J:COM電力とauでんきの電気料金を徹底比較!お得なのはどちら?

J:COM電力とauでんきの電気料金を徹底比較!お得なのはどちら?
電気代の節約、節電テクニック

J:com電力とauでんき、どちらのほうが電気代が安いのでしょうか?2つの電力会社のプランを徹底比較します。それぞれの電力会社のプランの特徴・メリットも紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

J:COM電力とauでんき、切り替えるならどちらのほうが電気代が安くなるのでしょうか?本記事では2つの電力会社のプランをエリアごとに徹底比較し、料金設定や特徴の違いについて紹介します。

記事を読む前に…
電力会社を変えると
年間平均21,939円節約できます!

エネチェンジ電力比較診断の3人世帯を選択したシミュレーション結果で、電気代節約額1位に表示されたプランの年間節約額の平均値です。節約額はギフト券などの特典金額も含まれています(シミュレーション期間/2022年5月1日〜2022年6月12日)

全国で1000万世帯以上が、すでに電力会社を切り替えています。次はアナタが電力会社切り替えで、賢い電気代の節約を始めましょう。さっそくアナタの住んでいるエリアの電力会社を検索!
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。
更新日
2022年7月11日

J:COM電力とauでんき、どちらのほうがお得?エリア別に比較

J:COM電力とauでんきの電気料金は、どちらのほうがお得なのでしょうか。エリア別に比較してみましょう。

北海道電力エリア

区分単位J:COM電力「 家庭用コース 従量B」北海道電力エリア料金(消費税率10%)auでんき「でんきMプラン(北海道)」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約341円00銭341円00銭
15A511円50銭511円50銭
20A682円00銭682円00銭
30A1023円00銭1023円00銭
40A1364円00銭1364円00銭
50A1705円00銭1705円00銭
60A2046円00銭2046円00銭
電力量料金~120kWh1kWh23円97銭23円96銭
121kWh〜280kWh30円26銭30円25銭
281kWh〜33円98銭33円97銭

北海道電力エリアのJ:COM電力「家庭用コース 従量電灯B」とauでんき「でんきMプラン(北海道)は基本料金が同額。J:COM電力「家庭用コース 従量電灯B」の電力量料金は使用量に応じて割引が適用されます。0kWh〜120kWhは0.5%、121kWh〜280kWhは1%、281kWh〜は10%が電力量料金より割引きされるため、電力量料金はJ:COM電力「でんきMプラン(北海道)」の方が安くなります。

東京電力エリア

区分単位J:COM電力「 家庭用コース 従量B」東京電力エリア料金(消費税率10%)auでんき「でんきMプラン(東京)」料金(消費税率10%)
基本料金10A1契約286円00銭286円00銭
15A429円00銭429円00銭
20A572円00銭572円00銭
30A858円00銭858円00銭
40A1144円00銭1144円00銭
50A1430円00銭1430円00銭
60A1716円00銭1716円00銭
電力量料金~120kWh1kWh19円88銭19円87銭
121kWh〜300kWh26円48銭26円47銭
301kWh〜30円57銭30円56銭

東京電力エリアのJ:COM電力「家庭用コース 従量電灯B」とauでんき「でんきMプラン(東京電力)は基本料金が同額。J:COM電力「家庭用コース 従量電灯B」の電力量料金は使用量に応じて割引が適用されます。0kWh〜120kWhは0.5%、121kWh〜300kWhは1%、301kWh〜は10%が電力量料金より割引きされるため、電力量料金はJ:COM電力「でんきMプラン(東京電力)」の方が安くなります。

関西電力エリア

区分単位J:COM電力「家庭用コース 従量A」関西電力エリア料金(消費税率10%)auでんき「でんきMプラン(関西)」料金(消費税率10%)
最低料金~15kWh1契約341円01銭341円00銭
電力量料金16kWh~120kWh1kWh20円31銭20円30銭
121kWh〜300kWh25円71銭25円70銭
301kWh〜28円70銭28円69銭

関西電力エリアのJ:COM電力「家庭用コース 従量電灯A」とauでんき「でんきMプラン(関西電力)は基本料金が同額。J:COM電力「家庭用コース 従量電灯B」の電力量料金は使用量に応じて割引が適用されます。16kWh〜120kWhは0.5%、121kWh〜300kWhは1%、301kWh〜は10%が電力量料金より割引きされるため、電力量料金はJ:COM電力「でんきMプラン(関西電力)」の方が安くなります。

お得な電気料金プランを「エネチェンジ電力比較」で探してみよう!

お住まいのエリアや毎月の電気使用量などによって、お得な電気料金プランは異なります。今の生活スタイルに合わせてプランを選んで電力会社を切り替れば、電気代を安くすることが可能です。

「エネチェンジ電力比較」では、郵便番号などを入力するだけで、ご家庭のライフスタイルにぴったりな電力会社のプランを比較できます。ぜひ試してみてくださいね。

乗り換え前に知っておきたい!J:COM電力の特徴

ここでは、J:COM電力のメリットやプランの特徴をご紹介します。

J:COM電力とは

J:COM電力は、ケーブルテレビやネット回線で知られるJ:COM株式会社が提供。供給エリアは、一部地域を除く北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリアです。

なお、J:COM電力は、J:COMのケーブルテレビやインターネット回線などを利用していない方でも申し込みができます。

J:COM電力のメリット

J:COM電力には、次のようなメリットがあります。

電力量料金が最大10%安くなる
「家庭用コース 従量A/B/C」の基本料金は、旧一般電気事業者の従量電灯プランと同額です。電力量料金は旧一般電気事業者と同額設定ですが、使用する電力量に応じて割引が適用されます。0kWh〜120kWh(121kWh〜280kWh)は0.5%、121kWh〜300kWh(281kWh)は1%、301kWh〜は10%が電力量料金より割引きされます。電力量が増えるほど割引率が高くなるため、電気をたくさん使うご家庭におすすめです。上記カッコ内は、北海道電力エリアの電力量です。
地球温暖化防止にも貢献できる電気料金プラン「グリーンメニュー」がある
CO2排出量実質ゼロの電気が使えるうえ、電気料金の一部は森林保全活動に利用。1世帯につき約5~10平方メートルの森林を、1年間にわたって守ることができます。料金は、旧一般電気事業者の従量電灯プランと同額です。
通信費・光熱費の一括管理ができる
J:COMは電気以外にもインターネット、携帯電話・スマホ、固定電話、ケーブルテレビ、ガスなど、生活に欠かせないサービスを提供しています。マイページでは、すべてのサービスが一覧できるので、家計の管理が楽になります。

J:COM電力はどんな人におすすめ?

J:COM電力は次のような人におすすめです。

  • 電気の使用量が多く、電気代を節約したい人
  • 環境問題に貢献できる電気を利用したい人
  • 通信費・光熱費管理をカンタンにしたい人

乗り換え前に知っておきたい!auでんきの特徴

ここでは、auでんきの特徴やメリットをご紹介します。

auでんきとは

auでんきを販売するのは、通信会社大手のKDDI株式会社です。供給エリアは、一部離島を除く北海道電力エリア、東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、北陸電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、四国電力エリア、九州電力エリア、沖縄電力エリア。

auでんきのメリット

Pontaポイントが貯まる
auでんきでは、auでんき利用時のIDに「au ID」を使用する場合、毎月の電気料金に応じて最大5%がPontaポイントで還元されます。1カ月の電気料金が5,000円(税抜)未満の場合は1%、5,000円(税抜)以上8,000円(税抜)未満の場合は3%、8,000円(税抜)以上の場合は5%分のPontaポイントが付与されます。
環境に考慮した電気が使えるプランがある
auでんきの「ecoプラン」では、電気料金は旧一般電気事業者の従量電灯プランと同額で、実質的に再生可能エネルギー100%の電気が利用できます。また、電気料金の一部が環境保全活動に寄付され、環境保全に貢献も。
UQモバイルを利用している場合、セット割引が利用できる
UQモバイルの「くりこしプラン(S/M/L)+5G」を契約している場合、自宅セット割の利用でUQモバイルの月額料金が、「くりこしプランS +5G」「くりこしプランM +5G」は580円/月(税抜)、「くりこしプランL +5G」は780円/月(税抜)割引されます。

「ecoプラン」ではPontaポイントによる還元はありません。

auでんきはどんな人におすすめ?

次のような人は、auでんきが向いています。

  • Pontaポイントを貯めている人
  • UQモバイルを利用している人
  • 環境に考慮した電気を使いたい人

J:COMかauでんきを選択するときのポイント

J:COM電力とauでんきを電気料金だけでみると、auでんきよりJ:COM電力のほうが電気代が割安です。しかし、Pontaポイントでポイ活をしている方、UQモバイルを利用中でセット割引ができる方は、auでんきを利用するメリットがあります。

ご自身のライフスタイルに合わせて、どちらのメリットが大きいか、検討してみてください。
 

 

  • twitter アイコン
  • Facebook アイコン
  • はてな アイコン
  • LINE アイコン
切り替えるといくら節約できる? 電気料金を比較・節約!
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約 」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。