1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 家電でよく見る1200W、電気代はいくら?
 

家電でよく見る1200W、電気代はいくら?

teamwork concept drawn by hand isolated on blackboard
でんきの基本

ドライヤー、アイロン、炊飯器、、、家庭でよく見かける"1200W"の家電。毎日使っているけれど、この家電ひとつに一体いくらの電気代がかかっているのだろう。と思ったことはありませんか?1200W家電の気になる電気代と簡単節約術をご紹介します!

ドライヤー、アイロン、炊飯器、、、家庭でよく見かける"1200W"の家電。毎日使っているけれど、この家電ひとつに一体いくらの電気代がかかっているのだろう。と思ったことはありませんか?

1200W家電の気になる電気代簡単節約術をご紹介します!

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

ズバリ、1200Wの家電を使った場合の電気代はいくら?

一口に1200W家電といっても様々なものがあります。そこで今回は1200Wの代表的な家電である、
ドライヤー アイロン 掃除機の使用時間ごとの1日・1ヶ月・1年単位での電気代を見ていきましょう。(1200W家電の電気代は全て計算方法は同じです。)

1200Wのドライヤーを5分間使った場合


ドライヤーを毎日、5分間使用すると…

1日
2.6円
1ヶ月
78円
1年
936円

1200Wのアイロンを15分使った場合


アイロンを週に2回、15分間使用すると…

1日
7.8円
1ヶ月
62.4円
1年
784.8円

  

1200Wの掃除機を30分使った場合


掃除機(紙パック式)を
2日に1回、30分間使用すると…

1日
15.5円
1ヶ月
186円
1年
2232円

   

1200Wの家電を1時間使った場合

1200W家電を毎日、1時間使用すると…

1日
31円
1ヶ月
961円
1年
11,532円

家電の電気代計算シミュレーター

家電のワット数と1日の利用時間を入力して「電気代を計算」をクリックすると、自動で1日あたり、1ヶ月あたりの電気代を計算します。

電気代計算機

機器の消費電力と利用する時間の長さを入力して、電気代を計算できます。

W(ワット)
1日あたり:
-

1ヶ月あたり:
-

1kWhあたりの電気代を27円として計算しています。



いかがでしたか?案外かかっていないようにも感じますが、塵も積もれば山となる。節約できることに越したことはないですよね。そこで今度は、それぞれの電気代節約術をお教えします!

ちょっとの工夫で安くなる?電気代節約術!

ドライヤーの電気代節約術


600W前後の消費電力が低いドライヤーも中にはありますが、消費電力が低い分だけ空気量も弱くなり乾燥させる時間の増えて結果として消費電力に差があまり出ません

そこで、ドライヤーの種類に限らず
使用時間を減らす方法について紹介します!
まずは、基本のタオルドライ

 髪を素早く乾かすには、タオルドライがとても重要!しかし、ただごしごし拭けば良いというわけではあ
 りません。タオルをこすり合わせることは、髪が痛む原因となりNGです。

洗髪後、手で毛束をきゅっと絞って、水気を切ります。バスルームから出たら乾いたタオルを頭に当て、指の腹を小刻みに動かすようにして時肌と髪の根元の水分をふき取ります。髪の中間から毛先は、タオルで毛束を挟んでポンポンとやさしく押さえ、水気をしっかり吸い取りましょう。
ティッシュドライで水気を徹底カット
髪を乾かす前にティッシュペーパーで毛束を挟んで軽く押さえれば、タオルドライで取り切れなかった水分までしっかり吸収され、ドライヤーの使用時間を短縮できます。
1回に使うティッシュの量は1~2枚で十分です。
タオルをかぶって乾かすタオルサンド法
乾いたフェイスタオルを1枚頭にかぶり、その上からドライヤーを当てて髪を乾かす方法です。
いったんタオルに吸収させた水分をドライヤーで蒸発させるという原理で、タオルの中がカラッとしたサウナのような状態になり、使用時間がいつもの半分程度まで短縮できます!
タオルが熱くなり過ぎないよう、小刻みに手を動かすのがコツです。

出典:節電&時短の一石二鳥!髪を早く乾かす裏技5選 [時短美容] All About
これらを実践して、毎日のドライヤー使用時間が5分短縮されるだけで年間936円の電気代節約に!
家族みんなで実践すればもっと節約になる可能性があります!

アイロンの電気代節約術


ドライヤー同様、アイロンも消費電力が低いものを選ぶと十分な熱が得られず長時間使用することとなり、結局仕上がりがイマイチで電気代は変わらないといったデメリットにつながる恐れがあります。

そこでアイロンかけを効率よく行う方法について紹介します!
余熱を利用する
アイロンは熱くなるまでに時間がかかりますが、スイッチを切ってから冷めるまでにも時間がかかります。ワイシャツなど大物をアイロンがけしたら、すぐスイッチを切りハンカチなどの小物は余熱でアイロンしましょう。
ハンカチなら余熱だけで3枚はかけられます!
アイロンがけはまとめて片付ける
毎日こまめにアイロンをかけるよりも、まとめてアイロンがけをする方が電気代の節約になります。実際にアイロンがけをする日を1日減らすと年間392.4円の節約になります!
洗濯物を干すときから心がけを
洗濯物を干す時、乾いた時にしわがなるべく残らないように、軽く叩いてから干すように心がけましょう。
しわがあまりなければ、アイロンの使用時間も減らせてその分電気代の節約になります。

出典:http://osaifu.zashiki.com/sentaku.htm

掃除機の電気代節約術


ここでは掃除機の上手な使い方を紹介します!

また、掃除機には紙パック式掃除機 と サイクロン式掃除機 の二種類が存在し特性も電気代も大きく変わってきますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

掃除機のフィルターをこまめにチェック
フィルターやゴミパックにゴミ・ホコリ等が溜まったまま、掃除機を使用すると負担がかかり、吸引力が低下し、その分時間が掛かり電気代は多くかかってしまいます。
そこで、掃除機のフィルター・ゴミパックは、こまめに掃除するようにしましょう。

実践すると、年間360円ほどの節約電気代の節約になります。

また、フィルターやパックは中をキレイにしてあげれば何度か再利用できますのでそういった部分でもコツコツ節約しましょう。
掃除機をかける時間を減らす
掃除機を使うとき、少し整理して掃除機をかけて、家具を移動させてまた掃除機をかけてと一度の掃除に何度もスイッチを切り替えながら掃除をしていませんか?このやり方をしていると電気代が無駄にかかってしまいます。

なぜならスイッチを入れた瞬間に掃除機は最も電力を消費するのです!

部屋中を整理して家具をある程度移動させてから、一度で終われせるように掃除機をかけるようにしましょう。
掃除の時間も短縮され、5分短縮されると年間373円電気代の節約にもなります。
また、クイックルワイパーなど電気を使わない掃除用具を使って時間を減らしてもいいですね。
掃除機の強・弱を使い分ける
掃除機をかけるときに吸引力の強さ調節をしていますか?実は、弱・強の調節をうまく使い分けるだけで電気代節約できます。

強:絨毯などの汚れ・ほこりの吸い取りにくい物を掃除する。
弱:畳やフローリングなどの汚れ・ほこりが取れやすい物を掃除するとき。

うまく使い分けると電気代を減らすことができます。

出典:http://www.enecho.meti.go.jp/about/pamphlet/pdf/katei_tettei.pdf

まとめ

ズバリ、1200Wの電気代!
1200Wの家電を5分使った場合は2.6円、15分使った場合は7.8円、30分使った場合は15.5円の電気代がかかります。
ちょっとの工夫で安くなる?電気代節約術!
ドライヤー・アイロン・掃除機全てに共通する節約方法として、家電自体の使用時間の短縮があります。
しかし、実際は各家庭ごとに異なる家族形態電気を最も使う時間帯によっても電気代は大きく変わってきます。

そこで電気代節約術を試すと共に、電気料金プランの見直しも行っていきましょう。数ある電気料金プランの中から自分が一番お得に使えるプランに見直すだけで、年間18,000円もの電気代節約効果が期待できます。エネチェンジプラン診断を使うと、その場で無料で簡単に自分に合った電気料金プランが診断できますよ。

エネチェンジ診断で電気料金を比較・節約!

お住まいの郵便番号を入力して、電気料金を今すぐ比較!

-
郵便番号がわからない