エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. DCモーターの省エネ扇風機一覧!電気代が安い理由や機能を比較してみました
 

DCモーターの省エネ扇風機一覧!電気代が安い理由や機能を比較してみました

電気代の節約、節電テクニック

消費電力の少ないDCモーターを採用した省エネな扇風機が人気となっています。省エネ、音が小さいなど、DCモーター扇風機の2015年最新機種の機能をメーカーごとに比較し、ご紹介します。

最近の扇風機はサーキュレーター機能や空気清浄機能がついているものや、コンパクトでかつデザイン性に優れているものなど様々な機種が発売されています。また、消費電力の少ないDCモーターを採用した省エネな機種も人気となっています。

扇風機を買い替える際に省エネ性を重視する人は多いでしょう。ここでは、省エネなDCモーター扇風機の2015年最新機種をメーカーごとに比較し、ご紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなります
エアコンは使いたい、でも電気代もできるだけ安くすませたい……そんな人たちが今やっているのが電力会社の見直しです。自分の生活スタイルにあった電気料金プランに変更するだけで、同じ使い方をしていても電気代が安くなります。さぁ、アナタも電力会社を探してみて!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

DCモーター扇風機はなぜ電気代が安いの?

扇風機にはACモーター扇風機とDCモーター扇風機があります。これまでの扇風機はACモーター扇風機のみでしたが、最近は消費電力が少ないDCモーター扇風機が多く登場してきました。

ACモーター扇風機とDCモーター扇風機の違いは?

air conditioner with fan
ACモーター扇風機は、AC(交流)モーターで羽根を回します。DCモーター扇風機は、DC(直流)モーターで羽根を回します。
DCモーターはACモーターよりもモーターの回転を幅広く設定することができます。そのため、DCモーター扇風機はこれまでのACモーター扇風機よりも小さな風を効率よく起こすことができるようになりました。さらに、回転数をより小さくできる分かかる消費電力を抑えることができます。

扇風機の「強」「中」くらいの風量で運転することが多かった昔に比べ、現在はエアコンの補助として扇風機を使う場面が増えてきたため、小さな自然な風も起こせて電気代も安いDCモーター扇風機の需要が広まり、人気・注目が高まっています。

2015年も各メーカーからDCモーター扇風機が発売されています。メーカーごと最新のDCモーター扇風機の特徴と電気代を以下に比較しました。

日立の2015年最新DCモーター扇風機

日立が2015年に発売したDCモーター扇風機は、「ハイポジション扇HEF-DC3000」「リビング扇HEF-DC100/HEF-DC50」です。

日立の2015年最新DCモーター扇風機の特徴は?

HITACHI-fan-imae
画像出典:ニュースリリース:2015年3月25日:日立

日立の2015年最新DCモーター扇風機の最大の特徴は、「うちわ風」。DCモーターの低速回転により、穏やかでやさしい微風運転を実現し、就寝時にうれしい心地のよい微風(うちわ風)から、すぐに涼みたいときのパワフルな強風まで、風量を8段階(ハイポジション扇)6段階(リビング扇)から選べます。

出典:空調機器:日立コンシューマ・マーケティング株式会社リビングサプライ社

日立の2015年最新DCモーター扇風機の電気代は?

日立「ハイポジション扇HEF-DC3000」「リビング扇HEF-DC100/HEF-DC50」の電気代は以下のようになっています。

ハイポジション扇
HEF-DC3000
1時間あたり約0.05円~0.5円(最小2W~最大21W)
リビング扇
HEF-DC100
1時間あたり約0.05円~0.5円(最小2W~最大21W)
リビング扇
HEF-DC50
1時間あたり約0.04円~0.4円(最小1.6W~最大18W)

1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算してます。

パナソニックの2015年最新DCモーター扇風機

パナソニックがが2015年に発売したDCモーター扇風機は、「リビング扇F-CL339/F-CL338」です。

パナソニックの2015年最新DCモーター扇風機の特徴は?

panasonic-fan-image
リビング扇 F-CL339画像出典:Panasonic

パナソニックの2015年最新DCモーター扇風機の最大の特徴は、「1/fゆらぎ」と「7枚ひねり羽」。
「1/fゆらぎ」は、信州の蓼科高原に吹く風を計測、風速や強弱のリズムなど緻密なデータを採取・分析し、DCモーターで再現したというもの。「7枚ひねり羽」は、羽根全体に大きな「ひねり」を加え、羽根全体で風効率的かつ広範囲に送り出します。

出典:心地よさの機能 | 扇風機/天井扇(シーリングファン) | Panasonic

パナソニックの2015年最新DCモーター扇風機の電気代は?

パナソニック「リビング扇F-CL339/F-CL338」の電気代は以下のようになります。

リビング扇F-CL339
1時間あたり約0.05円~0.5円(最小2W~最大22W)
リビング扇F-CL338
1時間あたり約0.05円~0.4円(最小2W~18W)

1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算してます。

東芝の2015年最新DCモーター扇風機

東芝が2015年に発売したDCモーター扇風機は、「リビング扇風機F-DLT1000/F-DLT75/F-DLT65」です。

東芝「リビング扇風機F-DLT1000/F-DLT75/F-DLT65」の特徴は?

toshiba-fan-image
画像出典:東芝ホームテクノ株式会社|Topics|扇風機の発売について

東芝の2015年最新DCモーター扇風機の最大の特徴は、風量自動コントロール機能が搭載(F-DLT1000/F-DLT75)されていて、温度と湿度にあわせて自動で風量調節ができるという点。
F-DLT1000は7枚羽根+斜流ファンによるなめらかな風、F-DLT75/F-DLT65は9枚羽根によるが広がるきめ細かな風が特徴です。

出典:東芝ホームテクノ株式会社|Topics|扇風機の発売について

東芝の2015年最新DCモーター扇風機の電気代は?

東芝「リビング扇風機F-DLT1000/F-DLT75/F-DLT65」の電気代は以下のようになります。

リビング扇風機F-DLT1000
1時間あたり約0.05円~0.4円(最小2W~最大16W)
リビング扇風機F-DLT75
1時間あたり約0.04円~0.3円(最小1.7W~最大15W)
リビング扇風機F-DLT65
1時間あたり約0.04円~0.3円(最小1.7W~最大15W)

1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算してます。

ユーイングの2015年最新DCモーター扇風機

ユーイングが2015年に発売したDCモーター扇風機は、「Fando UF-DTR30H」「DCモーターリビング扇UF-DTS30H/UF-DS30H」です。

ユーイングの2015年最新DCモーター扇風機の特徴は?

uing-fan-image
DCモーターリビング扇UF-DTS30H画像出典:DCモーターシリーズ|扇風機|商品情報|株式会社ユーイング
ユーイングの2015年最新DCモーター扇風機の最大の特徴は、1台で2種類の風「ノーマル風」「ワイド風」を作り出す気流フラップが搭載されているというもの。
「ノーマル風」は8メートル先まで届き、「ワイド風」は1.1メートルの幅に風が広がるという。
さらに風向きを下向き15°~上向き90°と広範囲に向けることも可能で、広いリビングでも隅々まで風を送り届けることができる。
サーキュレーターとしてエアコンとの併用もしやすい点にも注目です。
出典:DCモーターシリーズ|扇風機|商品情報|株式会社ユーイング

ユーイングの2015年最新DCモーター扇風機の電気代は?

ユーイング「Fando UF-DTR30H」「DCモーターリビング扇UF-DTS30H/UF-DS30H」の電気代は以下のようになっています。

Fando UF-DTR30H
1時間あたり約0.07円~0.5円(最小2.8W~最大21W)
DCモーターリビング扇UF-DTS30H
1時間あたり約0.06円~0.6円(最小2.7W~最大24W)
DCモーターリビング扇UF-DS30H
1時間あたり約0.06円~0.3円(最小2.6W~最大14W)

1kWhあたりの電力量料金を25.91円として計算してます。

扇風機を上手に使って夏の電気代を節約!

air_conditioner-fan
2015年最新の扇風機を比較してみると、各メーカーごとに「風」に大きな特徴があることがわかります。より自然に近い風を再現したものから、遠くまで幅広く届く風のものまで様々です。夏エアコンを使う際は、消費電力が少ないDCモーター扇風機を併用して回すことでエアコンの働きを助け、冷房の電気代を節約することができます。

夏に向けて電気料金プランも見直しておきましょう。

electric-fan-2
夏は扇風機やエアコンを多く使いますが、家電の電気代は使う電気料金プランによって大きく変わってきます。
電気料金プランは、プランごとに設定されている時間帯別の単価が異なります。そのため、ご家庭で一番電気をたくさん使う時間帯の電気の単価が安いプランを選ぶことで、電気を安くお得に使っていくことが可能になります。

冷房などを使う夏は電気代も気になります。省エネな扇風機を使いながら、電気料金プランの見直しで家庭の電気代を上手に節約していきましょう。
ご家庭に最適な電気料金プランは、
で簡単に診断することができます。エネチェンジ電力比較はご家庭ごとに年間を通して一番お得に使える電気料金プランを診断します。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。