【重要】 大東エナジー「いい部屋でんき」ご利用中の方へ
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 生乾きの悩みを解消!寒い時期は洗濯物の部屋干しでキマリ!
 

生乾きの悩みを解消!寒い時期は洗濯物の部屋干しでキマリ!

毎日の暮らし

暖房費と同様に、寒い時期のお悩みのタネ・洗濯物の生乾きを解消するコツは、暖房を上手に利用することにありました!主婦の悩みを一気に解決する、一石二鳥どころじゃない方法をご紹介します。

春は近いというものの、まだ冬の寒さが続きそうですね。

暖房費とともに洗濯物の生乾きが悩みのタネのこの時期ですが、どうせ暖房を入れるなら、活用しなきゃ損
冬の暖房を最大限に利用して、節約しながら洗濯物をカラリと乾かす、部屋干しの極意をご紹介しましょう。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

暖房を利用して洗濯物を乾かしましょう

掃除や食事の用意とともに、「洗濯」は重要な家事の一つ。小さな子供のいる家庭では、洗濯は毎日しても間に合わないことも多いですね。
これが乾かなきゃ着るものないよ~!なんて事態をさけるためにも、上手に洗濯物を乾燥させたいもの。冬の家計の悩みのタネ、「暖房」を上手に利用して、洗濯物をカラリと乾かしてみせましょう。

乾燥しているのに乾かない!?冬の外干しの謎

冬の気候の特徴である、空気の乾燥。洗濯物も乾きやすいハズじゃない?
そう思うのが落とし穴。一日中日の当たる場所に干していても、なかなか洗濯物は乾きません。なぜなのでしょうか?

実は、洗濯物を乾きやすさを左右するのは空気中の飽和水蒸気量。簡単にいえば空気中の水分含有量のことなのですが、水分含有量が多い空気の状態の方が、水分を含んだ洗濯物の乾きが速いのです。
飽和水蒸気量は温度と密接に関係していて、

気温が高い状態
空気が水分を含める量が多く洗濯物が乾きやすい
気温が低い状態
空気が水分を含める量が少なく洗濯物が乾きにくい

つまり、寒い時期は飽和水蒸気量をあげるために「暖房」を上手に利用して、洗濯物の生乾きの悩みも一気に解決!高い暖房費を活用・節約して快適に過ごせばいいのです。

快適な環境をつくる温度と湿度の関係

暖房器具の種類にかかわらず、設定温度が低い方が節約になるのはみなさんよくご存じのとおり。節電のための暖房の設定温度は20℃以下が目安です。
洗濯物の乾きやすさを実感する初夏の気温は18℃前後ですから、暖房で十分洗濯物を乾かすことができますね。

でも、暖房の20℃って意外と寒い・・・。

そう感じるのは湿度が足りないのかもしれません。

湿度は体感温度をあげる大事なファクター、人間が快適な温度を感じるためには、温度と湿度のバランスが大事なのです。
暖房費節約のために設定温度を低く抑えるには、50%前後の湿度を保つことが理想。つまり、室内で洗濯物を干せば、湿度があがり、より暖かくなるのです。

電気代を比較してみよう

洗濯物の部屋干しに向いている暖房機は、なんといってもエアコンです。
最近の住宅は気密性が高く洗濯物から蒸発した湿気が室内から逃げずに、室内の湿度をあげすぎてしまうのですが、エアコンは室内の冷気を室外に追い出す方式の暖房器具なので、飽和水蒸気を室内に貯めこまないメリットがあるのです。

洗濯物を毎日2時間の乾燥させると・・

  •  天日干し                 電気代     0円
  •  浴室乾燥機(消費電力1300~1500W/h)   電気代1700~1900円
  •  洗濯機の乾燥機能(消費電力750~850W/h) 電気代1100~1500円
  •  エアコン(消費電力450~550W/h)     電気代 500~ 900円

数字にしてみると、意外とかかる乾燥代。電気は大切に使いたいですね。

暖房費を活用する部屋干しのススメ

洗濯物の部屋干しは、節約に暖房効果アップにメリット高し!

暖房を使って効率よく部屋干しをするために、重要なポイントを紹介していきましょう。

おススメの洗濯方法

部屋干しで効果的に洗濯物を乾かすのは、深夜から早朝にかけて、お風呂の残り湯を利用した洗濯。夜22時頃から翌朝8時頃までに使った電気料金を割引してくれる「時間帯別電灯契約」の利用がおススメです。

洗濯のポイント

  • 洗剤の酵素の働く37度前後のお湯を活用してキレイに洗い上げる!

    洗濯時間も酵素が活発になる20分以上にするといいですよ。
  • 脱水時間は夏場よりも長めに!

    乾いたバスタオルを入れて、もう一度脱水をするとカラリとします。
  • 脱水後は就寝中の乾燥対策で寝室内で部屋干し

    昼間は天日にあてて殺菌消毒をしましょう。
  • 寒い時期の洗濯物の外干しは、日が沈む15時までに取り込むのが基本!

    早めに取り込んで、夕方は居間で部屋干しをして仕上げましょう。

干し方も工夫しましょう

効率よく洗濯物を乾かすコツは、あまり多くの洗濯物を一度に干さないことです。

干し方のポイント

  • 洗濯物の間を十分に空けましょう。
  • バスタオルなどの大物は、ジグザグ干しをしましょう。
  • ジーパンはハンガーで胴回りを開けると乾きやすくなります。
  • 厚手のフード付きトレーナーは、裏返しにして逆さに干すといいですよ。

洗濯物の下にはダイレクトに湿気がたまりますので、布団などの湿気ったら困るものを置かないようにしましょう。 洗濯物の下に吸湿性の高い新聞紙をおくと、余分な湿気を吸ってくれるので、試してみて下さい。

活用したい!便利なグッズ

部屋干しに便利なグッズも市販されています。活用して、洗濯のイライラを解消したいですね。

ツッパリポール式の物干し
使わない時はフックを折れば、目立たない!
除菌力や消臭力の強い洗剤
生乾きの嫌な臭い対策に!
アロマ入りの柔軟剤
部屋中に良い匂いが広がり、気分転換に!

節約とは生活を楽しむための楽しい工夫です

生活の無駄や不便を見直して、もっともっと節約効果をあげましょう!部屋干しの節約効果を確かめるためには、エネチェンジプラン診断がおススメ。エネチェンジプラン診断はパソコン・スマートフォンを使って簡単に、ご家庭ごとの最適な電気料金プランを診断して、ご家庭の電気料金プランの見直しをサポートをします。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数