【重要】 「廃止になる東京電力EPプラン」ご利用中の方へ
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 夜間蓄熱式機器(暖房機・温水器)の電気代をさらにお得にする方法!
 

夜間蓄熱式機器(暖房機・温水器)の電気代をさらにお得にする方法!

夜間蓄熱式機器(暖房機・温水器)の電気代をさらにお得にする方法!
電気代の節約、節電テクニック

深夜電力以外にも夜間蓄熱式機器をお得にご利用できる様々な料金プランがあります。ここでは、蓄熱暖房機・エコキュート・電気温水器などの夜間蓄熱式機器をご利用のご家庭向けに、お得に使える料金プランをご紹介しています。

深夜電力以外にも夜間蓄熱式機器をお得にご利用できる様々な料金プランがあります。

ここでは、蓄熱暖房機・エコキュート・電気温水器などの夜間蓄熱式機器をご利用のご家庭向けに、お得に使える料金プランをご紹介しています。

夜間蓄熱式機器をお得に利用できるプランがあります

安い深夜電力を利用してお湯を沸かすエコキュートや電気温水器、安い深夜電力を利用して蓄熱をする蓄熱暖房機などの夜間蓄熱式機器向けの料金プランには、深夜電力プランの他に、以下のような種類のプランがあります。

深夜電力プラン

従量電灯プランなどと組み合わせてご契約されるプランです。ご契約された夜間蓄熱式機器に使う電気にのみ、安い深夜電力料金単価が適用されます

時間帯別プラン

1日を2時間帯別や3時間帯別に分け、それぞれの時間帯ごとに料金単価が設定されています。夜間は安い深夜電力料金単価が設定されており、夜間蓄熱式機器のみならず、ご家庭で使う全ての電気に安い深夜電力料金単価が適用されます

ピークシフトプラン

北海道は冬の夕方、北海道以外は夏の午後、その地域で一番電力需要が高くなる時間帯(ピーク時間帯)の料金単価設定を割高にし、その分夜間は安い深夜電力料金単価が設定されています。夜間時間帯には夜間蓄熱式機器のみならず、ご家庭で使う全ての電気に安い深夜電力料金単価が適用されます

オール電化向けプラン

夜間蓄熱式機器やIHキッチンなど、ご家庭の熱源を全て電気で賄うオール電化住宅向けの料金プランは、夜間蓄熱式機器を使用することを前提として時間帯別の料金単価設定がされていますので、オール電化ではなくとも夜間蓄熱式機器をご利用のご家庭に向いているプランです。
夜間は安い深夜電力料金単価が設定されており、夜間蓄熱式機器のみならず、ご家庭で使う全ての電気に安い深夜電力料金単価が適用されます

深夜電力は二口契約、プラン変更すると一口契約になり基本料金がお得に

エコキュート・電気温水器・蓄熱暖房機などの夜間蓄熱式機器をご利用のご家庭で深夜電力プランをご契約されている方もたくさんいるでしょう。しかし、深夜電力プランから、同じ安い深夜料金が適用されるオール電化向けプランなどにプラン変更をした場合、基本料金がとてもお得になります

深夜電力契約というのは、一般的には従量電灯などのプランと組み合わせて契約をします。家庭の通常のコンセントから使用する電気は、従量電灯契約プランの料金単価で計算され、夜間蓄熱式機器は深夜電力の料金単価で計算されます。基本料金も二口分となります。

しかし、時間帯別電灯やオール電化向けプランなどにプラン変更をした場合、家庭で使う全ての電気は同じ料金単価で計算されます。基本料金も一口分のみとなります。

深夜電力を契約した場合(基本料金が二口)

  • 従量電灯契約(一口)+深夜電力契約(一口)=ひと月の電気料金(二口契約)
  • 深夜料金は夜間蓄熱式機器のみに適用される

深夜電力プランは従量電灯プランなどと組み合わせて二口の契約となるため、二口分の基本料金がかかってしまいます。さらに、深夜料金は夜間蓄熱式機器や電気温水器など、契約した機器にしか適用されませんので、家庭のコンセントから使用する電気に安い深夜電力料金単価は適用されません

もし、夜間に電気をたくさん使うご家庭なら、深夜電力ではなく、オール電化向けの料金プランや、夜間が安くなる時間帯別電灯プランを契約したほうが電気代がお得になる場合があります。

オール電化向けプラン・時間帯別電灯プランなどを契約した場合(基本料金は一口)

  • 一口契約となり、基本料金は一口分のみ
  • 夜間蓄熱式機器だけではく、ご家庭で使う全ての電気に安い深夜電力料金単価が適用される

オール電化住宅向けの料金プランや時間帯別電灯プランなどにプラン契約をした場合、一口契約となり、基本料金は一口分で済みます。さらに、安い深夜の電気料金が夜間蓄熱式機器だけでなく、家庭のコンセントから利用する電気にも適用されるため、夜型の生活などで夜間電気をたくさん使うご家庭は、今よりも電気料金がぐんとお得になる場合があります。

どのくらいお得になるの?

それでは、二口契約から一口契約に変更した場合どのくらいお得になるのでしょうか?以下に、中部電力の料金単価を例に計算してみました。

二口契約の場合
基本料金は3,499円(従量電灯B契約アンペア数60A1,684円80銭+低圧深夜電力B契約量6kW1,814円40銭=3,499円20銭)
低圧深夜電力Bの深夜料金単価1kWあたり13円45銭は蓄熱式機器のみに適用され、家庭のコンセントから使用する電気には従量電灯Bの料金単価1kWあたり20円68銭~27円97銭(使用電力量による)が適用される。
一口契約の場合
時間帯別電灯を契約した場合、基本料金は1,296円(6kVA)
時間帯別電灯の深夜料金単価1kWあたり13円45銭が夜間蓄熱式機器・家庭のコンセントから使用する全ての電気に適用される。

2014年9月時点の料金単価です

中部電力の場合、二口契約から一口契約に変更した場合、時間帯別電灯に変更すると基本料金が2,203円お得になります。低圧深夜電力Bと時間帯別電灯の夜間時間帯における1kWあたりの電力量料金はどちらも13円45銭と同額ですので、一口契約の時間帯別電灯にしたほうがお得になることがわかります。

さらに、夜間家庭のコンセントから電気を使用する場合も、一口契約の場合は安い深夜料金単価が適用されますのでお得になることがわかります。共働きで日中不在がちなご家庭や、夜型の生活などで夜間電気をたくさん使うご家庭は一口契約に切り替えたほうが電気代はお得になります。

それぞれの生活時間帯に見合った料金プランを選びましょう

エコキュート・電気温水器・蓄熱暖房機などの夜間蓄熱式機器をご利用のご家庭で、人数が多く電気をたくさん使うご家庭はオール電化向けプラン、人数が少なく夜型の生活のご家庭は時間帯別電灯プラン、ピーク時間帯(北海道は冬の16-18時/北海道以外は夏の13-16時)に在宅していないご家庭はピークシフトプラン、のように、ご家庭の生活スタイルに見合った料金プランを選ぶことで電気代はお得になります。

電気料金プランをみなおしたことがないご家庭は、一度プランのみなおしをしてみましょう。

100万世帯以上が切り替えています
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。