エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン テレワーク応援で限定特典も! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. LooopDR「在宅応援タイム中」にためしたい!でんきの使い方、2つの工夫
 

LooopDR「在宅応援タイム中」にためしたい!でんきの使い方、2つの工夫

電気代の節約、節電テクニック

新型コロナウイルス感染症対策の影響で、日中の在宅時間や在宅人数の増加に伴い電気代負担が増えるLooopでんき契約者に対して、電気代の一部を還元するというLooopDR「在宅応援キャンペーン」。「在宅応援タイム」におためしいただきたいでんきの使い方をご紹介します。

4月15日、Looopでんきは電気代の一部を還元するLooopDR「在宅応援キャンペーン」を実施を発表しました。

新型コロナウイルス感染症対策の影響で、日中の在宅時間や在宅人数の増加に伴い電気代負担が増えるLooopでんき契約者に対して、電気代の一部を還元するという内容です。

キャンペーン詳細ほか、LooopDR「在宅応援タイム中」におためしいただきたい、電気の使い方をご紹介します。

LooopDR「在宅応援キャンペーン」とは?

「在宅応援キャンペーン」はLooopでんき契約者であればどなたでも参加できる期間限定のキャンペーンです(※)。
募集多数により、本キャンペーンは受付終了となりました。次回以降のキャンペーンをお待ちくださいね。

参加者は期間中、日中の太陽光などで自然エネルギーが多くつくられる時間帯(在宅応援タイム)に積極的に電気を使います。

利用者ごとに設定される標準的な使用量を上回った電気使用量(※)に対して得点が付与され、その得点はAmazonnギフト券に交換できるという取り組みです。
※[実際の電気使用量]から[ご利用者ごとの標準的な電気使用量の想定]の差分

LooopDR「在宅応援キャンペーン」の取り組み方

DRの取り組み方

*3 – DR発動時間帯とは、取り組みが必要な時間帯のことをいい、「在宅応援キャンペーン」の場合は、電気を積極的に使う時間帯をさします。
*4 – 変化量を得点化し、得点は特典と引き換えることができます。
*5 – 1点あたり1円分のAmazonギフト券が還元されます。詳しくはLooopでんきホームページの「在宅応援キャンペーン」をご覧ください。

得点の還元率は電気料金単価の40%相当(※)!

標準的な使用量を上回った電気使用量1kWhあたり10点が付与され、1点はAmazonギフト券1円分として還元されます。

たとえば九州エリアの場合、「おうちプラン」の電気料金単価23.4円に対し、1kWhあたり10点(10円分)還元されるので、還元率は42.7%になりますね。
※Looopでんきの「おうちプラン」「ビジネスプラン」「動力プラン」の電気料金単価に対する還元率の平均は44.8%

ところで、Looopでんきってどんな会社?DRってなに?

Looopでんきとは
基本料金0円、電気料金は使った使用量に対してだけのお支払いというシンプルな料金体系で人気のLooopでんき。

2020年1月現在、18万世帯以上が契約をしている電力会社です。

詳しくは「Looopでんき(ループでんき)の電気料金プランと特徴・評判」をご覧ください。

DRとは
デマンドレスポンスの略。ユーザが電気の使い方を工夫し、発電量と使用量のバランスを整えることに協力をする取り組みのことをいいます。

詳しくは「ユーザ参加型の新しい電気の使い方、DR(デマンドレスポインス)とは?」をご覧ください。

どうして電気を使う取り組みなの?
春や秋は天候のよい日が多く、日照時間も長いことから太陽光発電により多くの電気がつくられています。
その一方で、電気は発電量と使用量のバランスが崩れると停電などを引き起こす可能性があるため、発電量の増加に伴い、使用量も増やす必要が生じます。
太陽が照っている時間帯に、電気を積極的にご利用いただくことで、需要(発電)と供給(使用)のバランスを整えるだけでなく、自然の恵みでつくられたエネルギーを他の発電方法で作られたエネルギーよりも優先して無駄なく利用できるのです。

LooopDR「在宅応援キャンペーン」では、どのように電気を使えばいいの?

「在宅応援タイム」におためしいただきたい、電気の使い方の工夫を2つご紹介します。

  1. 電気をたくさん使う家事を知り、積極的に行う
  2. ホットプレートを使ってお昼ごはんを作ってみる

1. 電気をたくさん使う家事を積極的に行う

みなさんは電気使用量が多い家電と聞いて、どんな家電を思い浮かべますか?

エネチェンジの「【2020年最新版】電気代の高い家電11選、一番電気代のかかる家電は?」によると、下記11の家電が挙げられています。

  1. エアコン冷暖房
  2. 洗濯乾燥機
  3. 食器洗い乾燥機
  4. 冷蔵庫
  5. 照明
  6. テレビ
  7. アイロン
  8. 炊飯器
  9. ドライヤー
  10. 電子レンジ
  11. 掃除機

「在宅応援キャンペーン」は4月23日から5月24日と、エアコンによる冷暖房が頻繁に必要のない時期に行われますので、2位以下の家電をじょうずに使っていきましょう。

「在宅応援タイム」は日によって異なり、18時前後にメールで翌日の「在宅応援タイム」情報が届きます。

ちょっとしたゲーム感覚で、「在宅応援タイム中」に合わせて、翌日の家事のスケジュールを立ててみるのはいかがでしょうか。

2. ホットプレートを使ってお昼ごはんを作ってみる

ホットプレートも電気代が高い調理家電のひとつです。
たとえば、いつもはフライパンで作っている焼きそばなどをホットプレートで作ってみるのはいかがでしょうか。
不要不急の外出に対し自粛が求められている今だからこそ、食事づくりをコミュニケーションのひとつとしてためしてみるというのもおすすめです。

無理のない電気のご利用を

LooopDR「在宅応援キャンペーン」は4月23日(木)から5月24日(日)までの開催です。

くれぐれも無理やご負担のない範囲で、電気の使い方の工夫をしてみてくださいね。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。