【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東京電力EPより確実に割安になる「下町でんき」、特徴やメリットは?
 

東京電力EPより確実に割安になる「下町でんき」、特徴やメリットは?

電力自由化ニュース

「下町でんき」へ切り替えると東京電力よりも割安になる!「下町でんき」の電気料金プランの特徴やメリット、切り替え前に知っておきたい情報などをわかりやすく解説。エネチェンジはテレビ、新聞、雑誌に多数紹介されている日本最大級の電気料金比較サイトです。

下町でんき」は、プロパンガスの供給やリフォーム・リノベーション事業などを行う株式会社トーセキが販売するでんきです。供給エリアは東京電力エリアで、30A以上を利用している方にお申し込みいただけます。

「下町でんき」へ切り替えると、どんなメリットがあるの?電気料金は今より安くなるの?など、詳しく解説します。

更新日
2018年12月18日
登録小売電気事業者
登録あり
記事を読む前に…
電力会社を変えると、電気代が平均18000円安くなる!
全国で700万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

「下町でんき」を販売している株式会社トーセキってどんな会社?

「下町でんき」を販売している株式会社トーセキは、プロパンガスの供給やリフォーム・リノベーション事業などを行っている会社です。設立は昭和24年で、東京都足立区に本社を構えています。

「下町でんき」、電気料金プランの特徴やメリットは?

「下町でんき」の電気料金プランは、東京電力エナジーパートナー(※以下、東京電力EP)と比べて基本料金と従量料金ともに割安に設定されています。これまでと同じようにでんきをつかったとしても、電気代が節約できます!

また、「下町でんき」は、東京下町の活性化を目的とし、さまざまな商店街・お祭りなどの催し物に対して、売上の一部を寄付するなどの活動を行っています。「下町でんき」を利用することで、地域に対する貢献にもつながります。

「下町でんき」は、誰でも申し込めるの?

下町でんきは、東京電力エリアにお住まいの方であれば、誰でもお申し込みいただけます。

「下町でんき」、どんな電気料金プランがある?

下町でんきの家庭向け電気料金プランには、「下町電灯B」「下町電灯C」があります。
下町でんきの電気料金プランには、家庭向けのプランの他に動力プラン「下町動力」もあります。

「下町でんき」の家庭向け電気料金プラン
下町電灯B
一般家庭向け。東京電力EPの従量電灯B相当で、30A以上から利用可能です。
下町電灯C
店舗や事務所などの事業者向け。東京電力EPの従量電灯C相当で、6kVA(60A)以上から利用可能です。

一般家庭向けプラン「下町電灯B」

区分単位下町でんき 下町電灯B料金(税込)東京電力・従量電灯B料金(税込)
基本料金30A1契約800円28銭842円40銭
40A1067円04銭1123円20銭
50A1333円80銭1404円00銭
60A1600円56銭
1684円80銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh18円54銭19円52銭
121kWh〜300kWh24円70銭26年円00銭
301kWh〜28円52銭30円02銭

下町でんきの「下町電灯B」は、基本料金と従量料金ともに東京電力EPの「従量電灯B」よりも割安に設定されています。30A以上を利用している世帯は、今までと同じようにでんきを使っているだけで電気代がおトクになります。
2018年12月現在、「下町でんき」には、契約容量30A以下の電気料金プランはありません。

店舗や事務所向けプラン「下町電灯C」

区分単位下町でんき 従量電灯C料金(税込)東京電力・従量電灯C料金(税込)
基本料金6kVA~1kVA(10A)ごと266円76銭280円80銭
電力量料金最初の120kWhまで1kWh18円54銭19円52銭
121kWh〜300kWh24円70銭26円00銭
301kWh〜28円52銭30円02銭

下町でんきの「下町電灯C」は、基本料金と従量料金ともに東京電力EPの「従量電灯C」よりも割安に設定されています。商店や事務所など、電気をたくさん利用する方におススメです。

「下町でんき」、契約手数料、支払い方法や請求書は?

契約手数料は?
かかりません。
支払い方法は?
クレジットカード、口座振替でのお支払いが可能です。
請求書は?
「下町でんき」専用のマイページで確認できます。
請求書の郵送が必要な場合は、請求書発行手数料として毎月216円(税込)がかかります。

「下町でんき」、契約期間、解約時の手数料や違約金は?

契約期間は?
料金適用開始日から1年間(自動更新)です。
解約手数料は?
かかりません。
解約違約金は?
かかりません。

「下町でんき」、マンションなどの集合住宅でも申し込める?

電力会社と直接契約している場合は、マンションやアパートにお住まいでも、賃貸であっても、電力自由化で「下町でんき」に切り替えることができます。

しかしながら、建物全体が電力会社と一括で契約をしている場合には、残念ながら個別に電力会社を切り替えることができません。

「下町でんき」、オール電化のプランはある?

2018年12月現在、「下町でんき」にはオール電化用、および時間帯別の電気料金プランはありません。オール電化プランや特定の時間帯に電気代がお得になる電気料金プランを契約の方は、注意が必要です。

「下町でんき」を利用すると、東京電力EPよりも電気代が安くなる!

下町でんき」の特徴と電気料金プラン、切り替え前に知っておきたい情報について紹介しました。

「下町でんき」の電気料金プランは、基本料金と従量料金ともに東京電力EPよりも割安に設定されているので、でんきの使い方が今まで通りでもしっかり電気代を節約できます。

また「下町でんき」の売上の一部は、東京下町の商店街や催し物へ寄付されています。電気代の節約ができるだけでなく、「下町でんき」を利用することで、地域を元気にするのに貢献できるのも嬉しいですね。

今すぐ、このプランに申し込みたいアナタは…
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。