エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 導入前に知りたい!太陽光発電のデメリットとは?
 

導入前に知りたい!太陽光発電のデメリットとは?

太陽光発電システムのデメリットとは?
太陽光発電・売電を知る

エコロジーで再生可能な自家発電装置として、家庭で最も導入しやすいものが太陽光発電(ソーラーパネル)のシステムです。太陽光発電には良い点もたくさんありますが、悪い点、つまりデメリットもあるのは事実です。具体的にはどのような問題があるのでしょうか?

エコロジーで再生可能な自家発電装置として、家庭で最も導入しやすいものが太陽光発電システムです。太陽光発電には良い点もたくさんありますが、悪い点、つまりデメリットもあるのは事実です。具体的にはどのような問題があるのでしょうか?

太陽光発電のデメリット

再生可能エネルギーの中でも太陽光発電のシステムを導入するうえで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

多くのメリットがある太陽光発電ですが、導入する前にデメリットや留意点を事前に知っておくことは大切なことでしょう。
以下で詳細にご説明いたします。

初期費用がかかる

太陽光発電のシステム設置費用は年々下がってきています。

これはもちろん開発技術が進歩し、東日本大震災以降は特に注目があつまり生産量が大幅に増えたことなどが要因と考えられます。今後、更に技術力・生産量の向上や、設置業者の競争意識などで、もっと設置費用が下がると思われますが、いずれにしても150万円から180万円程度の初期費用がかかるといって良いでしょう。

設置費用が160万円から170万円程度であれば、これは毎月の削減される光熱費の約10年間分で回収できます。

太陽光発電システム設置前の年間光熱費が約25万円、設置後の年間光熱費 ガス代のみ約8万円として、年間17万円の光熱費削減金額を基に試算

発電量が日照量に左右される

ソーラーパネルは太陽光があたらなければ発電できないので、夜間は発電することができせん。また、天気の悪い日や季節によって発電量は変化します。このように設置はできても、天候・季節などで発電量が安定せず、変化することは太陽光発電のデメリットと言えるでしょう。

日々の自然環境の変化は予測できないところはありますが、長期的な日照量は地域や立地条件に基いてシミュレーションが可能です。設置の際には時間帯による影や設置角度など、取付業者としっかりシミュレーションを行い、適切に設置するようにしましょう。

メンテナンスの必要性

太陽光発電は、燃料を使わずランニングコストがかからないことや、ずっと壊れないというイメージがあります。実際、ソーラーパネル自体は20〜30年は壊れないと言われています。しかし太陽光パネル以外の機器類、例えば発電した直流電力を交流電力に変換するパワーコンディショナーは15年から20年程度で修理や交換が必要と言われています。

ただし上述のとおり、約10年間で設置費用自体は回収されていますので、多大な出費とは言えないでしょう。
このように太陽光発電システムのメーカー保証は最短で10年となっており、最長は25年というものもあります。

各メーカーともに10年以上の保証期間を設けていて、10年未満で故障した場合には無償での修理となります。
これは、太陽光発電モジュールに10年以上の出力保証をつけないと、国からの補助金を受けるための認定条件を満たせないからです。中には25年保証というメーカーもあるので、その保証内容もよくチェックしておきましょう。

出典:太陽光発電の寿命とメンテナンス | 株式会社ソーラーハート

また、ソーラーパネルも風雨でよごれたり、積雪で覆われたりした場合は、発電量に影響がでますので、掃除や点検のメンテナンスは必要となります。メーカーによって定期点検を実施してくれますが、有償となるものがほとんどです。このあたりは、忘れがちですので、しっかり事前に理解しておきましょう。

パワーコンディショナーの音

気になる人と気にならない人はいるとは思いますが、パワーコンディショナーから小さい音(モスキート音)が出続けています。

このため、パワーコンディショナーの設置場所は、洗面所など普段人が長居をしないところの方が良いかもしれません。またメーカーによっては、屋外に設置できるパワーコンディショナーが販売されています。

屋外用マルチストリング型パワーコンディショナ

接続箱一体型で屋外にスッキリ設置。発電した直流電流を家庭で使える交流に変換します。

出典:パワーコンディショナ・接続箱 | Panasonic

こうした生活面で微妙な気遣いも必要となってくることは、事前に理解しておきましょう。

非常時の電力になるが、容量は限られる

非常時の電源になるということでソーラーパネルを導入する方も少なくありません。実際に東日本大震災の時、太陽光発電によって停電時でもテレビをつけて情報が得られたという話もあります。

しかし、蓄電池がついていない場合は、太陽光発電だけでは限られた家電しか動かすことができません。例えば、電子レンジのような消費電力の多い家電を停電時にいつもどおりに使うことは困難だと考えた方がよいでしょう。このような制約について、正確な情報を理解しておく必要があります。

悪質な工事業者も中にはいる

太陽光発電は国からの補助金制度などがあったため、大変注目を浴びました。そして、価格も高いことから、悪質な工事業者と契約してしまったトラブルも増えてきています。

ソーラーシステムの普及にともない、ソーラーシステムに関するトラブルの相談が増加しており、特に訪問販売によるトラブルが多く寄せられています。
ソーラーシステムのなかでも太陽光発電システムは、消費者の環境意識の高まり、補助金制度や余剰電力の買取制度により、今後さらに普及が進むことが予想されます。相談内容は、説明通りの発電量にならない等の相談が目立ちます。

出典:独立行政法人 国民生活センター

契約を無理に急がせたりする業者や、丁寧に住宅の屋根の調査もせずに特典など都合の良い話ばかりをする業者は要注意と考えた方が良いでしょう。

まとめ

エコロジーで再生可能エネルギーの代表格の太陽光発電ですが、以上のようなデメリットや留意点があります。

またソーラーパネルを設置することにより屋根に荷重負荷がかかりますし、人によっては家全体のデザイン性を損なうと考えるという人もいるでしょう。
一度設置すると引越しがしにくいということもあるかもしれません。
このように、人によっては主観的な要因をデメリットと感じてしまうことも考えられます。

いずれにしても、太陽光発電のメリットとデメリットを良く理解した上で、設置の決断をすることが大切だと言えるでしょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。