露することがあります。実は結露というのは、窓の断熱不足、熱が窓から逃げていることのサインなんです!結露というのは以下のようにして起こります。

窓の結露はなぜできるの?

温度が高いほど、空気中に含めることのできる水蒸気の量は増えます。温度が下がると、そのぶん空気中に含められなくなった水蒸気が水分として放出されます。室内が暖かく、外が寒い場合は、室内の窓付近の空気が冷やされて、空気中に含まれていた水蒸気が水滴となり窓に付着します。これが結露です。

窓の表面が冷えていれば冷えているほど、結露が起こります。つまり、冷えた窓から室内の熱が外へ逃げてしまっているということなんです。

逆に言うと窓の表面で室内の空気が冷やされなければ、結露は起こらない。窓の断熱は同時に結露対策になるということです。

窓の断熱をするにはどんな方法があるの?

window
窓の断熱をすることで、

  • 電気代節約効果
  • 窓の結露対策効果

が期待できることがわかりましたね。それでは、窓の断熱をする方法を見ていきましょう。いくつかあるので、自分でできる方法、やりやすい方法を選んでくださいね◎

窓ガラスを「断熱ガラス」にする

pixta_11415419_M
窓ガラス自体を断熱仕様にする方法です。「断熱ガラス」と呼ばれる、ひとつのサッシに二枚のガラスを設置するものや、「二重窓」と呼ばれる、窓の内側(室内側)にもう一枚窓を設置する方法などです。
どちらも、ガラス二枚の間に空気の層を作ることで熱を通しにくくする(外の冷気を遮断する)という効果があり、こうした窓では結露もほとんど起こらなくなります。さらに、断熱性に配慮した樹脂製のサッシを用いた窓や、まほうびんと同じ原理で二枚のガラスの間を真空にした高性能な窓も販売されています。

しかし、賃貸住宅などの場合、窓自体を断熱窓にするのは難しい場合もあります。「断熱ガラス」や「二重窓」と同じ効果を持ちながら、家庭で簡単にできる窓断熱の方法は以下のようになります。

カーテン・ブラインドで窓を断熱

pixta_14264212_M
カーテンやブラインドを閉めるだけで窓との間に空気の層ができ、熱を外へ逃がしません。天候が悪い日はブラインドやレースのカーテンを閉めたり、夕方暗くなったら早めにカーテンを閉めるなど工夫してみましょう。
厚めの生地で作られたカーテンや、断熱カーテンなどにするとさらに効果的です。室内の空気が窓に当たる量が減るので、結露も抑えられます。

断熱シートで窓を断熱

Exif_JPEG_PICTURE
窓に貼るシート状の断熱材です。透明または半透明の気泡シートのものが多く販売されています。窓に霧吹きをして張り付けるだけと使い方も簡単な上、値段も手頃なため、取り入れやすい断熱方法です。

断熱フィルムで窓を断熱

窓に貼りつけるフィルムタイプの断熱材です。断熱シートよりも透明性が高いため、断熱シートで外の景色が見にくくなることが嫌な方は断熱フィルムがおすすめです。両面テープで張り付けるタイプのものが多く販売されています。

断熱ボードで窓を断熱

窓に立てかけるボードタイプの断熱材です。使い方として、窓の高さ下半分に立てかけて使う場合が多くみられます。温かい空気は上に溜まり、冷たい空気は下に溜まりますので、大きな窓などは窓の下部分を断熱するだけでも効果があります。

窓断熱で電気代を最大限節約するためには……

電気料金プランの見直し+窓の断熱で電気代を最大限節約していくことができます。

窓を断熱して冷気を遮断することで
暖房やヒーターに使う「電気の量」を減らすことができます。
ご家庭に最適な電気料金プランを使うことで
家庭で使う「電気の単価」を安くすることができます。

電気料金プランは、プランごとに時間帯別に異なる電気の単価(1kWhあたりの料金単価)が設定されているため、ご家庭で一番電気をたくさん使う時間帯の電気の単価が安いプランを選ぶことで、電気を今よりも安く使うことができます。

電気料金プランの見直しと窓の断熱で、たくさんかかっていた冬の電気代を上手に節約していきましょう。

100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数