【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京ガスが新プランを発表、「ずっともガス」の受付は2月15日から【ガス自由化】
 

東京ガスが新プランを発表、「ずっともガス」の受付は2月15日から【ガス自由化】

ガス自由化

東京ガスが2017年4月のガス自由化に向けて、都市ガスの新プラン「ずっともガス」を発表しました。供給開始は4月ですが、先行して2月15日から申込み受付を開始します。電気とガスをセットにするとおトクになる「ずっともプラン」も新しくなるようです。

東京ガスがガス自由化にむけた新ガス料金プラン「ずっともガス」の詳細を発表しました。電気とガスのセット割がある「ずっともプラン」も新しくなります。

更新日
2017年2月6日
登録小売ガス事業者
登録あり
読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18,000円安くなる!
電力自由化で、すでに全国200万世帯以上が電力会社を切り替えています。切り替え他人がトクをする電気代、次はアナタが!早速、自宅の郵便番号を入れて検索。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

東京ガスの「ずっともガス」はガス代でもパッチョポイントが貯まる!

項目1カ月のガスご使用量基本料金基準単位料金
単位1件につき1m3につき
A表0m3から10m3まで745円20銭157円24銭
B表10m3をこえ80m3まで1,036円80銭 128円08銭
C表80m3をこえ200m3まで1,209円60銭125円92銭
D表200m3をこえ500m3まで1,857円60銭122円68銭
E表500m3をこえ800m3まで6,177円60銭 114円04銭
F表800m3をこえる場合12,225円60銭106円48銭

東京地区の料金表です。群馬地区、群馬南地区、四街道12A地区はそれぞれ料金単価が別で定められています。
東京ガスといえば、火ぐまのパッチョと電パッチョというキャラクターも人気です。電力自由化で東京ガスの電気を契約するとパッチョポイントが貯まるようになっていましたが、今回の「ずっともガス」はガス代でもパッチョポイントが貯まるんです。

  • ガス代1,000円につきパッチョポイントが5ポイント貯まる

料金単価だけをみると、ガス使用量が少ない人は高くなる可能性も

「ずっともガス」と「一般料金」の料金表を比べてみると、一番単価の安いA表とB表に違いがあるだけで、C表〜F表は基本料金、基準単位料金ともに同額であることがわかります。パッチョポイントの分だけおトクになるという考え方なのでしょうか。

東京ガス・一般料金(東京地区)

項目1カ月のガスご使用量基本料金基準単位料金
単位1件につき1m3につき
A表0m3から20m3まで745円20銭142円66銭
B表20m3をこえ80m3まで1,036円80銭 128円08銭
C表80m3をこえ200m3まで1,209円60銭125円92銭
D表200m3をこえ500m3まで1,857円60銭122円68銭
E表500m3をこえ800m3まで6,177円60銭 114円04銭
F表800m3をこえる場合12,225円60銭106円48銭

具体的に、それぞれのA表の違いをまとめてみます。

1カ月のガスご使用量
一般料金・A表は20m3まで
ずっともガス・A表は10m3まで
基準単位料金
一般料金・A表は142円66銭
ずっともガス・A表は157円24銭

つまり、1カ月のガス使用量が11〜20m3だった場合、一般料金ではA表の料金単価が適応されていたのに、ずっともガスになるとB表の単価が適応されるということです。仮に1カ月に18m3使った場合、どっちがおトクになるのか計算してみましょう。

一般料金
745円20銭+142円66銭×18m3=3313円08銭
ずっともガス
1036円80銭+128円08銭×18m3=3342円24銭

「ずっともガス」のほうが29円高いです。この程度ならポイントが貯まってくれるほうが嬉しいという人もいるかもしれません。毎月のガス使用量が20m3を超えているご家庭は、単純に料金単価だけを比較すると同額なので、ガス代は変わらないという印象。

電気もガスも東京ガスでおトク!新「ずっともプラン」

電力自由化以降、東京ガスの電気はかなり知名度があがりました。2017年1月31日の「ずっともプラン」に関する東京ガスのプレスリリースでは、電気の契約件数は約64万件と発表しています(2017年1月31日時点)。現時点でも「ガスとセットでおトク」というフレーズは聞きますが、「ずっともガス」の登場により4月以降はさらにおトク度が増すんです!

電気とガスをセットにして「ずっともプラン」にすると…
ずっとも電気
ガス・電気セット割 で毎月の電気代のうち基本料金が270円安くなる
電気代1,000円につきパッチョポイントが15ポイントもらえる
ずっともガス
ガス代1,000円につきパッチョポイントが5ポイントもらえる
「電気とセットでおトクなキャンペーン(2019年3月まで)」で更に10ポイントもらえる

キャンペーンを利用することで、電気代もガス代も1,000円につき15ポイントのパッチョポイントがもらえるようになるんです。この還元率は魅力的ですね。

新「ずっともプラン」は付加サービスも充実

東京ガスの電気はクックパットの人気順検索が使えるということで主婦層にも人気がありましたが、4月からの「ずっともプラン」は下記のような付加サービスが用意されています。

  1. ガス機器トラブルサポート
  2. くらし見守りサービス
  3. 生活まわり駆けつけサービス
  4. クックパッドの人気順検索が使える

1と2が4月から新しく加わるサービスです。万が一の時のサポートやサービスは、あると安心しますよね。

東京ガス「ずっともガス」は2月15日から申込み受付開始!

東京ガスのガス自由化向け新ガス料金プラン「ずっともガス」をご紹介しました。すでに東京ガスの電気に契約をしている方、ガス自由化まで様子見をしていた方、今回発表された東京ガスのガス料金プランはいかがでしたか?「欲しいグッズのためにパッチョポイントを貯めてる!」という人には、朗報かもしれませんね。

申し込み
2017年2月15日から
供給開始時期
2017年4月以降

ガス自由化、都市ガスの料金プラン比較も「エネチェンジ」で

エネチェンジでは都市ガスの料金プランを比較できるガス料金比較サービスも提供しています。郵便番号をいれるだけで、アナタの住んでいるエリアで選べるガス料金プランがわかりますよ。都市ガス会社選びも、エネチェンジで!
電力会社切り替えはエネチェンジ電力比較を引き続きご活用ください。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。