エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
引越し先での電気の手続き
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 冬を快適に!部屋の温度と湿度をあげる方法
 

冬を快適に!部屋の温度と湿度をあげる方法

毎日の暮らし

部屋の温度と湿度をあげる方法をご紹介します。適度な温度と湿度を保って冬を快適にすごしましょう。

冬の朝はお部屋が寒くてなかなか起きれない人もいるのではないでしょうか?お部屋の温度をあげる方法には、自分でできる簡単なものもあります。どんな工夫が必要なのかをご紹介しますよ。

冬の室内はこんなに寒い

お部屋の中は暖かいはず、なのに寒くて震えている人が多いのではないでしょうか。外にいるよりマシだけれど、それでもやっぱり寒い。いったい、冬の室内は、どれくらい寒いのでしょう。

『旭化成健材株式会社』調べによると、冬の寝室の温度は10℃前後が多いようです。廊下は8℃くらい!お布団の中は28〜33℃だそうで、その差20℃です。この数字を見ただけで布団から出れなくないそう……日本の家がどれだけ寒いかがお分かりいただけたでしょうか。
参照:ニホンの家は寒いです|旭化成の断熱材

快適に感じる温度と湿度

私たちが暮らす中で、快適に感じる温度と湿度は、どれくらいなのでしょうか。冬に快適な温度と湿度は、室内温度18℃〜22℃、室内45%〜60%と言われています。寝室の平均気温と10℃も開きがあるのですね。

快適に感じる部屋の温度は、温度と湿度のバランスが大切なようです。また、部屋の空気の循環をよくすることで、暖かい空気がお部屋を平均的に温め、冷暖房の効率も上がります。

部屋の温度を逃がさない方法

寒い冬に、せっかく部屋を暖めたのなら、出来るだけその温度を逃したくないですよね。温めた部屋の温度を守るためのノウハウを調べてみましょう。

そもそも、なぜ部屋が寒くなるのかといえば、窓などの開口部から熱が逃げるためです。窓に施す対策には、どんなものがあるでしょうか。

窓の気密性と断熱性を高める

部屋の温度を逃さないためには、気密性と断熱性がポイントになります。そのためには、サッシや窓の隙間を埋める必要があります。外気が直接部屋に侵入するのを防いで、部屋の温度を逃さず、寒い外気も入れさせない工夫をしましょう。

  • 二重窓
  • カーテンを敷く

機密性を高めるためには、サッシや窓の隙間を埋める必要があります。外気が直接部屋の中に入ってくるのを防ぐことで部屋を寒さから守ります。

また、窓自体から冷気が伝わってくるので、窓の冷気が直接部屋に流れ込んでこないような対策となります。具体的には二重窓にしたりカーテンを敷いたりという方法になります。

隙間ガードシールを貼る

サッシの窓の隙間風対策に効果的なのは、「隙間ガードシール」。ホームセンターなどで手軽に手に入ります。初心者でも簡単に貼れるのでおすすめ。窓からの隙間風が気になるようであれば、ぜひ利用してみてください。

内窓を取り付ける

ホームセンターなどで内窓セットを購入するが可能です。手軽に費用を掛けずに出来るのでおすすめです。簡易内窓はプラスチックで自作することも可能です。

カーテンの隙間を埋める

両面テープや洗濯ばさみでカーテンの隙間を埋めるというちょっとした工夫だけで、部屋の温度が1度~2度は変わってくるのでぜひ試してみてください。マジックテープなどで隙間を止めると開閉時もラクです。

自分で出来る断熱方法

窓
窓を断熱したい
自分で出来る方法で、おうちの断熱効果を上げましょう。

窓に断熱シートを張る方法

窓に貼るだけで窓を通じて部屋の中に伝わる冷気を防ぐことが出来る断熱シート。ホームセンターで二千円から三千円で購入できるので、手軽に防寒対策ができます。取り付け作業は両面テープで固定して、余った部分を切り取るだけ。効果が高く、お金をかけずに出来る断熱対策です。

また、断熱シートの変わりに窓にプチプチを張っても断熱効果があります。梱包などに使う気泡緩衝材(プチプチ)を利用して、窓の冷えがお部屋に直接伝わるのを防ぎましょう。養生テープを利用するとはがすときにも跡がつかないのでお勧めです。

窓にかけるカーテンを工夫

窓のカーテンをなるべく厚めのもので対策しましょう。冷気は下の方から部屋に入ってくるので、長めで厚手のカーテンを掛けるだけで、窓の寒さ対策にはとても有効です。

また、窓際にボードなどを立てるのも一つの方法です。ボード一つで外気を大幅にカットしてくれるので、部屋を暖かく保ってくれます。

リフォームで温かく

自分で出来る方法もあるけれど、リフォームをしてしまえば簡単ですね。部屋を暖かくするためのリフォームとは、どのような方法があるのでしょうか。

二重窓にする

やはり窓を対策するのが、部屋の温度を守るポイントだといえます。

二重窓にリフォームすると、窓からの熱の出入りを抑えることができます。おおよそ1時間程で作業できるようなので、リフォーム業者に相談してみましょう。冷暖房の効きやすい快適な住環境を作り上げることが出来ますよ。ちなみに小さな窓であれば7万円〜。窓の大きさや作りによって金額は異なります。

また、サッシはそのままでガラスを断熱ガラスに変える方法もあります。この方法は見た目も変わらず、工事も30分くらいなので、試しやすいですね。

窓の断熱を工夫して、暖かく

pixta_18574743_M
暖かいお部屋が、やっぱりいい
工夫次第で、日本の家でもあたたかくなります。

寒い日本の室内でも、窓を工夫する事で温かく快適に過ごす事が出来ますね。
自分で出来る方法、リフォームで窓の気密性と断熱性を上げる方法と様々ですが、出来そうな事から試していきましょう。

部屋の湿度をあげるには?

心地よく過ごすには、湿度も大切です。冬は特に乾燥する季節なので、意識的に湿度をあげていきたいですよね。加湿器があれば早いですが、お金をかけずに湿度をあげる方法もありますよ。

  • 濡れたタオルを部屋に干す
  • 霧吹きでシュッと水をまく
  • お湯をわかす
  • 水を入れたコップや洗面器を置く
  • 浴室の扉をあけておく

乾燥で喉がやられると風邪を引いてしまう人も多いですよね。女性にとっては美容面も気になります。試してみましょう。

部屋の温度と湿度をあげる方法まとめ

部屋の温度と湿度をあげる方法をご紹介しました。温度については、自分でできるものからリフォームまで幅広くありますが、湿度の調整は手軽にできますよね。部屋で過ごす時間を快適にするためにも、温度と湿度はうまく調整をしていきましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
エネチェンジ利用規約」 をご一読いただき、内容に同意いただけましたら、「この条件で電気代比較」ボタンを押してください。
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。