エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

電力会社の乗り換え(切り替え)方法・手続き手順は?メリットや注意点も解説

電力会社の乗り換え(切り替え)方法・手続き手順は?メリットや注意点も解説

エバーグリーン・リテイリングのキャンペーン

本記事では電力会社の乗り換え方法について、乗り換えることによるメリット・デメリット、乗り換えの際の方法や手順についてご紹介します。

電力会社を変えると年間平均
32,588
節約できます!
電力会社を切り替えるだけで、電気代は安くできます。ぴったりの電力会社を今すぐ無料診断!
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
お使いの新電力と比較する
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

📞カンタン!電気の引越し手続き&電力会社の切り替えサービス

エネチェンジが提供する「電気の開始手続き専用窓口」は、電気の引越し手続きを電話一本でカンタンにできるサービスです。今の住所で電力会社に切り替えたいという方も受け付けています。 また、引越し手続きは当日開通も対応可能なので、急いでいる方も気軽にお電話ください。
電気の開始手続き専用窓口(利用料:無料)
受付時間:9時~19時(土日・祝日も対応 )電気の解約・停止・契約内容確認・名義変更などの手続きは受け付けておりません。契約中の電力会社へお問い合わせください。本サービスで、キャンペーンは実施していません。今の住所で電力会社を切り替えたい方は、供給地点特定番号をご準備の上おかけください。
☎今すぐ電話で手続きをする
(050-3667-8305)

ENECHANGE株式会社のオペレーターが新電力をご案内致します

更新日
2023年10月27日

電力会社の乗り換え(切り替え)とは?

以前はお住まいのエリアによって、契約できる電力会社が限定されていました。しかし、2016年4月の電力自由化以降、契約する電力会社を自由に選べるようになりました。電力会社の乗り換え(切り替え)とは、この電力自由化によって新規参入した電力会社(新電力)なども合わせて、契約する電力会社を改めて選択することを言います。

電力会社を乗り換え(切り替え)方法・手続きの手順は?

ここでは、電力会社の乗り換え(切り替え)方法について、一般的な方法をご紹介します。初めて電力会社を乗り換えるという人はもちろん、これから乗り換えを検討している人もチェックしてみてくださいね。

  1. 現在の契約内容を確認する
  2. 乗り換え先の電力会社を比較検討する
  3. 新しい電力会社と契約する
  4. 乗り換え完了の連絡がきたら確認をする

手順1)現在の契約内容を確認する

電力会社の乗り換えには、次の情報が必要になることが一般的です。

  • 供給地点特定番号
  • 契約者番号またはお客さま番号
  • 契約者名義
  • 乗り換え希望日

多くの電力会社では、「切り替え希望日」以外の情報について、毎月の検針票や契約者向けのマイページから確認することができます。また、乗り換え先の電力会社の支払い方法に、口座振替やクレジットカードを利用するつもりなら、それらに関する支払い情報も必要になります。

なお、現在契約している電力会社・電気料金プランによっては、解約金や解約手数料が設定されている場合があります。解約のタイミングによってはこれらの解約金が発生してしまうので、あらかじめ約款や重要事項説明書に目を通しておきましょう。

手順2)乗り換え先の電力会社を比較検討する

現在契約している電力会社・電気料金プランと比較して、新しく契約予定の電力会社・電気料金プランが割安かどうか、事前にシミュレーションしておきましょう。乗り換え先の電力会社を検討中の方は、ぜひエネチェンジ電力比較をご利用ください。

 

電気料金プランごとの特徴を理解する

電力会社を乗り換える際に大切なことは、どんな電気料金プランがあるかを把握しておくことです。電力会社によって料金設定が異なるのはもちろん、同じ電力会社で特徴が異なるプランを複数提供していることは珍しくありません。

例を挙げると、以下のようなプランが存在します。

  • 基本料金0円のプラン
  • 電力量料金単価が一律に設定されたプラン
  • 電力量料金単価が時間帯によって変動するプラン
  • 市場連動型プラン
  • ガスやインターネットなどの他サービスとのセット契約ができるプラン

こうした多種多様なプランのなかから、あなたのライフスタイルに合ったプランを選ぶことで、電気代の節約やお得な特典など、様々なメリットを得ることができますよ。

手順3)新しい電力会社と契約する

比較検討が済んだら、新しい電力会社への申し込み手続きを行います。現在契約している電力会社の解約手続きについては、新しく契約する電力会社が行うため、ご自身で手続きを行う必要はありません。

乗り換えに要する期間は電力会社によって異なりますが、おおよそ1~2カ月程度。一般的には申し込み手続きの終了後、最初の検針日に乗り換えが完了します。

今すぐ電話で手続きできる!電力会社の切り替え手続きサービス

エネチェンジが提供する「電気の開始手続き専用窓口」は、今の住所で電力会社の切り替えがカンタンにできるサービスです。「新電力に切り替えたい」「どの会社にすればいいのかわからない」という方はお問合せください。
電気の開始手続き専用窓口(利用料:無料)
受付時間:9時~19時(土日・祝日も対応 )供給地点特定番号をご準備の上おかけください。電気の解約・停止・契約内容確認・名義変更などの手続きは受け付けておりません。契約中の電力会社へお問い合わせください。本サービスで、キャンペーンは実施していません。
☎今すぐ電話で手続きをする
(050-3667-8305)

ENECHANGE株式会社のオペレーターが新電力をご案内致します

手順4)乗り換え完了の連絡がきたら確認をする

乗り換え(切り替え)の申し込みが完了したからと言って、すぐに電気が切り替わるわけではありません。一般的には切り替え手続きの完了後、最初の検針日から電力会社が切り替わります。電力会社から乗り換え完了の通知がきたら、適切に切り替わっているかどうか、確認しておきましょう。

なお、スマートメーター未設置の場合は設置工事が必要になるため、切り替えまで時間がかかる場合があります。
スマートメーターの設置工事費用は原則無料です。

エリア別)電力会社を乗り換えるときのポイントは?

ここでは、電力会社を乗り換える際のポイントについて、エリア別の記事をまとめました。

厳選!乗り換え先におすすめの電力会社

電力会社を乗り換えるなら、事前のシミュレーションが大切。まずは、おすすめの乗り換え先候補をご紹介します。

TERASELでんき

TERASELでんきは、伊藤忠エネクス株式会社の100%出資会社として設立された、株式会社エネクスライフサービスが運営する新電力です。
TERASELでんきでは、電気の使用量が少ない家庭向けのプラン「TERASELでんき」と、使用量の多い家庭向けのプラン「超TERASELでんき」を用意しています。それぞれ毎月の電気代200円(税込)につき楽天ポイントが1ポイント貯まるのもメリット。

東京ガス

東京ガスの電気は、都市ガス大手3社のひとつ、東京ガス株式会社が運営する電力サービスです。
東京ガスでは、電気とガスをセットで契約した際に「ガス・電気セット割(定率B)」が利用できます。東京ガスの都市ガス供給エリアにお住まいの方におすすめ。環境に配慮した電気が利用できる電気料金プラン「さすてな電気」もメリットです。

コスモでんき

コスモでんきは、サービスステーションやカーリースでおなじみのコスモ石油マーケティング株式会社が提供するサービス。
コスモでんきの特徴は、契約アンペア数や電気使用量に応じた割引が受けられたり、電気料金に応じてdポイントが還元されたり、異なるメリットを持つプランが豊富に用意されている点です。他にも動画や雑誌が見放題のプランや、環境に配慮した電気が使えるプランなどもあります。

電力会社を乗り換えるメリット・デメリット

ここでは、電力会社を乗り換えることによるメリット・デメリットについてご紹介します。

電力会社を乗り換える3つのメリット

1つ目のメリットは、現在契約している電力会社・電気料金プランより割安なプランを選ぶことで、電気代の節約に繋がることです。ただし料金の仕組みは電力会社によって異なるので、事前のシミュレーションは忘れずに。

2つ目のメリットは、プランの特典が利用できることです。各電力会社では、ポイント還元があったり、動画配信サービスの年会費がセットになっていたりと、さまざまな特典付きプランを提供しています。電力会社によっては新規申し込み者向けのキャンペーンを実施していることもあり、料金とこうした特典を合わせて、電気代がお得になることもありますよ。

3つ目のメリットは、電力会社によってはCO2排出量ゼロのプランや再生可能エネルギー由来のプランなど、環境に配慮した電気を利用できるプランを提供していることです。環境問題に関心がある人にとっては、こうした電気料金プランに乗り換えるだけで、環境問題への貢献に繋がりますよ。

お得なキャンペーンで電気を切り替える

電力会社の乗り換えにはデメリット・注意点もある?

電気料金プランの仕組みは電力会社によって異なるため、単に乗り換えれば安くなるとは限りません。特に、オール電化向けの電気料金プランを契約している場合、乗り換え先でもオール電化向けのプランにしないと、割高になる場合も。電力会社を乗り換えても、適切なプランを選ばなければ、かえって電気代が高くなってしまうこともあるのです。

また、契約中の電気料金プランに解約金や解約手数料などが設定されていると、乗り換え時に解約金が発生することも。乗り換えの際は電気代のシミュレーションと合わせて、こうした解約金や手数料、契約期間などに注意しておきましょう。

なお、新電力に切り替えても、送配電についてはこれまでと同じく地域の送配電事業者が担当します。停電などのトラブルが増えたり、電気の質が落ちるといったことはないので、安心して電気を利用できます。

乗り換え先の電力会社は比較をして決めましょう

電力会社を乗り換える方法についてご紹介しました。乗り換えの際は、現在契約している電力会社・電気料金プランと比較して電気代の節約になるか、あらかじめシミュレーションしておくことが大切です。

電気代を節約したいなら複数社での比較検討がおすすめ

電力会社の乗り換えを検討している方は、複数の電力会社で比較することをおすすめします。あなたのライフスタイルにぴったりの電気料金プランを選べば、節約に繋がりますよ。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などの情報を入力するだけであなたにぴったりの電力会社・電気料金プランを見つけられます。お得な特典やキャンペーンの有無なども確認できるので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

X (旧twitter) Facebook