蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代を節約するための5つの方法!オール電化の節電術

蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代を節約するための5つの方法!オール電化の節電術
電気代の節約、節電テクニック

オール電化住宅にお住まいで、蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代の高さにお悩みの方は多いようです。電気代を節約する方法はないのでしょうか?オール電化で蓄熱暖房機を使われているご家庭向けに、蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代節約するための5つの方法紹介しています。

オール電化などで多く使われている蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)は、安い夜間電力を使えるため電気代がお得といわれています。最適な使い方を知って無駄をなくせば、更に蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代が節約できます。

蓄熱暖房機を使われているご家庭向けに、蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代を節約するための5つの方法を紹介します。

更新日
2021年10月14日
記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均27,542円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2020年1月1日〜13日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)とは

蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)とは、安い夜間電力を使って夜の間に暖房機内に熱をためておき、日中にその熱を使って室内を暖める暖房機です。安い夜間電力は日中の1/2以下など大変安い電気の単価が適用されるので、暖房費を安く抑えられます。

蓄熱暖房機は電気代が安くなる夜間に、暖房機内に内蔵されている「蓄熱レンガ」という熱をためられるレンガ(蓄熱帯)を温め熱をためています。

その熱が日中に自然放熱されるしくみのため、蓄熱暖房機に電気代がかかるのは熱をためている(蓄熱レンガを温めている)夜間のみとなります。(ファン付きの蓄熱暖房機は、日中ファンを回している間はファンの電気代はかかります。)

蓄熱暖房機からは一日中熱が放熱され続けます。蓄熱暖房機はそのしくみ上、暖房を完全に電源を切れないので、夜間に熱をためる量(蓄熱量)が重要になり、蓄熱量の設定が電気代に大きく関係してきます。

蓄熱暖房機の電気代を節約するための5つのポイント

蓄熱暖房機の電気代を節約していくためには、正しい設定方法を知り、無駄なく使っていくことが大切です。以下に、節約のための5つのポイントをまとめました。

1)最適な蓄熱量を設定する

蓄熱暖房機で一番電気代が高くつき損をしてしまうのが日中の追い焚きです。前日の蓄熱量設定が低すぎて日中熱切れを起こしてしまったときに追い焚きをすると、日中の割高な電気代がかかり電気代が高くなってしまいます。日中の追い焚きをしなくて済むように、適切な蓄熱量を設定することが大切です。

ただし、蓄熱量が多すぎると室内が暑くなりすぎてしまう場合があります。蓄熱暖房機ごとに季節ごとの設定蓄熱量を目安に蓄熱量を設定して、お住まいの地域の気候にあわせて微調整しながら使いましょう。

また、シーズンセンサーがついている蓄熱暖房機は、シーズンセンサーの設定の調整ができます。「蓄熱量の下限値」「最大蓄熱時の外気温度」「蓄熱開始時の外気温度」が手動で調節できるので、例えばオフシーズンは蓄熱開始時の外気温設定を低くする、部屋が暑すぎると感じるときは最大蓄熱時の外気温設定を低くするなど、設定温度を調整すれば無駄な電気代が節約できます。

2)時刻設定の確認

蓄熱暖房機は、「現在時刻」「通電開始時間」「通電時間」を設定します。設定がズレていると安い夜間電力時間外に蓄熱をするなど、無駄な電気代がかかってしまう場合があります。

シーズン始めの設定確認のほかに、シーズン中も月に一度くらいは時刻設定にズレがないかを確認しましょう。

3)ファンは必要なときだけ回す

ファン付の蓄熱暖房機は、必要な時だけファンを回すようにしましょう。ファンを回しているとそれだけ熱が放出されてしまうので、十分に暖かいときなどはファンを停止しましょう。

蓄熱暖房機機種によっては、室内温度が設定温度より低いときだけファンが回る設定や、設定した時間だけ(毎朝7:30~9:00までなど)ファンを運転する設定などができる機種もあるので、じょうずに使っていきましょう。

また、通電時間中にファンが動いていると、蓄熱量が少なくなって翌日の蓄熱量が不足してしまうことがあります。就寝前にファン運転が停止しているか、しっかりと確認をしましょう。

4)数日間不在にする場合はファン・ファンタイマーを切る

数日間不在にする場合、蓄熱暖房機を切るとまた0%からの蓄熱が必要になるため、切らずにおくほうが経済的です。

不在の間は人の出入りがないぶん、室内が密封されるため蓄熱量の減り方は少なくなります。1週間程度外出する場合も、蓄熱量を少し下げるなどの設定にしておき、保温状態を保っておきましょう。

また、不在の間ファンは必ず切っておきましょう。ファンをタイマー設定にしてある場合はタイマーを切っておかないと、不在時にファンが動いてしまい無駄に放熱をしてしまいます。

5)暖房シーズンの終わりには電源プラグを抜き、ブレーカーを必ず切る

暖房シーズンが終わったら、室温設定ダイヤルなどは最小にして蓄熱量設定・ファン設定を切り、必ず電源プラグをコンセントから抜き、蓄熱暖房機のブレーカーを切りましょう

電源やブレーカーがONで蓄熱量が設定されたままになっていると、夏場でも蓄熱されて無駄な電気代がかかってしまうため、注意が必要です。

上記にあげたポイントに気を付ければ、蓄熱暖房機の無駄な電気代をなくし、節約しながら使えます。

蓄熱暖房機に最適な電気料金プランはどれ?

蓄熱暖房機を使う場合は、安い夜間電力が適用される電気料金プランを契約する場合が多いでしょう。(深夜電力契約・融雪電力契約をする場合もあります。)プランを選ぶとき、安い夜間電力が適用されるプランがたくさんあって、どのプランが一番お得に使えるのかわからないですよね。

安い夜間電力が適用されるプランは日中の時間帯別の単価が異なり、夜間の電気の単価が割安な分、日中の単価が割高に設定されている時間帯もあります。ご家庭で日中に電気をたくさん使う時間帯と、プランごとの時間帯別の単価設定を見比べて、一番お得になるプランを選んでいく必要があります。

最適プランで電気代を節約するために、エネチェンジで電力プランを比較して選びましょう!

蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の5つの節約方法でオール電化の電気代を節約!

蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)の電気代を節約するための5つの方法を紹介しました。冬の間ずっと使う蓄熱暖房機(電気蓄熱暖房器)は、無駄のない設定方法を心掛けてじょうずに使いながら節約していきましょう。

蓄熱暖房機5つの節約方法まとめ
  1. 最適な蓄熱量を設定する
  2. 時刻設定の確認(定期的に)
  3. ファンは必要なときだけ回す
  4. 数日間不在にする場合はファン・ファンタイマーを切る
  5. 暖房シーズンの終わりには電源プラグを抜き、ブレーカーを必ず切る

また、日中の電気代もできるだけ節約していけるよう、ご家庭の電気の使い方に一番見合った電気料金プランを選んでいきましょう。

生活スタイルは日々変化していくものなので、定期的にプランの見直しをすれば、オール電化の電気代もじょうずに節約できます。

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。