【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. シーリングファンの電気代とメリットとデメリットもご紹介
 

シーリングファンの電気代とメリットとデメリットもご紹介

電気代の節約、節電テクニック

天井に取り付ける扇風機「シーリングファン」を設置しているご家庭や、設置を検討されているご家庭は多いのではないでしょうか?シーリングファンの効果や電気代などを分かりやすく説明します。

シーリングファンを設置されている方も多いのではないでしょうか?でも。どのくらい電気代がかかっているのか知っていますか?また、これから設置を考えている方向けに、シーリングファンの効果や電気代についてご説明します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

シーリングファンとは?

シーリングファンとは、天井に取り付けるタイプのファンのことをいいます。

シーリングファンの役目は、天井にファンを取り付けて回転させることにより、部屋の中の空気を循環させて室内の温度を均等に保ってくれるほか、冷暖房の効き目を向上してくれます。中心にライトが付いているタイプやリモコン操作ができるタイプもあるので、室内照明として利用も可能です。お部屋の雰囲気にあわせてデザインを選ぶことができますよ。

シーリングファンの電気代はどのくらい?

パナソニックの天井扇(シーリングファン) F-MG111を例に計算してみましょう。一般的な家庭の電気代27円/1kWhで計算してみると、シーリングファンの消費電力が44Wなので、1時間で1.19円となります。

  • 44W÷1000×1時間×27円=1.19円

参照:天井扇(シーリングファン) F-MG111 商品概要 | 扇風機/天井扇(シーリングファン) | Panasonic

24時間ずっと回している場合は1日28.51円、1カ月の電気代は855.36円ですね。思ったよりも電気代はそれほどかかっていないことが分かります。

シーリングファンの電気代
1時間あたり
1.19円
1日あたり
28.51円
1カ月あたり
855.36円

シーリングファンのメリット、デメリットは?

シーリングファンのメリット、デメリットも知っておきましょう。

メリット

インテリアとしてだけでなく、省エネにつながるのが嬉しいですね。

  • 暖房や冷房を部屋全体に拡散してくれるので冷暖房の効率を上げてくれる
  • 冷暖房の効率を上げてくれることによって省エネ・節電に繋がる
  • オシャレなインテリアとして取り入れやすい
  • 部屋干ししてもすぐ乾くので部屋干しの臭いが出にくい
  • 温風が部屋の上部にたまってしまったり、冷風が部屋の下部にたまってしまったりするのを防いでくれる

デメリット

どうしても付けたいという人は、お部屋を選ぶ、家を建てる段階で、天井の高さを気にする必要がありますよ。

  • 低い天井に設置してもあまり効果が感じられないのである程度の高さの天井が必要
  • 天井に取り付けているので、羽の上にたまる埃を掃除するのがちょっと大変

シーリングファンの電気代まとめ

シーリングファンとはどんなものなのか、電気代がどのくらいかかるのかがわかりましたね。今回例に挙げたパナソニックのシーリングファンは58,000円(税抜)とお値段が張りますが、市場に出ている物は安いもので15,000円くらいから手に入れることができます。電気代が安くて冷暖房の効率を上げてくれるのであれば一家に1台取り付けたいアイテムだと言えるのではないでしょうか。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。