エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 温度と湿度の関係性を探ろう!快適な温度と湿度とは?
 

温度と湿度の関係性を探ろう!快適な温度と湿度とは?

毎日の暮らし

梅雨の季節や夏場は湿度や温度が気になりますよね。湿度と温度の関係性を詳しく知って、快適に過ごせる方法を考えましょう。

「今日は寒いね」「湿度が高いね」などと話題に出ることも多い温度と湿度は、私たちの生活にとても密接に関係しています。温度と湿度について探ってみましょう。

温度ってなに?

天気予報出てくる気温、すなわち温度ですが、そもそも温度とは何でしょうか?日本は一般的に温度の単位を「摂氏=C」を使いますが、これは、標準大気圧の下で水が氷る温度を0℃、水が沸騰する温度を100℃とし、その間を100で刻んだものです。一方、アメリカやイギリスなど英語圏では「華氏=F」を使います。華氏では水が氷る温度を32℉、水が沸騰する温度を212℉としています。華氏を使用していると気温がマイナスで表示することは少なくなります。

華氏を摂氏に変換する

英語圏ではメジャーな華氏ですが、普段摂氏を使い慣れている私たちからすると、華氏で表示された温度を見てもピンときません。しかし以下に示した式を使えば、大まかな摂氏での温度を知ることができます。

  • (華氏-30)÷2=摂氏

つまり、華氏が60℉であれば、摂氏で約15℃。少し肌寒さを感じつつも長袖を着ると過ごしやすい温度といえます。
参照:摂氏華氏(°C/°F)って何?温度を簡単に変換する方法 | nanapi [ナナピ]

湿度ってなに?

温度と同じくらいよく使い正体が良く分からないのが、湿度。湿度とは、空気中にどれだけの水分が含まれているかを示した割合です。湿度には絶対湿度と相対湿度の二種類があり、私たちが普段使っているのは相対湿度です。

相対湿度
その時の温度による空気が水蒸気を含む事ができる上限に対して、どの程度水蒸気が含まれているかを示したもの
絶対湿度
1kgの空気の中にある水蒸気の量を示したもの

空気はその時の温度によって含むことができる水分量が異なります。温度が低ければ低いほど少ない量の水しか含むことができず、温度が上がるにしたがって含むことができる水分の量が増えていきます。そのため10℃での湿度50%と20℃での湿度50%では、湿度の数値自体は同じですが、実際に空気中に含まれている水分量が異なります。

結露する理由

夏に氷を入れた冷たいグラスが汗をかいたり、冬場に窓ガラスに水滴がつくことを結露といいます。これは温度変化により空気が含むことができる水分の量の限界を超えたために、空気中の水分が水になって洗われたものです。結露している場所というのは、特にその時空気が冷えた場所であることが分かります。

湿度と温度、どれくらいが心地よいの?

shutterstock_260392793
快適な温度と湿度は?
できるだけ毎日快適に過ごしたいと誰もが考えますが、温度と湿度はどれくらいが過ごしやすいのでしょうか。季節やその時に着ている衣類によっても温度の感じ方、心地よいと感じる温度と湿度は変わってきます。

法令での基準

建築物衛生法という法律では、以下の湿度を保てるように、空調設備の維持を務めるように指定されています。

  • 相対湿度 40%以上70%以下

湿度が40%を下回ると乾燥を感じ、インフルエンザなどに感染しやすくなります。また湿度が70%を超えるとカビが繁殖しやすくなり、汗が乾かず不快感を感じるようになります。
参照:建築物環境衛生管理基準について|厚生労働省

不快指数から考える

不快指数とは、気温や湿度によって感じる「不快だ」という感覚を数値化したものです。アメリカで1959年から使われています。湿度に関する不快感だけではなく、温度が高すぎて(暑くて)不快、温度が低すぎて(寒くて)不快、なども不快指数に表示されます。不快指数は以下の計算式から求めることができます。また不快指数は出た数値からどのように感じているのかを知ることができます。

  • 0.72×(気温+湿球温度)+40.6=不快指数
54以下
寒い
55~59
肌寒い
60~74
快適
75~79
やや暑い
80~84
暑くて汗が出る
85~
暑くてたまらない

湿球温度とは温度計の一番下、赤い玉の部分をガーゼで包み、そのガーゼが常に濡れているように水が入った入れ物が設置されています。ガーゼに含まれた水が蒸発するときに温度計の赤い玉の部分の熱も一緒に奪われます。そのため、空気が乾燥している時ほど、ガーゼを巻いていない温度計(乾球温度)との間に差が生まれます。

省エネが求める温度

近年ウォームビズ、クールビズという言葉が広がり定着してきました。政府が提唱するウォームビズ、クールビズの温度は以下の通りです。

ウォームビズ(冬場の温度)
18℃~20℃
クールビズ(夏場の温度)
28℃

 

快適だと感じるために

shutterstock_342988046
快適な空間にしよう
私たちが快適だと感じるためには、不快指数が60~75だとちょうど良いようです。
不快指数 – 高精度計算サイトで、気温と湿度を入力すると不快指数を求めることができます。試しに筆者が一番「心地よい」と感じる気温が25℃なので「気温25℃ 湿度50%」と入力してみたところ不快指数が70を少し超えました。快適だと感じる数値です。面白いのでいろいろ入力して試してみてくださいね。

快適な気温と湿度を保つには、換気が大切です

私たちが心地よいと感じるためには気温と湿度が密接に関係しています。気温が高くても湿度が低ければ不快さは減りますし、気温が低くても湿度が高いと寒さを感じにくくなります。蒸し暑い夏には風が吹くだけで体感温度が下がり、涼しく心地よく感じることができます。エアコンをつけた部屋にこもりっぱなしになってしまわず、定期的に窓を開けて空気を入れ替えましょう。また、エアコンだけでなく扇風機も回して風を送ると、設定温度を低くしないでも心地よく過ごすことができます。夏を快適に過ごすためには、除湿をして空気中の湿度を下げるだけでも効果があります。エアコンの「クール」だけに頼らず、省エネを意識しながら賢く過ごしましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。