エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. IHクッキングヒーターの電気代はどれくらい?節約に効果的な電気料金プランは?
 

IHクッキングヒーターの電気代はどれくらい?節約に効果的な電気料金プランは?

電気代の節約、節電テクニック

IHクッキングヒーターはどれくらいの電気代がかかるか知っていますか?調理にガスを使わない分、電気代は高くなりがちですが、自分の生活スタイルにあわせた使い方をすることで電気代を節約することができます。この記事ではIHクッキングヒーターにかかる電気代や電気代を安くできる電気料金プランなどを紹介します。

オール電化住宅などで使われているIHクッキングヒーターは、お手入れが楽で火を使わず安全性が高いことから、ガス併用住宅の家庭での導入も増えてきています。

ただ、導入を検討する際に気になるのが、IHクッキングヒーターの使用にかかる電気代や、ガスと比較したときにどっちがおトクかということでしょう。この記事では、IHクッキングヒーターの電気代やガスとの比較、さらに電気代の節約に効果的な電気料金プランの選び方などを紹介します。

記事を読み進める前に…
オール電化でもおトクに◎電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが効果的。ライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで電気代が安くなるんです。まずはお住まいの地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

IHクッキングヒーターとは?

参考:IHとは? | 東北電力

IHクッキングヒーターの「IH」は「Induction Heating(誘導加熱)」の頭文字を取ったものです。IHクッキングヒーターでの調理はこの「誘導加熱」によって行われます。

IHクッキングヒーターの内部には磁力発生コイルがあり、ここへ電気を流すことでに磁力線を発生させます。この磁力線がヒーター面に接した鍋底を通るときに「うず電流」を発生させ、鍋そのものを発熱させます。

IHクッキングヒーターは、火を使わず安全性が高いほか、熱伝導が非常に高くエネルギーロスが少ないのも大きな特徴です。

IHクッキングヒーターの電気代はどれくらい?

電気代の計算方法!一回の調理にかかる電気代はいくら?
では実際にIHクッキングヒーターはどれくらいの電気代がかかるのでしょうか?家庭でカレーを調理する場合を例に、簡単に計算してみましょう。

IHクッキングヒーターの電気代計算式

IHクッキングヒーターの電気代は、一般的な家電製品の電気代を計算するのと同じように算出します。計算には以下の式を用います。

消費電力(kW) × 使用時間(h) × 電力量料金 = 電気代

カレーを作る工程を炒め(強火/3000W)5分、煮込み(中火/1000W)15分、ルーを入れてからの最終煮込み(弱火/500W)10分とした場合で、また電力量料金は27円/kWhで計算してみましょう。計算をする際は、消費電力を「kW」に直して行います。

IHクッキングヒーターでカレーを作るときの電気代
炒め工程
3.0(kW) × 1/12(h) × 27(円) = 6.75円
煮込み工程
1.0(kw) × 1/4(h) × 27(円) = 6.75円
ルーを入れたあとの煮込み工程
0.5(kw) × 1/6(h) × 27(円) = 2.25円

IHクッキングヒーターでカレーを作る場合の電気代は、上記を足した15.75円となります。火加減や各工程にかける時間、契約している電気料金プラン(電力量料金)によって金額は変わってきますので、目安として考えておくとよいでしょう。

IHクッキングヒーターの電気代とガスコンロのガス代はどっちがおトク?

オール電化とガスはどっちがお得!?エネルギーコストを比較
IHクッキングヒーターの導入を悩んでいる場合にもうひとつ気になるのが、「IHクッキングヒーターとガスコンロはどちらがおトクなのか」ということでしょう。東京電力「従量電灯B」を例に、電気とガスのエネルギーコストを比較してみると以下のようになります。
電気とガスの1kWhあたりのエネルギーコスト比較
種別1kWhあたりのエネルギーコスト
電気(東京電力「従量電灯B」)最初の120kWhまで(第1段階料金)19.52円
121kWh~300kWh(第2段階料金)26.00円
301kW~(第3段階料金)30.02円
ガスLPガス24.82円
都市ガス11.15円

LPガスの発熱量を24,000kcal/m3、都市ガスの発熱量を11,000kcal/m3として計算。また、1kWh=860kcalとして計算しています。LPガス価格は日本LPガス協会の東京地区の一般小売価格(2019年3月時点)より算出し計算しています。出典:日本LPガス協会都市ガス価格は東京ガスの東京地区等の一般契約料金(基準単位料金)より算出し計算しています。出典:東京ガス

比較してみると、都市ガスのエネルギーコストがとくに優れていることがわかります。ただし、電気も使い方を見直すことで大幅なコスト削減につなげられます。くわしくは次の項目でご紹介していきます。

IHクッキングヒーターの電気代を節約に効果的な電気料金プランは?

IHクッキングヒーターをよりおトクに使うには、電気料金プランの見直しが効果的です。ポイントになるのは「時間帯」です。とくにIHクッキングヒーターをよく使うことになる夜間の電気代が安くなる電気料金プランを選ぶことで、電気代を抑えることができます。

では、具体的にどのような電気料金プランがあるのでしょうか。いくつかピックアップしてご紹介します。

HTBエナジー たのしいでんき「ママトクコース」

HTBエナジーのたのしいでんきが提供する「ママトクコース」は、夕飯の準備が忙しくなる19時~21時の電気代が無料になる電気料金プランです。この時間帯にIHクッキングヒーターで調理を行う家庭では、電気代の大きな節約になるでしょう。

このプランの提供エリアは、北海道電力エリア、東北電力エリア、北陸電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアとなっています。

なお、電気代が無料になる時間帯以外でも各エリアの旧一般電気事業者の電気料金に比べて電力量料金が5%安く設定されているので、他の時間帯でもおトクに電気を使用できます。一方で、「ママトクコース」では基本料金が高めに設定されている点には注意が必要です。

昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン」

サービスステーションとしておなじみの出光興産が展開する昭和シェルの選べる電気では、2019年4月より、オール電化住宅向けプランとして「オール電化プラン」を提供しています。夜間の電気料金がおトクになるプランで、供給エリアごとに時間帯などの設定が異なります。エリアによってはIHクッキングヒーターの電気代を大きく節約できるでしょう。

供給エリアは、北海道電力エリア、東北電力エリア、北陸電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリアとなっています。

中でも、北陸電力エリア向けプラン中国電力エリア向けプランは、IHクッキングヒーターをよく使用する家庭で電気代の節約になる可能性が高いでしょう。

昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン(北陸電力エリア)」

区分単位出光昭和シェルの選べる電気
オール電化プラン(kVA)料金(税込)
北陸電力
くつろぎナイト12料金(税込)
基本料金10kVA以下1契約
1520円00銭1620円00銭
上記を超える場合1kVA227円60銭237円60銭
電力量料金
昼間
平日8時〜20時
夏季(7月1日~9月30日)1kWh34円31銭34円31銭
夏季以外24円61銭24円61銭
休日
8時〜20時
19円28銭19円28銭
夜間
20時〜翌8時
12円28銭12円28銭
出光昭和シェル「オール電化プラン(kVA)」の休日とは土曜日、日曜日及び祝日、1月2日~1月4日、5月1日~5月2日、12月30日~12月31日をいいます。北陸電力「くつろぎナイト12」の休日とは、土曜日、日曜日、「国民の祝日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、1月4日、5月1日、5月2日、12月30日及び12月31日をいいます。

北陸電力では、20時~翌8時までの電気料金がおトクになるオール電化向けプランとして「くつろぎナイト12」を提供していますが、昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン」は、基本料金がさらに安く設定されています。

20時以降の電気代が安くなるため、夕飯の準備が遅めの家庭におすすめです。

昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン(中国電力エリア)」

区分単位出光昭和シェルの選べる電気
オール電化プラン(実量契約)料金(税込)
中国電力
電化Styleコース料金(税込)
基本料金10kW以下1契約
1520円00銭1620円00銭
上記を超える場合1kW389円60銭399円60銭
電力量料金
デイタイム
平日9時〜21時
夏季(7月1日~9月30日)1kWh32円08銭32円08銭
夏季以外30円06銭30円06銭
ナイトタイム
平日21時〜翌9時
14円60銭14円60銭
ホリデータイム
休日
14円60銭14円60銭
出光昭和シェル「オール電化プラン(実量契約)」の休日とは土曜日、日曜日及び祝日、1月2日~1月4日、5月1日~5月2日、12月30日~12月31日をいいます。中国電力「」の休日とは、土曜日、日曜日及び祝日、1月2日~1月4日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日をいいます。

中国電力が提供するオール電化向けプラン「電化Styleコース」は、平日21時〜翌9時と休日の電気代が安く設定されていますが、昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン」では、さらに基本料金が安く設定されています。

平日の21時以降と休日の電気代が安くなるため、共働きで帰宅や夕飯の準備が遅い家庭や休日によく料理をする家庭におすすめです。

昭和シェルの選べる電気「オール電化プラン」は、その他のエリアでも夜間の電気代が割安に設定されています。具体的な料金設定やおトクになる時間帯はエリアごとに異なりますので、以下の記事もあわせてご覧ください。

IHクッキングヒーターの電気代を節約するなら電気料金プラン選びが重要!

IHクッキングヒーターの電気代について紹介しました。

IHクッキングヒーターを導入で以前よりも電気代が高くなってしまったという方は、電力会社や電気料金プランの見直しを検討してみましょう。各エリアの旧一般電気事業者で、夜間や休日の電気代がおトクになるオール電化向け電気料金プランが選択できるほか、エリアによっては新電力からもおトクな電気料金プランを選べる可能性があります。

自分が住んでいるエリアでよりおトクにIHクッキングヒーターを使える電気料金プランをお探しの方は、まずはエネチェンジ電力比較で診断をしてみましょう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。