エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 東電、持ち株会社制移行後の新ブランドを発表。ロゴも一新へ
 

東電、持ち株会社制移行後の新ブランドを発表。ロゴも一新へ

電力自由化ニュース

東京電力はこのほど、2016年4月1日の持ち株会社制への移行後の商号や新ブランドについての詳細を発表しました。これらの新しいブランドや、それぞれの役割はどうなっているのでしょうか。2016年の電力自由化後の役割を交えて、お伝えします。

東京電力はこのほど、2016年4月1日の持ち株会社制への移行後の商号や新ブランドについての詳細を発表しました。これらの新しいブランドや、それぞれの役割はどうなっているのでしょうか。

東京電力の新しいシンボルマークは「TEPCO」

東京電力の発表によると、全体を統括する持ち株会社を「東京電力ホールディングス」とし、その傘下に3つの事業会社を置きます。燃料・火力発電事業会社を「東京電力フュエル&パワー」、一般送配電事業会社を「東京電力パワーグリッド」、そして小売り電気事業会社を「東京電力エナジーパートナー」としました。

持株会社制移行後の東京電力シンボルマーク
出典:東京電力 ホールディングカンパニー制移行後の新ブランドについて(PDF 629KB)

持ち株会社制への移行に合わせてロゴマークも一新します。東京電力の英語略称「TEPCO」を基にデザインし、新たなロゴマークは持ち株会社と燃料・火力発電会社、小売り事業会社が共通で使用します。

消費者が契約するのは「東京電力エナジーパートナー」

東京電力エナジーパートナーのロゴマーク
「東京電力エナジーパートナー」(東京電力の発表資料より)

このうち、一般消費者が電気の購入のために契約する先は「東京電力エナジーパートナー」になります。

東京電力は「エナジーパートナー」という名称について「電気を含む様々なエネルギー商品やサービスを消費者に提供する」と発表しており、事業会社として電気の販売だけでなく、多様なニーズに応えてゆく姿勢を表しています。

発電や燃料の調達を行う「東京電力フュエル&パワー」

東京電力フュエル&パワーのロゴマーク
「東京電力フュエル&パワー」(東京電力の発表資料より)

「東京電力フュエル&パワー」は、発電を担当する事業者です。「燃料」と「電気」の2つの意味の言葉をつなぎ、燃料調達から発電までを統合した事業者という意味を込めたとされています。

電気の安定を担うのは「東京電力パワーグリッド」

東京電力パワーグリッドのロゴマーク
「東京電力パワーグリッド」(東京電力の発表資料より)

「東京電力パワーグリッド」は送配電網を示す意味の言葉をストレートに社名とし、事業領域を明確に示しています。

この「東京電力パワーグリッド」はすべての電力事業者に対して公平な送配電事業の提供を行う会社となり、2020年の発送電完全分離(分社化)後には、完全に東京電力グループから切り離されることになります。このことを踏まえて、ロゴマークは常に電気を送り続けることを象徴した「エタニティマーク(∞)」をイメージしたものとなり、TEPCOの文字が含まれない独自の商標となっています。

グループを統括する持株会社「東京電力ホールディングス」が福島第一原発事故の賠償などを受け持つ

これらの3社をとりまとめる持株会社が「東京電力ホールディングス」となります。持株会社は賠償、廃炉、復興支援等に責任をもって取り組むものとされており、責任範囲の明確化が行われています。

分社化のねらいは

これらの新たな事業体制は、2016年4月からの電力小売りの完全自由化とその後の送配電部門の法的分離(2020年)をにらんだものです。現在すでに社内カンパニー制として独立会計の体制を整えている3事業について、他の大手電力会社に先駆けて発電、送配電、小売りの各事業を分社化した体制を整えることで、経営効率の向上と収益基盤の確立、福島第一原子力発電所事故の賠償責任を果たしてゆく姿勢を明確にしました。

分社化後の組織図
出典:東京電力 ホールディングカンパニー制移行後の新ブランドについて(PDF 629KB)

電力自由化の流れに対応した企業の組織再編は東電が先陣を切っていますが、他の大手電力なども今後、追随することが予想されます。

100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「探す」ボタンを押してください。

嶋田宏実

大手メディアの現役記者。欧米での駐在経験があり、各国のエネルギー事情に通じる。
嶋田宏実
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。