エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 毛布を洗濯する頻度はどれくらいが理想なの?!
 

毛布を洗濯する頻度はどれくらいが理想なの?!

毎日の暮らし

特に小さいお子様がいる家庭では、毛布の使用頻度は多いのではないでしょうか。毛布を洗濯する頻度はどれくらいが適切なのかを調べてみました。

毎日使うけれど、シーツや枕カバーほど洗濯する機会が少ない毛布。特に小さいお子様のいる家庭では、真夏以外は使用頻度も多いのではないでしょうか。となると汚れや雑菌が気になりますが、毛布を洗濯する頻度はどれくらいがベストなのでしょうか。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

理想の洗濯頻度は

毛布は、いったいどれくらいの頻度で洗濯をするのが理想なのでしょうか。
宿泊業向けに厚生労働省が出した通達の「公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について」の中に「旅館業における衛生等管理要領」があり、その文面には以下のように記されています。

(3) 寝具は、次に掲げるところにより洗濯等を行うこと。
(1) 布団、枕、毛布及びこれに類するものは、日光消毒と十分なはたきを適切に行い、1月に1回以上、その中心部の温度をおおむね60℃30分間加熱乾燥する方法又はこれと同等以上の効力を有する方法による加熱処理(暫定的処理基準とする。)を行うことが望ましいこと。
また、布団及び枕にあっては、6月に1回以上その汚れ等を除去するため丸洗い(洗濯物に洗剤液及び水を直接吹きつけるなどして行う洗濯方法であり、もみ洗い処理工程がないものをいう。以下「布団丸洗い」という。)を行うことが望ましいこと。この場合、布団丸洗いは、前記と同様の効力を有する加熱処理工程を含めることが望ましいこと。

出典:公衆浴場における衛生等管理要領等の改正について
不特定対数の人が使う毛布については、清潔を保つために1か月に1回以上の熱消毒、そして6か月に一度の布団と枕の丸洗いが必要とされています。自宅で自分だけが使う毛布であれば、もう少し頻度は少なくても良いかもしれませんが、1ヶ月に1度は、洗濯やクリーニングを行うと清潔な状態を保てそうです。

毛布の普段のお手入れ方法

shutterstock_258968555
毛布のお手入れ方法とは?
毛布は頻繁に洗わなくても、普段のお手入れを丁寧に行えば十分です。毛布の普段のお手入れは、毛布の素材によって異なるので注意が必要です。

ウール、シルク、アクリル

時々風にあてるだけで十分。
洗う場合は、洗濯表示が洗濯可能なものなら洗濯機へ、それ以外はクリーニング店にドライクリーニングを頼みます。

綿の毛布は洗濯機で洗うことができます。干すときは陰干しし(変色をふせぐため)、乾いたらブラッシングをしましょう。
参照:寝具の正しいケア方法|ふとんなどの寝具なら東京西川公式サイト

毛布の洗濯方法

shutterstock_24050524
洗濯表示を確認しましょう
洗濯表示をよく確認し、棉の毛布や洗濯が可能な毛布であれば、自宅の洗濯機で洗うことができます。どのように毛布を洗えば良いのか、その方法を確認しておきましょう。

自宅で洗う場合

毛布の洗濯表示を確認し、洗濯可能であれば洗濯機、またはお風呂場で洗いましょう。

ほこりを落とす
まずは物干しざおかけて軽くたたき、ほこりを払います。
汚れが気になる部分に直接洗剤をかける
肌に触れる部分(顔の下に来る部分など)は、汗や皮脂で汚れがつきやすくなっています。汚れが気になるところには、直接洗剤をかけてたたき洗い、揉み洗いをしましょう。
じゃばらに折る
汚れている面が外側にくるようにじゃばらに折りたたんで、大物用の洗濯ネットに入れます。
洗濯機に入れる
汚れを落としたい部分が下にくるように洗濯機に入れます。水を入れると毛布が浮き上がってくるので、両手でしっかりと水の中に沈めるように何度か押してから洗濯機を回し始めましょう。
M字にして干す
二本の物干しざおを使い、毛布が「M」字になるようにして干すと早く乾かすことができます。

お風呂場で洗う場合

洗濯機に毛布が入らない時は、お風呂場の浴槽に毛布を入れて、足で踏み洗いをしましょう。その後、お風呂の縁にかけて水気を落とした後、物干し竿にM字干しになるように干して乾かします。

コインランドリーを使う

自宅で洗う事が難しいようであれば、コインランドリーを使うという方法もあります。コインランドリーの乾燥機を使えば、乾くのもあっという間です。また、布団を洗うことができるコインランドリーもありますので、布団と毛布を一緒にきれいにしてしまうのも良いかもしれません。

毛布を洗濯する頻度は1ヶ月に1~2回

日常のお手入れは風に当てるだけ、日陰干しをするだけでも十分ですが、毛布を洗濯する頻度は1ヶ月に1~2回が好ましいです。家庭用の洗濯機ではなかなか難しいという場合も、お風呂場で洗ったり、コインランドリー、ドライクリーニングを利用するという手もあります。上手に活用して、清潔な状態で使用してくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。