【重要】 電力会社を切り替えていても、災害時の復旧作業は不利なく行われます。
冬の電気代を安くしたいなら、今すぐ手続き!
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. ついに、沖縄エリアでも電力会社を選べるように!沖縄進出した「KOYOでんき」とは?
 

ついに、沖縄エリアでも電力会社を選べるように!沖縄進出した「KOYOでんき」とは?

電力自由化ニュース

2018年3月1日から、シン・エナジー(旧:洸陽電機)のでんきが供給エリアを拡大し、沖縄エリアにお住まいの方も申し込みができるようになりました。詳細をお伝えします。

2018年3月1日から、シン・エナジー(旧:洸陽電機)が販売する電気「KOYOでんき」が更にエリアを拡大し、沖縄エリアでも申し込みができるようになりました。沖縄エリアの一般家庭向けに電気料金プランを出したのは、シン・エナジー(旧:洸陽電機)が初となります。今後ますます、沖縄エリアでの電力自由化の動きに期待ができそうですね。詳細をお伝えします!

更新日
2018年3月19日
記事を読む前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなる!
全国で600万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

シン・エナジー(旧:洸陽電機)が販売する電気「KOYOでんき」が3月1日から沖縄エリアの家庭向けに電力供給開始!

シン・エナジー(旧:洸陽電機)が販売する電気「KOYOでんき」が、2018年3月1日からエリアを拡大し、沖縄エリアにお住まいの方でも申し込みができるようになりました!

「KOYOでんき」、沖縄エリア向け電気料金プランの詳細は?

「KOYOでんき」沖縄エリア向け電気料金プランには、以下の2つのプランがあります。

きほんプラン
一般家庭向け。沖縄電力の従量電灯相当です。
生活フィットプラン
時間帯別に電力量料金が設定されています。夜の電気代が安価です。

各プランの詳細を見ていきましょう。

きほんプラン

区分単位KOYOでんき・きほんプラン 料金(税込)沖縄電力・従量電灯 料金(税込)
最低料金10kWhまで1契約につき355円00銭395円08銭
電力量料金10kWh超過120kWhまで1kWhあたり22円50銭22円53銭
120kWh超過300kWhまで27円00銭27円97銭
300kWh超過分28円00銭29円91銭

沖縄電力の従量電灯相当です。最低料金・電力量料金ともに沖縄電力の従量電灯よりも割安に設定されているため、切り替えるだけで確実に安くなるプランです。

24時間同一料金となっているので、日中在宅していることが多いご家庭、一日を通してたくさんのでんきを使わないご家庭、一度にたくさんの電気を使うことがないご家庭におススメです。

生活フィットプラン

KOYOでんき「生活フィットプラン」

区分単位KOYOでんき・生活フィットプラン 料金(税込)
基本料金1契約につき330円00銭
電力量料金デイタイム(平日9-18時)1kWhあたり28円43銭
ナイトタイム(毎日22-翌8時)21円88銭
ライフタイム(平日8-9時/18-22時、休日扱い日の8-22時)25円98銭

※休日扱い日とは土曜日、日曜日、「国民の休日に関する法律」に規定する休日、1月2日、1月3日、4月30日、5月1日、5月2日、12月30日、12月31日をいいます。

沖縄電力「Eeホームホリデー」

区分単位沖縄電力・Ee ホームホリデー 料金(税込)
基本料金1契約につき1620円00銭
電力量料金昼間(夏季)
夏季(7月1日~9月30日)の平日10時~17時
1kWhあたり38円65銭
昼間
夏季以外の平日10時~17時
35円23銭
朝夕
7時~23時(平日昼間時間帯を除く)
26円71銭
夜間(23時~翌7時)10円97銭

沖縄電力のEeホームホリデー相当のプランで、1日を3つの時間帯に分け、それぞれ異なる単価設定がされています。生活フィットプランは、Eeホームホリデーのようなピーク時間帯設定がないので、ピーク時間を気にせずにでんきを使うことができるというメリットがあります。

昼間は在宅していない共働きのご家庭や夜型の生活をしているご家庭などが、このプランをおトクに使うことができます。

「KOYOでんき」って?

「KOYOでんき」を販売しているシン・エナジー(旧:洸陽電機)は、平成5年に設立され、兵庫県神戸市に本社を置くエネルギー関連事業を手掛ける会社です。地熱・太陽光・バイオマスなどの電源開発やエネルギーマネジメントシステム(EMS)「EnergyEyes」の開発など、幅広いエネルギー事業を手がけています。さらに、洸陽電機は工場や学校など約1,500の法人に電力供給の実績があります。

2018年3月現在、一般家庭向けに、東北電力エリア・東京電力エリア・北陸エリア・中部電力エリア・関西電力エリア・四国電力エリア・中国電力エリア・九州電力エリア・沖縄エリアに電気を販売しています。

「KOYOでんき」、契約手数料、支払い方法や請求書は?

契約手数料は?
かかりません。
支払い方法は?
口座振替・クレジットカードでのお支払いが可能です。ただし、法人プランの場合は口座振替のみとなります。
請求書は?
Webサイト上のマイぺージで確認ができます。紙の請求書が必要な場合は、有料(108円/月)となります。

「KOYOでんき」、解約時の手数料や違約金は?

契約期間は?
料金適用開始日から1年間(自動更新)です。
解約手数料は?
かかりません。
解約違約金は?
かかりません。

「KOYOでんき」、マンションでも申し込める?

電力会社と直接契約している場合は、マンションやアパートにお住まいでも、賃貸であっても、「KOYOでんき」に切り替えることができます。しかし、建物全体が電力会社と一括で契約をしている場合には残念ながら個別に電力会社を切り替えることができません。

「KOYOでんき」、オール電化プランはある?

2018年3月現在、「KOYOでんき」にはオール電化用のプランはありませんが、時間帯別の電気料金プランは夜間の電気代が安くなる「生活フィットプラン」があります。オール電化プランを契約の方は、切り替えると電気代が高くなってしまいますので注意が必要です。

新しい電力会社への切り替えは、どうしたらいいの?

沖縄電力から新しい電力会社への切り替えは、とても簡単なんですよ!詳しくは、こちらの動画をご覧くださいね。

エネチェンジの「電力会社切り替えガイド」でもわかりやすく説明しています。

「KOYOでんき」が沖縄県に供給エリアを拡大!

2016年の電力自由化後、選べる電力会社のプランがなかった沖縄エリアですが、「KOYOでんき」の供給開始で選べる電力会社・プランの選択肢が増えましたね。でも、電力会社を切り替えるって、本当に大丈夫なの……?と不安に思う方もいるでしょう。エネチェンジは、みなさんの電力会社切り替えをお手伝いしています。

エネチェンジ電力比較では、アナタに最適な電気料金プランを診断し、切り替えで今よりも電気代がどのくらい安くなるのかの目安が一目でわかります。迷ったら、まずは診断だけでもしてみてください。

今すぐこのプランに申し込みたいアナタは…

まだ検討中・迷っている人は、まずはエネチェンジ電力比較でシミュレーションから。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数