1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. IHクッキングヒーターの電気代は高い?節約方法は?
 

IHクッキングヒーターの電気代は高い?節約方法は?

電気代の節約、節電テクニック

IHクッキングヒーターの導入を検討する際、かかる電気代や、ガスと比べるとどっちがお得なのか、ということが気になります。IHクッキングヒーターにかかる電気代やガスとの比較、さらに、電気代節約方法もあわせてご紹介します。

オール電化などで使われているIHクッキングヒーターですが、手入れが楽な面や、火を使わない安全面からガス併用住宅のご家庭や高齢者のご家庭が導入を検討する場面も多く見られます。
IHクッキングヒーターの導入を検討する際、かかる電気代や、ガスと比べるとどっちがお得なのか、ということが気になります。
IHクッキングヒーターの電気代やガスとの比較、さらに、電気代節約方法もあわせてご紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

IHクッキングヒーターってどのくらい電気代がかかるの?

IHクッキングヒーターにはどのくらい電気代がかかるのでしょうか?実は、IHクッキングヒーターにかかる電気代は、調理をする時間帯によっても変わってくることがあります。

IHクッキングヒーターとは

electricity house
IHクッキングヒーター
IHクッキングヒーターとは、IHと呼ばれる電磁線を使った調理器具で、電気を熱源とします。鍋やフライパンなどの調理器具を電磁波により振動させ過熱します(IH専用調理器具が必要です)。
そのため、IHクッキングヒーター本体は熱を発しません。熱伝導が非常に高いため、エネルギーロスが少ないのも特徴です。

IHクッキングヒーターの電気代

電気代の計算方法!一回の調理にかかる電気代はいくら?
IHクッキングヒーターを使う際は、これまでガスを使っていた分を電気で賄うことになるので、電気をたくさん使う家庭向け(オール電化向け)の電気料金プランを契約する場合が多くなります。
IHクッキングヒーターにかかる電気代は、使用する電気料金プランにより、調理をする時間帯で大きく異なる場合があります

電気料金プランごとに、時間帯別に異なる電気の単価設定がされており、例えば東京電力のオール電化向け電気料金プラン電化上手の場合は、同じカレーを作るとしても時間帯によってかかる電気代は以下のように変わってきます。

電化上手プランでカレーを作った際、IHクッキングヒーターにかかる電気代(時間帯別)

時間帯1kWhあたりの電力量料金カレーを作るのにかかる電気代
昼間時間帯
(10時-17時)
38.63円57円
朝晩時間帯
(7時-10時/17時-23時)
25.92円38円
夜間時間帯
(23時-7時)
12.16円18円

カレーを作るのにかかる時間を30分(炒め5分、煮込み15分、ルーを入れて最終煮込み10分)とし、IHクッキングヒーターの消費電力を3kWとして計算しています。
電化上手の夏季(7-9月)の電力量料金で計算しています。

上記のように、電気料金プランというのは時間帯により電気の単価(1kWhあたりのn電力量料金)が異なり、同じカレーを作る場合でも作る時間帯によってかかる電気代は57円、38円、18円、といったように大きく変わります

IHクッキングヒーターとガスはどっちがお得なの?

オール電化とガスはどっちがお得!?エネルギーコストを比較
IHクッキングヒーターの導入を悩んでいる場合にもうひとつ気になるのが、「IHクッキングヒーターとガスってどっちがお得?」ということではないでしょうか。IHクッキングヒーターとガスのエネルギーコストを比較してみると以下のようになります。

オール電化とガスの1kWhあたりのエネルギーコスト比較

LPガス
1kWhあたりのエネルギーコストは21.21円
都市ガス
1kWhあたりのエネルギーコストは12.10円
IHクッキングヒーター(昼間時間帯)
1kWhあたりのエネルギーコストは38.63円
IHクッキングヒーター(朝晩時間帯)
1kWhあたりのエネルギーコストは25.92円
IHクッキングヒーター(夜間時間帯)
1kWhあたりのエネルギーコストは12.16円

LPガス価格は石油情報センターの2014年9月13日公表一般小売価格全国平均額より算出し、発熱量を24,000kcal/㎥として計算しています。
出典:石油情報センター

都市ガス価格は東京ガスの東京地区等の一般契約料金(2014年10月検針分)より算出し、発熱量を11,000kcal/㎥として計算しています。
出典:東京ガス

IHクッキングヒーターの電気料金単価は東京電力の電化上手プランの夏季(7-9月)の料金単価をもとに計算しています。

上記を見ると、都市ガスと安い夜間料金が適用されるプランを使った場合の夜間時間帯のIHクッキングヒーターがエネルギーコストが優れていることがわかります。
IHクッキングヒーターは、使用する電気料金プランと調理をする時間帯によってエネルギーコストも大きく変わるため、ご家庭の調理時間帯も考慮したうえでいかに最適な電気料金プランを選ぶことができるかが電気代を節約していくためにとても重要となります。

IHクッキングヒーターの電気代節約方法

はじめにご紹介したように、IHクッキングヒーターにかかる電気代は調理をする時間帯によって大きく変わります。IHクッキングヒーターの電気代を節約するためには、ご家庭の生活スタイルに見合った電気料金プランを選ぶことが重要です。

生活スタイルに見合う電気料金プランを選んでIHクッキングヒーターの電気代を節約

alldenka-saving-3
電気料金プランは時間帯ごとに異なる単価が設定されているので、ご家庭で一番電気をたくさん使う時間帯の電気の単価が安いプランを使うほど電気代は節約できます。

電気料金プランには夜間の単価が一番安く設定されているものが多いですが、日中の時間帯も割高な時間帯とやや割安な時間帯とに分かれているので、家庭で家事や調理をする時間帯が一番割高な時間帯とかぶってしまわないように、一番お得に使える電気料金プランを選んでいくことが大切です。

数ある電気料金プランを見比べてプラン選びをするのは時間もかかり大変ですが、エネチェンジプラン診断をご利用いただくと、その場で簡単にご家庭に最適な電気料金プランを診断することができます。

エネチェンジのここがすごい!

エネチェンジで最適な電気料金プランが診断できる理由は以下のようになります。

地域特性や季節変動を加味して分析しているので年間を通しての料金診断ができる
エネチェンジでは、地域によって違う電気の使い方や季節変動もしっかりと加味した上で分析を行うため、1ヶ月分の電気料金を教えていただくだけでご家庭に最適なプランがわかります。
生活時間帯で変わる最適料金を診断できる
日中と夜間に電気を使うおおよその割合を教えていただくことでご家庭の電気使用状況を分析し、最適なプランを診断しています。
日本全国のプラン情報を網羅!自由化後も幅広くカバーしていくので、一度診断すれば再入力の手間がなくて楽
日本全国全ての電力会社のプランを診断いただけます。
また、電力自由化後、選べる電力会社が増えた際もカバーしていきますので、今後プラン変更をご検討の際も今の情報をもとに、何度でもその時ご家庭に最適なプランを診断していただけます。

エネチェンジ電力比較は、上記のような詳細な分析をしたうえでご家庭に最適なプランを診断しています。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数