エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧

オール電化の電気料金プランをシミュレーションできる!変更すると安くなる?

オール電化の電気料金プランをシミュレーションできる!変更すると安くなる?

オール電化向けプランは、料金単価が時間や季節などで区分されていて複雑なため、料金表を比較しただけでは、どれが最適なプランか判別できません。そのため、節約につながるオール電化向けプランを見つけるためには、しっかりシミュレーションをすることが大事ですよ。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均25,009円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2023年10月1日~2023年12月31日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

更新日
2023年2月22日

節約額がわかる!オール電化向けプランのシミュレーションはこちら

「エネチェンジ電力比較」は、郵便番号などの情報を入力するだけで、ぴったりのオール電化向けプランを見つけられます。

入力いただいた現在の電気・ガス料金や属性データをもとに、郵便番号単位での気象情報データの利用、世帯人数、オール電化の有無などを加味した独自のアルゴリズムにより各プラン使用時の電気の節約額をシミュレーションしています。そのまま申し込みもできるので、ぜひご活用ください。

オール電化向けプランのシミュレーション前に確認しておきたいこと

「エネチェンジ電力比較」でシミュレーションする前に、次の情報を用意しておくことをおすすめします。

  • 郵便番号
  • 世帯人数
  • 現在契約中の電力会社
  • 現在契約中のオール電化プランの名称
  • アンペア数
  • 月の電気代(または使用電力量)

オール電化向けプランを変更する前に注意したいこと

オール電化向けプランを変更する前に知っておきたいことをご紹介します。知らないと、かえって電気代が高くなることもあるので、正しい知識を身につけましょう。

オール電化向けプランを扱っていない電力会社も

電力会社によっては、オール電化向けプランを扱っていないことも少なくありません。まずは検討中の電力会社が、供給エリア内でオール電化向けプランを取り扱っているか確認しましょう。

オール電化に適していないプランは避けましょう

オール電化向けではない電気料金プランを契約すると、かえって電気代が高くなってしまうことも。

一般的なオール電化向けプランは夜間の電気代が昼間と比べて割安に設定されていますが、それはエコキュートや電気温水器などの夜間蓄熱式機器の使用を前提としているためです。このため、オール電化住宅にお住まいの方が時間帯によって電力量料金が変わらないプランを契約すると、電気代は高くなってしまいます。

オール電化向けプランを見分ける方法としては、電力会社のホームページなどで「オール電化向け」「オール電化におすすめ」などの記載を見つけるのが間違い無いでしょう。

料金や時間区分はプランによって異なります

オール電化向けプランは、すべて同じ設定にされているわけではありません。電力会社・電気料金プランによって、料金設定はもちろん、時間帯の区分が異なります。一例として、東京電力エナジーパートナー(以下、東京電力EP)と、四国電力の料金表を見てみましょう。

東京電力EP「スマートライフS」料金表
区分単位東京電力EP「スマートライフS」東京電力エリア料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約311円75銭
15A467円63銭
20A623円50銭
30A935円25銭
40A1247円00銭
50A1558円75銭
60A1870円50銭
電力量料金昼間(6時〜翌1時) 1kWh35円76銭
夜間(1時〜6時)27円86銭

東京電力EPのオール電化向けプラン「スマートライフS」は、昼間を6時~翌1時、夜間を1時~6時で区分されています。

四国電力「でんかeプラン」料金表

区分単位四国電力「でんかeプラン」料金(消費税率10%)
基本料金~10kW1契約12338円56銭
上記をこえる分1kW617円22銭
電力量料金平日昼間
(9時〜23時)
71kWh〜1kWh44円47銭
夜間・休日
(平日23時〜翌9時/休日終日)
241kWh~33円78銭

「でんかeプラン」の基本料金には、平日昼間の70kWhまでの電力量料金と、夜間・休日の240kWhまでの電力量料金が含まれています。

いっぽう、四国電力のオール電化向けプラン「でんかeプラン」では、昼間を9時~23時、夜間を23時~翌9時で区分されています。

このように、オール電化向けプランの時間帯区分はプランごとにさまざまです。電力量料金単価が割安な時間帯の区分が自分のライフスタイルに合っていない場合、電気代が高くなってしまう可能性があるので、注意してくださいね。

再度申し込めないオール電化向けプランがあります

新規申し込み受付を停止しているオール電化向けプランを契約している場合、一度解約してしまうと、同プランに戻すことはできません。「変更したオール電化向けプランが合わなかったから、元のプランに契約を戻そう……」ということができないので注意が必要です。

2023年2月現在、新規申し込みの受付を終了または停止している旧一般電気事業者のオール電化向けプランを、以下の一覧にまとめました。

電力会社新規申し込み受付停止中のオール電化向けプラン
北海道電力ドリーム8
ドリーム8エコ
eタイム3
深夜電力A/B/C/D
東北電力時間帯別電灯A/B/S
東京電力EPスマートライフプラン
電化上手
おトクなナイト8/10
ピークシフトプラン
深夜電力A/B
第2深夜電力
中部電力ミライズEライフプラン
タイムプラン
ピークシフト電灯
わくわくホット
第2深夜電力
北陸電力エルフナイト8/10
エルフナイト10プラス
深夜電力A/B/C/D
関西電力はぴeタイム
時間帯別電灯
季時別電灯PS
第2深夜電力
中国電力エコノミーナイト
ファミリータイム〔プランⅠ/Ⅱ〕
電灯ピークシフトプラン
深夜電力A/B
第2深夜電力
四国電力季節別時間帯別電灯
時間帯別電灯
ピークシフト型時間帯別電灯
スマートeプラン[タイプL/H/L+/H+]
深夜電力A/B
第2深夜電力
九州電力季時別電灯
時間帯別電灯
ピークシフト電灯
深夜電力A/B
第2深夜電力
沖縄電力Eeらいふ
深夜電力A/B

オール電化向けプランのシミュレーション結果がわかったら、変更も検討!

オール電化向けプランを変更した場合のシミュレーション結果によっては、契約の切り替えも検討しましょう。ライフスタイルに合ったプランに切り替えることで、電気代の節約に繋がりますよ。

電気・ガス比較サイト「エネチェンジ」では、郵便番号などを入力するだけでぴったりのオール電化向けプランを見つけられます。お得なキャンペーンを実施している電力会社もあるので、チェックしてみてくださね。

この記事を書いた人

エネチェンジ編集部

エネチェンジ編集部

エネチェンジ内のメディア「でんきと暮らしの知恵袋」の記事を執筆しています。電気・ガスに関する記事のほか、節約術など生活に役立つ情報も配信しています。

twitter Facebook
  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる?
電気料金を 比較・節約!
引越しでの比較はこちら お使いの新電力と比較する
旧一般電気事業者の自由料金プランから切り替えた場合の節約額をシミュレーションします。別のプランをご利用の場合は「お使いの新電力と比較する」より、電力会社をお選びください。 (比較対象の電気料金プランについて)
郵便番号
-
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、上のボタンを押してください。