1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 実はあまり高くない!デロンギ オイルヒーターの電気代
 

実はあまり高くない!デロンギ オイルヒーターの電気代

Woman under a duvet in her bedroom 女性 ベット
電気代の節約、節電テクニック

冬の暖房で活躍するオイルヒーター。特にオシャレな見た目に、乾燥せず換気の必要もないデロンギ オイルヒーター、しばしば「高い」と話題になる電気代は本当に高いのか?他の暖房器具と比較し、デロンギオイルヒーターの電気代を抑える最適な使い方を紹介します。

寒い冬の夜は布団をかぶっていてもシンシンと冷えるものです。
そこでエアコンやヒーターを使用するわけですが、エアコンの風は乾燥し、ヒーターの熱は刺々しい気がします。お子様の風邪ややけどにも注意しなくてはならないですよね。
そこで紹介したいのがオイルヒーター、特に国内流通の多くを占めるデロンギ(De’Longhi)のオイルヒーターです。
乾燥せず、柔らかい暖かみで、子供のやけどの心配もありません。
イタリアのメーカーらしくデザインもスタイリッシュで、インテリアの調和を乱しません。
そんなデロンギ オイルヒーターなのですが、オイルヒーターは電気代が高いとよく言われます。
ですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ここではデロンギから2016年に発売されたばかりの最新機能搭載モデルと他の暖房器具の電気代比較と、どのように使うのが最適なのかを紹介します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

デロンギ オイルヒーターの電気代目安

デロンギベルカルドオイルヒーター

最新機能搭載モデル「デロンギ ベルカルドオイルヒーター」出典:ベルカルドオイルヒーターの製品情報 | 空気を汚さず乾燥しにくいデロンギ ヒーター
オイルヒーターは10〜13畳程度のお部屋の全体を暖めるのことに適した暖房器具です。30〜50分ほど暖まるのに時間がかかりますが、暖かさを感じやすい足元から暖かくなるので、設定温度は低くなります。空気を動かさないふく射熱で暖めるため乾燥せず、空気を汚しません。じんわりとした暖かさがオイルヒーターの特徴です。
ECO運転モードを使用すれば電気代を約2割節電することが可能です。

デロンギ ベルカルドオイルヒーターの電気代目安

部屋のタイプリビング(10畳)子ども・勉強部屋(8畳)寝室(6畳)
使用電力1500W1200W1200W
設定温度20℃18℃16℃
1時間の電気代約18円2銭 (約14円)約12円7銭 (約10円6銭)約8円8銭 (約7円8銭)
1日の電気代約163円8銭 (約126円)約114円3銭 (約95円4銭)約79円2銭 (約70円2銭)
1ヶ月の電気代約4914円 (約3780円)約3429円 (約2862円)約2376円 (約2106円)

()内はECO運転モード使用時。1日9時間使用、1kWhあたり27円として計算しています。
参考:デロンギ ヒーターの電気代は?

デロンギ オイルヒーターの電気代はこのようになっていますが、その他の家電の電気代も合わせた家庭全体の電気代は、家計の出費の多くを占めるものになります。「電気代を見直したい!」という方は、エネチェンジ電力比較を利用して、あなたにぴったりの電力会社を選んでみてください。

オイルヒーターの電気代は高い?他の暖房器具との電気代比較

実際に、デロンギ オイルヒーターの電気代は高いのか。他の暖房機器と比較して検証してみましょう。

エアコン

オイルヒーターと同じく部屋全体を温める暖房器具ですが、より広い空間に対応可能です。
スイッチを入れてから数分で温風が吹き出すため、比較的早く温まりますが、暖気が部屋上部に集まるため、暖かさを感じにくい傾向があります。
また、空気が乾燥し、ほこりが舞い上がるため花粉やハウスダストなどによるアレルギーを起こしてしまうこともあります。
ダイキン工業のうるさら7Rシリーズ
  • エアコン(6〜8畳用):ひと月約3,182円

出典:Rシリーズ 製品情報 | エアコン | ダイキン工業株式会社

石油ストーブ

灯油を燃焼させ、ふく射熱と放射熱で部屋全体を温めます。
着火から数分で暖め始めるその即暖性とパワーが魅力です。
ただ灯油を室内で燃やして暖めるので、使用時は空気が汚れやすく、定期的な換気が必要なため密閉された寝室や書斎には不向きです。FF式という、室内の空気を汚さないタイプのストーブもありますが、吸排気のために専用の管が必要で気軽には設置できません。
また火を用いるため、お子様がいる場合はヤケドにも注意しなくてはなりません。
石油ストーブ(6~9畳用)
ひと月約4,408円

灯油代は18リットル1450円で計算しています。

電気ストーブ

画像はハロゲンヒーター
電気を使って熱を発生させるため、非常にクリーンな暖房器具です。基本的に暖房能力は高くなく、部屋全体を暖めるのには向きません。ただし、スイッチを入れた瞬間から暖かさを感じられるため、足を暖めたいなど部分的な暖房に向いています。立ち上がりスピードが早く温度コントロールは得意ですが、電気代が高い暖房器具です。
パネルヒーター
ひと月あたり約8,100円

ホットカーペット

カーペットの中に電線を通し、電気を通すことで表面を暖める暖房器具です。直接体に触れているため、体がよく温まります。
空間を暖めるものではありませんが、足元が暖かくなりにくいエアコンなどと併用するとより効果があると言われています。
ホットカーペット(2畳用)
ひと月あたり約3,109円

参考:ホットカーペットの電気代を教えて下さい/無印良品

こたつ

冬の必需品
日本の冬にはこの「こたつ」。人間を駄目にするこの快適な暖房器具は、暖かさを感じやすい足元を暖めるため、すぐにぬくぬくになれます。また多くのこたつで強弱の2段設定が可能です。

1時間あたりの電気代は弱設定で約2円、強設定で約5円です。最初は強設定にして後は弱設定にすることが多いと思われますので、一時間あたり3.5円で計算すると以下のようになります。

こたつ
ひと月あたり840円

デロンギ オイルヒーターと他の暖房器具比較まとめ

デロンギ オイルヒーターと他暖房器具の比較は以下のようになりました。

暖房器具ひと月あたりの電気代
パネルヒーター約8,100円
石油ストーブ約4,408円
デロンギ オイルヒーター(8畳)約3,495円 (約2,922円)
エアコン(8畳)約3,182円
ホットカーペット約3,109円
こたつ約840円

()内はECO運転モード使用時。1日9時間使用、1kWhあたり27円として計算しています。
ECO運転モードを使えば特別デロン ギオイルヒーターの電気代が高いわけではないのが伺えます。
電気代を安くし効率的に暖まりたい場合は、部屋や状況によって別の暖房器具を選ぶ必要があります。
次にデロンギ オイルヒーターが最も活躍する場所はどこか見ていきましょう。

節電しつつも暖かい使い方は?デロンギ オイルヒーターの最適な使用法

それぞれの暖房器具にそれぞれの得意な場所があるように、デロンギ オイルヒーターにも暖房効果を最大にするために最適な場所があります。
最適な場所で使えば当然、電気代の節電にもつながります。
電気代の節約にもつながる、デロンギ オイルヒーターを置く最適な場所を紹介します。

デロンギ オイルヒーターのメリットとデメリット

デロンギオイルヒーターは、

メリット
空気を汚さず乾燥させないため換気の必要がない
燃料補充やフィルター掃除などの手間がかからない
安全性が高く静か
デメリット
暖まるのが遅い(30分〜50分)
換気によって効果が半減する
LDKなどの広い部屋には向いていない(最大13畳まで)

のような性質を持ちます。
安全性が高いため、子どもや老人でも安心な一方で、換気性が良い木造日本家屋では暖房効果を発揮することができません。

デロンギ オイルヒーターのベストな置き場所は?

狭く比較的密閉性が高い部屋での使用に適したデロンギ オイルヒーター。
その中でも寝室や書斎など、長時間過ごす場所での使用が最適です。

書斎・勉強部屋
エアコンでは暖まりにくい机の下の足元もまんべんなく暖められます。乾燥もせず音もしないので、長時間部屋で作業をしていても喉を痛めたり集中を乱すことがありません。
寝室
人の出入りも少なく、就寝中は窓を開けることもありません。乾燥しないので喉を傷めにくく、また気流が発生しないのでエアコンの風を直接受ける事による体調不良もありません。さらに寝室を使う時間はだいたい決まっていますから、タイマーをセットしておいてあらかじめ寝室を暖めておくことも可能です。

部屋の中では窓際がベスト

設置場所
出典:電気代節約のコツ
熱の逃げやすい窓際に置くことで、冷気の侵入を防ぎ、暖房効果を高めます。
窓に断熱シートを貼ったり、断熱カーテンをひいたりすることもおすすめです。

デロンギのオイルヒーター電気代、まとめ

電気代は特別安くはないデロンギ オイルヒーターですが、静かで安全で乾燥しないというのは大きなメリットです。
寝室や書斎など狭く出入りの少ない部屋で使えばその効果を最大に引き出すことが出来るでしょう。

デロンギ オイルヒーターの電気代目安

部屋ごとの電気代比較
部屋のタイプリビング(10畳)子ども・勉強部屋(8畳)寝室(6畳)
使用電力1500W1200W1200W
設定温度20℃18℃16℃
1時間の電気代約18円2銭 (約14円)約12円7銭 (約10円6銭)約8円8銭 (約7円8銭)
1日の電気代約163円8銭 (約126円)約114円3銭 (約95円4銭)約79円2銭 (約70円2銭)
1ヶ月の電気代約4914円 (約3780円)約3429円 (約2862円)約2376円 (約2106円)

オイルヒーターの電気代は高い?他の暖房器具との電気代比較

ひと月あたりの電気代で比較
暖房器具ひと月あたりの電気代
パネルヒーター約8,100円
石油ストーブ約4,408円
デロンギ オイルヒーター(8畳)約3,495円 (約2,922円)
エアコン(8畳)約3,182円
ホットカーペット約3,109円
こたつ約840円
オイルヒーターの電気代は特筆するほど高いわけではありません

デロンギ オイルヒーターの最適な使用法

デロンギ オイルヒーターのメリットとデメリット
メリットは「換気の必要がない」「ムラなく暖まる」「安全性が高く静か」。デメリットは「暖まるのが遅い」「換気すると効果が半減」。
デロンギ オイルヒーターのベストな置き場所は?
気密性の高い「寝室」や「書斎・勉強部屋」がベストな置き場所です。
部屋の中では窓際がベスト
冷気の侵入しやすい窓際に置くことで、冷気の侵入を防ぎ、暖房効果を高めます。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない