kVAとは何か?計算の仕方は?

でんきの基本

kVA(キロボルトアンペア)の計算方法をご説明しまいます。ボルトやアンペアについても順を追って説明していくので簡単に理解できますよ!

電気代を計算する時にたまに出てくるkVAという単位ですが、V(ボルト)でもなくA(アンペア)でもなくkVA(キロボルトアンペア)とは一体何の事なのでしょうか?kVAについてご説明します。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

V(ボルト)とA(アンペア)

kVA(キロボルトアンペア)を理解するにはまず、V(ボルト)とA(アンペア)の意味を理解する必要があります。まずはこの2つの意味を説明しますね。電気の単位で説明すると分かりにくいので、電気が流れる様子を水がホースを流れる様子に置き換えて説明していきます。水がホースを通ってホースの外に出ていく様子を電気に置き換えると、

  • 流れようとする水の力=電圧(V)
  • 流れている水=電流(A)

ということになります。流れている水は電流=アンペア、流れようとする電気の力が電圧=ボルトということになります。流れている水の量が電気の量ということになるので、アンペアは1秒間に流れる電気の量ということですね。

VA(ボルトアンペア)

W(ワット)は電流(A)と電圧(V)を掛け合わせた電気の大きさを表す単位ですが、VA(ボルトアンペア)も同じように電気の大きさを表す単位です。では何が違うのでしょうか。

  • Wというのは実際に使われる電力のことで、有効電力と呼ばれます。
  • VAというのは、電気機器を動かすために消費される電力で、皮相電力と呼ばれます。

電熱器具などは実際に使われる電力仕事をする電力が同じなので、VAとWの数値が同じです。しかし、掃除機などのモーターが搭載されている電気製品は、実際に使われる電力と仕事をする電力が違ってきます。全体の電力の大きさであるVAから、モーターを作動するために使われた無駄な電力を差し引いた電力がWというわけですね。電子レンジの場合は、電子レンジを動かす全体の電力がVA、温める機能に使われる電力がWとなります。そのため、WよりVAの数字が大きくなります。

  • 皮相電力(VA)に力率をかけた数値が有効電力(W)となります。

力率=W÷VA

力率というのは、有効に使用できる電気がどのくらいかを示す値の事です。そして、力率という指標が電気機器の消費電力の計算に影響してきます。「有効電力」と「皮相電力」の比率を力率として表し、その比率が低いほど無駄な電力が少ないということになりますね。

kVA(キロボルトアンペア)って何?

VAの意味が分かったところで、次は遂にkVA(キロボルトアンペア)についてです。単位が変わると何のことだか混乱してしまいますが、実はすごく簡単!

  • 1000VA=1kVA

となります。1000gは1kgと表すのと同じ考え方ですね。
参照:用語解説辞典|【公式】NTTPC

kVA(キロボルトアンペア)の計算まとめ

kVA(キロボルトアンペア)の計算方法、わかりました?また、kVAは皮相電力という、その電気製品全体を動かすために使われる値だということが分かりましたね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数