エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 食費月2万円で豊かに健康的に暮らす!食費節約のコツ
 

食費月2万円で豊かに健康的に暮らす!食費節約のコツ

食費の節約

ここでは一人暮らしの、わりとよく食べる若い男性をモデルケースとして、食費月2万円でどのような食生活が可能なのかをご紹介していきます。

食費月2万円というと、やりくり上手で、自炊が得意で、あまり量を食べない女性であれば、余裕で乗り切れる人もいるでしょう。ここでは一人暮らしの、わりとよく食べる若い男性をモデルケースとして、どのような食生活が可能なのかをご紹介していきます。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

食費月2万円で完全に自炊する場合

食費月2万円レベルの場合、外食をしなければ予算内で暮らしていけます。上手に料理ができなくても、栄養のバランスは整った食事が可能なはずです。ではそのコツとは……

食費は1週間単位で考える

食費月2万円以内に絶対に収めるには週に3千5百円以内でやりくりをする。

パンよりお米のほうが節約が可能

1世帯当たり1か月間の収入と支出・男性単身世帯穀類の支出

 男性34歳まで

男性35歳から59歳まで
男性60歳以上
138円
514円
914円
パン
888円
1,296円
1,075円
麺類428円
797円
549円
他の穀類
76円
138円
125円

参照:総務省統計局の1世帯当たり1か月間の収入と支出
この表をの一番左の欄を見ておわかりの通り、34歳までの単身世帯の男性の支出は「米」の支出は1カ月にたった132円です。年代が上がると、ここの数値が増えていますね!

5㎏のお米1袋2,000円以内で購入できます。ちなみに5㎏というのは33.3合です。1合でご飯2膳分くらいですね!毎日1合ずつ消費すると、1カ月ちょっと持つ感じになりますね!毎日2合ずつ焚いたら、半月くらいでなくなります。この5㎏の米を月2袋食べたとしても4,000円くらいで収まりますね。お米ではなくパンなどを食べたい場合はこの4,000円の中でやりくりをする感じで置き換えると良いでしょう。

たんぱく質、野菜、果物、調味料に使う分を分けておく

1世帯当たり1か月間の収入と支出・男性単身世帯たんぱく質などの支出
 男性34歳まで男性35歳以上59歳まで男性60歳以上
魚介類
305円
1,673円
2,958円

肉類659円
1,807円2,157円
乳卵類
553円
1,593円
2,068円

参照:総務省統計局の1世帯当たり1か月間の収入と支出

この表を見ると、34歳までの男性の場合、魚や肉はあまり食べていないようですね。年代が上がるとしっかりとたんぱく質も消費しているようです。食費月2万円でも肉や魚に週1,000円くらいまでならかけても大丈夫です。健康な体を作り、維持していくために、魚、肉、牛乳、卵はしっかりと食べましょう!

栄養などよくわからない人はまず、種類ごとにわけて考え、その週によって入れ替えるという感じにするとわかりやすいです!なんとかやれそうだと思いませんか?

嗜好品をあまり多く飲んだり食べたりしない人の場合

お酒、コーヒー、紅茶をほとんど飲まない、間食もほとんどしないという嗜好品にほとんど興味ないという人はあまり多くないでは?もしも、嗜好品をほとんど必要としない人の場合は食費月2万円でも、とても身体思いの物を食べることができるでしょう。

例えば、1カ月にお米5㎏2,000円を2袋未満で4,000円、パンや麺類などの穀類はこの4,000円の中でやりくりする感じで買い物をしてみましょう。

  1. 肉や魚などのたんぱく質は1,500円未満
  2. 野菜と果物は1,500円未満
  3. カレールー、みそ、しょうゆなど調味料などは500円未満

このようにやりくりをすると、1週間の買い物で500円あまります。調味料などが一気に切れてしまったりした時のために、貯金しておくといいですよ!調味料は示し合わせたように、一気になくなる時があるんです!

家飲みをする、間食をする人の場合

嗜好品は少なければそんなに負担にならないのですが、毎日飲みたいとか、毎日おやつを食べたという場合は食費月2万円でのやりくりでは大きな負担になってしまいます。ピンチになりそうな時にできることは……、

  1. 食品はまとめ買いをするとか、探してやすいお店で購入する
  2. ポイントのつく日、特に多くつく日に購入する
  3. 嗜好品の量を少しだけ量を減らず

これらの中から1つだけでも、あるいは全部を少しずつでも心がけましょう。嗜好品にお金を使いすぎて、ちゃんと栄養を取らないというのは身体がかわいそうです。健康第一です!

食費月2万円でファーストフードやコンビニを利用することが多い人の場合

ファーストフードでは1回の食事代が安くなるように考えて食べないと、月に何回かファーストフードを利用する人の場合、あっという間に千円札が数枚なくなってしまっていることが多いはずです。食費月2万円でファーストフードやコンビニを利用することがある人は

  1. お金は崩すとより使いやすくなってしまうので崩さないように心がける
  2. 電子マネーなどプリペイドカードやポイントカードを使い倒す
  3. ポイントを有効利用するため、なるべく同じ所に行く
  4. 紙のクーポンや電子クーポンを有効に使う
  5. コンビニでも安い物や、安くなっている物がある。そういう物がある時間帯などをチェックしておく

このような工夫が必要です。1回の節約は多くはないですが、気が付くと1回分くらいファーストフードで食事ができるくらいはポイントがたまっていることもあります。

食費月2万円でやるくりするためのまとめ

いかがでしょうか?1人分の食費月2万円というのは嗜好品に消費する傾向がない人であれば、一人で健康的に食べることができる金額です。もちろん、計画的に買い物をして、自炊をしてということが前提になります。少しでも気を緩めると足りなくなってしまう予算です。若い男性が、健康に生活をしていくためには食費月2万円はぎりぎりぐらいまで使って、バランスよくしっかりと食べたほうが良いでしょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。