エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 一人暮らしの大学生、1カ月の食費はどれくらい?平均額と節約術もあわせて紹介
 

一人暮らしの大学生、1カ月の食費はどれくらい?平均額と節約術もあわせて紹介

食費の節約

はじめて一人暮らしをすると、意外と食費がかかることに驚いている方もいるのではないのでしょうか?一人暮らしの大学生の食費って、どれくらいなのでしょう?一人暮らしの大学生の食費の平均額、節約するためのコツを紹介します。

一人暮らしをしている大学生の食費、いくらくらいだと思いますか?

大学生のうち、一人暮らしをしているのは約52%(※)。当然、食事も自分で用意しないといけませんよね。多くの学生は基本的には貧しいものですが……食費ってどのくらいなのでしょう?食費の節約術もあわせてご紹介します。

※住居形態が自宅外の大学生
参照元:第54回学生生活実態調査の概要報告|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)

更新日
2019年4月18日
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

大学生が1カ月に使う食費はどのくらい?

全国大学生活協同組合連合会は学生生活の実態調査をアンケート形式で行い、概要を公表しています。
これによると、アパートや下宿などの、いわゆる一人暮らしをしている大学生が、1カ月あたりに使う食費は平均で26,230円というデーターが示されています。これを1日当たりに換算すると約874円となります。

一人暮らしの大学生の食費平均額
ひと月あたり
26,230円
1日あたり
874円

1日のご飯代と考えるとやや少ないのでは?と感じる額です。食事をほぼ外食で済ませるのは少し厳しいですね。今どきの学生は多少の自炊は当たり前なのでしょうか?
出典:第54回学生生活実態調査の概要報告

一人暮らしの大学生、1カ月の収入は?

食費が26,230円ということですが、収入はどのくらいなのでしょう?同調査では仕送りやバイト代などをあわせて127,280円となっています。実際に家賃や光熱費なのどの固定費を差し引いて残り金額でやり繰りをしているとしたら、食費が2万円ちょっとというのもうなずけますね。

一人暮らしの大学生、食費を安く済ませるには?

食費はできるだけ安く抑えたいですよね。一人暮らしの大学生が食費を安く済ませるためのポイントを紹介しちゃいます。

学食を賢く利用しよう!

大学生のメリットは学食にありつけること。学食の値段は学費によって控除されているため、ボリューム満点の食事を通常の外食価格の半分程度で食べる事ができます。これはぜひとも活用したい!

外食するなら格安外食チェーン店で!

imasia_15431826_M
一人暮らしの味方、牛丼!
昨今は牛丼店などの格安外食チェーン店は珍しくありません。牛丼といえば吉野家。吉野家の牛丼並盛は380円です(2019年4月時点)。格安外食チェーン店も賢く利用しよう!

スーパーのお惣菜を買う

pixta_681142_M
一人暮らしであれば、一人分の揚げ物などを家でするよりスーパーのお惣菜を買っておかずにした方が安上がりな場合も。スーパーの閉店間際になるとお惣菜に半額シールが貼られることもあるので、狙い目です。

できるだけ自炊を心がける

imasia_13443051_M
やはり食費を安く抑えるには、自炊が大切です。総務省「小売物価統計調査(2017年平均)」によると、お米の平均価格は5㎏2,388円(銘柄コシヒカリ/東京都区部)。茶わん1杯のご飯150gを精米に置き換えると約60g(0.4合)なので、1日3食とすると、お米代は以下のようになります。

  • 1日(精米180g)で85.86円
  • 1週間(精米1260g)で600.82円
  • 1カ月(精米5400g)で2,586.8円

つまり、家でお米を炊いて食べれば1日当たりのお米代は28.62円、3食すべての場合は1日85.86円です。大学生の一日平均874円から差し引くと残りは788.14円。この値段であれば、3食分のおかずを、スーパーのお惣菜でそろえても何とかなると思いませんか?

一人暮らしの大学生、自炊のワンポイント

一人暮らしの大学生向けの自炊のワンポイントをご紹介します。

自炊する時は、食材は最後まで使いきろう!

自炊するには、ある程度の食材を冷蔵庫に蓄えておくのが基本です。そして食材はちゃんと使い切らないと金銭的なロスになります。野菜炒めを作るためにキャベツを買って、半分くらい残ったまま腐らせてしまったり、いつの間にか食材の消費期限が切れていた……ということがないよう、「買った食材は使い切ること」を心がけましょう。

野菜不足は味噌汁で解消しよう!

一人暮らしだとどうしても野菜不足になりがちですね。いちばん簡単に、毎日野菜が取れるのがお味噌汁です。どの野菜を入れても美味しいし、味噌汁にすれば冷蔵庫の残り野菜を使い切ることもできます。野菜不足を感じたら、野菜たっぷりのお味噌汁を作ってみて◎

食費だけじゃなく、光熱費も賢く節約しよう!

一人暮らしの大学生の食費についてご紹介しました。でも、食費だけでなく、他の光熱費も節約できたら嬉しいですよね!一人暮らしの水道光熱費の平均額は以下のようになります。

一人暮らし世帯ひと月あたりの光熱費平均額(2017年総務省統計-34歳以下)
電気代
3,172円
ガス代
2,384円
水道代
1,363円

水道光熱費のうち、電気代がいちばん多くかかっていますね。電気代の節約というと、こまめに電気を消したり、使っていない電気製品の電源プラグをコンセントから抜くといった方法が思い浮かびますが、もっと簡単で効果的な節約方法があるんですよ。

それが、電気料金プランの見直しです。スマホの料金プランと同じで、電気の料金プランも自分に合うものを選ばないと損なんです。大学生でも一人ひとり生活スタイルは違いますね。自分が家にいる時間帯の電気代が安くなるプランを選ぶと、電気代を無駄なく節約できるんです。

でも、数ある電力会社のプランの中から自分で選ぶのって大変だし面倒に感じてしまいますね。だけど、エネチェンジ電気料金比較なら、簡単に自分にピッタリのプランを無料で比較することができますよ。

自分に一番見合った電力会社のプランに切り替えて、電気代をかしこく節約しよう!


光熱費の多くを占めている電気代を節約して、少しでも生活に余裕ができたら嬉しいですよね!そのために、今すぐいちばんお得になる電気料金プランへ見直しをしましょう。

さっそく、アナタに一番ぴったりな電力会社のプランを探してみよう!

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。