エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
 

四国電力はクレジットカード支払いがとってもオトク!

四国電力の電気料金プランを見なおす

四国電力の電気料金支払いには、クレジットカード支払いがとってもオトク!どうオトクなのか、どう申し込めばいいのか、そしておすすめのクレジットカードまで徹底解説!

世の中、ちょっと知っていればオトクになることっていっぱいあります。知る、調べる、そのちょっとした努力をするかしないかが、得をする人損をする人の分かれ道。世知辛い世の中ですが……今、このページをご覧のあなたは”勝ち組”ですよ!
なぜなら多くの場合、四国電力の電気料金の支払いはクレジットカードで支払ったほうがオトクだからです。クレジットカード支払いをご検討中のあなた!正解です!

それでは、四国電力でクレジットカード支払いがオトクな理由と申込方法、そしておすすめのクレジットカードを見ていきましょう!

電気料金の支払いはクレジットカードがオトク!

多くの方にとって四国電力の電気料金支払いは、クレジットカードのほうがオトクです!クレジットカードには金銭的にはポイント還元があり、その他様々な特典があるからですね。それではクレジットカードがお得な理由を、一緒に見ていきましょう!

口座振替割引VSポイント還元

まずは単純に、お金の面から見ていきますよ。

Many a little makes a mickle
チリも積もればなんとやら
四国電力には「振込払い」「口座振替」「クレジットカード支払い」の3つの電気代支払い方法がありますが、「振込払い」は割引もなくいちいちコンビニ等に振込に行かなくちゃいけないのでオススメできません(振込手数料は無料ですが……)。ここでは金銭メリットのある「口座振替」と「クレジットカード支払い」を比較します。

「クレジットカードにはポイントつくから分かるけど、口座振替の金銭メリット??」とお思いのあなた。「口座振替」支払いには「口座振替割引」があるのをご存知でした?下の電気ご使用量のお知らせをよく見てみてください。

四国電力の電気ご使用量のお知らせ


画像引用:電気ご使用量のお知らせ/四国電力株式会社
【6】のご請求予定額の下を見てください。もしこれまで電気料金を口座振替で支払っていたら、ここに口座振替割引の表示がありますよ!口座振替割引は54円/月、648円/年適用されます。これが口座振替の金銭メリットなんですね。さて、問題は口座振替とクレジットカード支払い、どっちが金銭メリットが大きいかってことなんですが、基本的にクレジットカードのほうがオトクです。もちろんクレジットカードの還元率には0.03%~1.5%超まで様々ですが、基本的には口座振替割引よりも大きくなります。詳しく見てみましょう。

1%還元のクレジットカード(楽天カードなど)の場合
月の電気料金が5,400円以下だと口座振替の方がオトク。
1人暮らしだと電気代は3,000円強ですので、その場合は口座振替のほうがオトクになります。
月の電気料金が5,400円以上だとクレジットカード支払いの方がオトク。
2人世帯の電気代は9,000円弱なので、2人世帯以上ではクレジットカードのほうがオトクになります。
0.5%還元のクレジットカード(JCB一般カードなど)の場合
月の電気料金が10,800円以下だと、口座振替のほうがオトク!
3人世帯の電気代は10,000円強なので、3人世帯以下の場合は口座振替のほうがお得です。
月の電気代が10,800円以上だと、クレジットカード支払いのほうがオトク!
4人世帯の電気代は11,000円強なので、4人世帯以上の場合はクレジットカードのほうがお得です。

今度は逆の目線で見ていきましょう。
四国にお住まいの方の電気料金の平均額は11,434円(2013年度総務省統計)ですので、0.47%以上の還元率のあるクレジットカードであれば、口座振替よりもお得になります。この場合仮に還元率1%のカードで電気料金を支払った場合、口座振替割引よりも月60円、年間で720円もお得になります。
整理するとこのようになります。

還元率0.5%のクレジットカードの場合
平均電気使用量だと口座振替よりオトク。ただし1~3人世帯など電気代が10,800円以下の場合は、口座振替のほうがオトクに。
還元率1%のクレジットカードの場合
1人世帯を除いて、約2倍クレジットカードのほうがオトク

還元率の良いクレジットカードを選ぶことが前提ですが、基本的にクレジットカードのほうがオトクです。電気代支払いに最適なクレジットカードの選び方はおすすめクレジットカードで紹介しています。

クレジットカード支払いにするメリットは、これだけに収まりません。実は「固定費」を1つにまとめられるということが、クレジットカード支払いの本当のメリットなのですよ!

固定費をまとめてさらにオトクに

出費には、買い物などで毎月変動する「変動費」と、毎月決まってかかる「固定費」があります。
この固定費には、電気・ガス・水道のような光熱費の他に、以下の様なものがありまして……

  • 家賃
  • ローンの支払い
  • 携帯やインターネットなどの通信費
  • 保険料
  • NHKなどの受信料

これらをみんなクレジットカード支払いにまとめると、3つの点でとってもオトクで便利になるんです。

請求日が1日にまとまる
上で見たように、我々の生活には様々な固定費がかかりますが、それぞれの請求日は同じではありません。ですがクレジットカード支払いにまとめておけば、クレジットカードの請求日に固定費が一括で請求されることになるのです。月に1回だけお金を準備しておけば良いので、やりくりも楽になりますよね。
クレジットカードの明細で全ての固定費をチェック出来る
固定費をまとめておけば、クレジットカードの明細で全ての支払を確認することが出来ます。普段の買い物もそのクレジットカードで行えば、家計簿代わりにもなって便利ですよね!
もちろんポイントが付く!!
クレジットカードでの支払いはポイントが付与されます。電気代だけでなくすべての固定費もクレジットカードで払えば、大きなポイントバックを受けることが出来ます。1つ1つはとても小さいポイント特典ですが、家庭の固定費全部をまとめれば大きな金額になるはずです。
クレジットヒストリーを積み立てられる
クレジットヒストリー(以下クレヒス)は簡単に言うと、クレジットカードの利用履歴のことで、ゴールドカードを作るときやローンを組むときに必要になる信用のことです。毎月支払いで比較的大きな金額である固定費の支払いは、クレヒスを積み立てるのに最適な利用方法なのです。将来ゴールドカードやブラックカードが欲しいという場合は、固定費をクレジットカード支払いにしてクレヒスを積み立てましょう。

このようにクレジットカード支払いにはたくさんのメリットがあります。一人暮らしの方以外は、1%還元率のクレジットカードで電気料金をお支払いになることをおすすめします。

クレジットカード支払いの申込方法

では次に、クレジットカード支払いの申込方法を見ていきましょう。新規申し込みでも、変更お場合も同様の手続きで大丈夫。手続きにはお客様番号が必要なので、「電気ご使用量のお知らせ」を手元に用意してくださいね。

ちなみに以下のマークがあるクレジットカードが利用可能です。
yonden-credit
3大国際ブランドであるVISA・Mastercard・JCBに対応しているので、きっとみなさんもカードでも支払い可能なはずですよ。

クレジットカード会社に申し込む場合

まずはクレジットカード会社のサイト上で、オンライン手続きが出来るクレジットカードを紹介します。

インターネット手続きができるクレジットカード

aeonsaisont3JCB LogoomccfMitsui
ucdcufjnicosYumeOrico

これ以外のカード(楽天カード等)を利用する場合は、四国電力に直接申し込む必要があります。
参考・画像出典:電気料金のお支払い方法/四国電力株式会社

四国電力へ申し込む場合

四国電力への申し込みは、郵送で行います。手続きには1~2ヶ月かかることもあるので、余裕を持って手続きをしましょう。

インターネットで資料請求
こちらの資料請求フォームから電気料金等クレジットカード支払申込書にチェックを入れて申し込み。
近くの窓口で申し込み
ご自宅の近くの四国電力の窓口でも申し込むことが可能です。お近くの四国電力の支店はコチラでチェックできます。

おすすめクレジットカード

ではいったいどんなカードで固定費の支払いをするのが良いのか、気になりますよね?

クレジットカード選びには以下の3つのポイントがあります。

作りやすさ
主婦や学生、あるいはフリーター・自営業など固定収入がない人には、作りにくいカードがあります。発行の難易度というのもカード選びのポイントです。
ポイントなどの還元度
ポイント還元率は0.5%~1.5%が相場ですが、そのポイントの使いやすさも大事。まとまったポイントじゃないと交換できなかったり、交換先が限られている場合もしばしば。中には請求時割引といって、請求時に割引還元してくれるクレジットカードもあるんですよ。
カード会社の信頼度
セキュリティ・カスタマーサポートがどれだけ充実しているかに加えて、カードの社会的”信用”もとっても大事。

この3つのポイントを念頭に置いて、おすすめクレジットカードを紹介していきますよ!

作りやすくて万能なカードが欲しいあなたに!楽天カード

還元率
1%。楽天市場で1ptから使えます。
信頼度
年会費無料カード相応ですが、利用者が多いのは信頼度の証でもあります。
作りやすさ
学生・主婦でも作れるカードです。普通の与信がある人なら誰でも作れます。

JCSI(日本版顧客満足度指数)調査で7年連続1位に輝くカード。利用者数が1200万人(2016年1月)を超え、もはや国民的クレジットカードと言っても過言ではありません。CMでもおなじみですね。溜めたポイントは楽天の全てのサービスで使える他、ANAマイルやEdyに交換することが出来ます。年会費無料で、作りやすさや高還元率、利用者の多さから、どのような場面でも勧められるカードです。
クレジットカード選びは、楽天カードの還元率1%を基準に考えるとよいでしょう。
参照/画像引用:カードのお申し込み/楽天カード

とにかく高い還元率が欲しいあなたに!P-one Wiz

還元率
1.5%(請求から1%引き+Tポイントで0.5%)
信頼度
年会費無料カード相応。運営しているポケットカード株式会社は東証一部上場企業ですので、それなりの信頼度はあります。
作りやすさ
学生・主婦でも作れるカードです。

次に紹介するのが年会費無料の「P-one Wiz」。関連カードを含めると利用者は500万人程にもなります。
このカードの特徴はなんといっても最強の還元率!
Tポイントで0.5%相当のポイント還元に加え、毎月の請求から直接1%割引になるのです。直接割引には、ポイント利用の制限もポイント失効もないので、大変オトクな還元方法ですよね。
これに加えて、入会後6ヶ月はポイント還元3倍キャンペーンが適用されるため、還元率は2.5%に。またP-oneモールという専用のサイトを経由(+0.5%)で、ポイントのつくショッピングサイト(Yahoo!ショッピングなど)を利用することで最大5%の還元を受けることが出来るのです。
オトクという面では、最強のカードになります。
参照/画像引用:お申し込みはコチラ/特典を組み合わせるほどトクをする「P-one Wiz」新登場!

高いステイタスが欲しいあなたに!JCB一般カード【JCB ORIGINAL SERIES】

還元率
0.5%~0.75%(提携店舗で最大10%)
信頼度
保険や保証もノーマルカード最高クラス。
作りやすさ
自身か配偶者の安定収入と一定の与信が必要。フリーターや新卒だと審査落ちもありえます。

世界に冠たる日本発の国際クレジットカードJCBのプロパー(公式)カード。
大人が持っていて恥ずかしくないステイタスのカードなので、いつか信頼のあるゴールド/プラチナカードを持ちたいという方は、このカードで固定費支払いをして信用履歴を積み立てておくと良いでしょう。

年会費(1,250円)はWeb申し込みで初年度無料、次年度以降は年間50万円以上の利用で無料という実質無料のカードになります。50万円以上というのは大きい金額にも思えますが、固定費支払いに使用し、メインの買い物にも使えば、そこまで難しくありません。国際クレジットカードのプロパーカードで年会費実質無料は珍しく、その点からもおすすめです。
還元率は平凡なので、より高い還元率が欲しい方は同様にプロパーカードであるJCB EITカード(還元率:1%)もチェックしてみてください。
参照/画像引用:JCB ORIGINAL SERIESのご紹介/JCB

四国電力クレジットカード支払いのまとめ

夜さり来い♪
四国電力をご利用なら支払い方法は、1人暮らし以外ならクレジットカード支払いがおすすめ。その他クレジットカード支払いにはメリットもありますので、この機会に是非検討してみることをおすすめします。
クレジットカード支払いのメリット
  • 還元率1%のクレジットカード支払いは1人世帯以外口座振替よりもオトク
  • 他の固定費をクレジットカード支払いにまとめるとさらにオトクに!
申込方法
  • クレジットカード会社のサイトでWeb申し込み
  • 四国電力のサイトで資料請求
  • 近くの四国電力の窓口で申し込み

四国電力の電気代をはじめ、各種固定費を支払うのにオススメなカードを3つ紹介しました。

  • 作りやすくて万能なカードが欲しいあなたに!楽天カード
  • とにかく高い還元率が欲しいあなたに!P-one Wiz
  • 高いステイタスが欲しいあなたに!JCB一般カード【JCB ORIGINAL SERIES】
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。