エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
 

太陽光発電のすべて【2016年最新版】

太陽光発電・売電を知る

エネルギー政策に翻弄される太陽光発電。その基本的仕組みと2016年度の事情、導入のガイドまで。そのすべてをここで紹介します。

この記事の目次

太陽光発電。太陽の光を活用し、CO2を排出しないエコな電気を作るものです。ですが太陽光バブル崩壊などと言われたりして、太陽光発電の未来はどうなるんだろうとお思いではありませんか?ただ、あなたがこれから自宅の屋根に太陽光発電を載せるか検討中ということでしたら、自信を持って設置をおすすめします。

太陽光発電の設置にあたってあなたが疑問に思うであろうこと、すべてをここにまとめました。読み終わる頃にはあなたは太陽光発電博士です。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

太陽光発電ってどう?販売員の方に聞きました!

太陽光発電に関するいろいろな疑問について解説する前に、ざっくり「太陽光発電ってどうなの?」という疑問をPV施工技術者の資格を持ち、某太陽光大手メーカーで営業を勤めるA氏に伺いました!

画像はイメージです。

  1. 中山
    中山

    早速ですが、太陽光発電って何なんですか?

  2. 巻口
    A氏

    太陽光発電は、太陽の光をエネルギーを電気に変える「太陽電池」を用いた発電方法だよ。CO2を出さないからエコだし、太陽の光のあるところならどこでも発電できるから、資源の少ない日本では重要なエネルギー源だね。

    太陽光発電って一体なに!?詳しくはコチラ!
    太陽光発電の基礎知識
    太陽光発電のメリットって!?詳しくはコチラ!
    太陽光発電のメリットと意義
    1. 中山
      中山

      なるほど、じゃあ、太陽光発電ってどうですか?売れてます??

  3. 巻口
    A氏

    どう……(笑)。まぁ最近あんまり売れていないかな。電気の買取価格が下がって、太陽光バブルも弾けたしね。震災から時間も経って、エコの需要も薄くなってきたし。そもそも新築自体が減っているっていうのも大きいよ。

    太陽光発電の歴史と現状って!?詳しくはコチラ!
    太陽光発電の歴史と用語解説
  4. 荒木
    中山
    それは太陽光はもう元が取れないってことなんですか?
  5. 巻口
    A氏

    いや、そういうわけじゃないよ。買取価格が下がったって、10~15年で設備分は回収できるし、その後はずっと売電収入が手に入るから。

    太陽光発電は元が取れるのか!?詳しくはコチラ!
    太陽光発電とお金の事情
  6. 荒木
    中山

    ずっととおっしゃいますけど、太陽光発電システムは壊れないんですか?いろいろ問題はあるって聞きますけど……。

    きちんと施工してくれる業者の選び方って?詳しくはコチラ!
    太陽光発電の施工を依頼する業者の選び方
  7. 巻口
    A氏

    太陽光パネルそのものはほとんど劣化もしないし、壊れないよ(劣化について詳しくはメンテナンスフリーではないを参照)。日本で一番古い太陽光発電は30年以上稼働しているらしいしね。ただパワーコンディショナーは10年ぐらいで交換が必要になるかな。多くのメーカーが太陽光パネルに15年以上、パワーコンディショナーに10年以上の保証をつけているよ。基本的にきちんと施工すれば、ほとんど劣化なく長い間発電できるんだ。

  8. 荒木
    中山

    なるほど……。これから太陽光発電の記事を書くんですけど、結局太陽光発電は人に勧められるものなんですか?

  9. 巻口
    A氏

    自分だったら絶対つけるっていつもお客さんには言っているよ。太陽光の購入はコスト的に車に例えられることが多いけど、車と違って太陽光は必ずそのコストを回収できる。例え自分が働けなくなっても、太陽光だけはずっと仕事をしていてくれる。なによりエコなエネルギー源で地球にも優しい。初期投資以外にはデメリットはないし、僕の営業っていう立場もあるけど自信を持ってお勧めしているよ。

    太陽光発電の導入って実際どうなのかな?そんなあなたはコチラ!
    これから太陽光発電を導入しようというあなたに提案です!
  10. 荒木
    中山

    なるほど!ありがとうございます。

A氏によれば、太陽光発電はコストは回収できるし環境にも良いものだ、とのこと。いろいろ調べた結果、筆者も「基本的」に同様の見解に至りました。ただ、太陽光を導入するにはいくつも注意点があることも事実です。その点を踏まえて、太陽光発電に関する全てを見ていきましょう!

太陽光発電の基礎知識

太陽の光は誰にでも降り注ぎます
降り注ぐ太陽光エネルギーを電気に変換することで、様々な用途に活用することが出来る太陽光発電。太陽光を電気に変える装置が「太陽電池」で、英語ではフォトボルテックPhotovoltic、略してPVと呼ばれます。ここではまず太陽電池の仕組みを紹介した後、太陽電池を用いた太陽光発電システムの基本的構造を見ていきます。

太陽電池の基本的しくみ

電卓も腕時計も仕組みは一緒!
ソーラーパネルを構成する太陽電池。皆さんも電卓や腕時計に付いているのを一度はご覧になったことあるはずです。写真のような小さな太陽電池も、メガソーラーと呼ばれる太陽光発電設備に用いられるものでも、実は構造は全く一緒なんです。この黒い板が一体どうやって電気を作っているのか、簡単に解説することから太陽光発電の話を始めていきましょう。

半導体を利用して光を電気に変えるものが太陽電池です。「電池」と言っていますが、電気を貯める機能はないので本当は電池ではありません。その基本的な仕組みは、光の力で太陽電池内の電子を動かすことで発電するというものです。以下の図を見てください。

太陽電池が電気を生み出す仕組み


画像引用:太陽光発電のしくみ/Panasonic
太陽電池は電気的な性質の異なる2種類の半導体(n型・p型)を組み合わせて作られています。半導体とは、条件によって電気を通したり通さなかったりする物質のこと。
太陽電池内の電子に光が当たるとエネルギーが溜まって(光電効果)動き出し、2種類の半導体で誘導し外部の電気回路に押し出すことで電気を生み出すのが太陽電池です。

電気が生まれる流れ
  1. 光が太陽電池の中にある電子に当たる
  2. エネルギーを持った電子が半導体で分けられる
  3. 誘導された電子が電気回路に流れ込む
  4. 電気が生まれる

こういった性質から太陽電池の特質として、以下の2つのことが言えます。

  • 光が強いほど発電する(電子に与えられるエネルギーが増えるため)
  • 温度が上昇することで発電効率が下がる(半導体の性質)

こういった性質を持った太陽電池を使った発電が、太陽光発電なのです。

未来の太陽電池「色素増感太陽電池」

現在実用化されているのは紹介した半導体を用いた太陽電池(pn接合型)ですが、色素増感太陽電池という新しい太陽電池の研究も進んでいます。色素の中にある電子を利用するというものですが、従来のシリコンタイプと比べて幾つかのメリットが有ります。

色素増感太陽電池のメリット
  • 低コスト
  • 蓄電も出来る
  • 薄暗闇でもあまり発電能力が落ちない
  • プラスチックシート等を土台とするので、フレキシブルでデザイン性が高い

2008年には色素増感太陽電池を使用したソーラーカーがレースで完走するなど、現在は実用の一歩手前といったところのようです。今は大きく重い太陽電池ですが、近い将来に壁や窓などあらゆる場所につけられて電気を生み出すようになるかもしれません。

太陽電池の種類

太陽電池は、2種類の半導体で電子を導き電気を生み出すと説明しましたが、その素材によっていくつかの種類に分けることが出来ます。

太陽電池のおおまかな分類出典:さまざまな太陽電池/太陽光発電研究センター
いくつも種類がありますが、今、日本の太陽光発電に用いられているのは以下の4種類になります。

  • 単結晶シリコン太陽電池
  • 多結晶シリコン太陽電池
  • ヘテロ接合太陽電池
  • CIS太陽電池

それぞれにそれぞれの特徴があります。見ていきましょう!

太陽電池の種類別の特徴

系統種類モジュール変換効率主な国内メーカー特徴
シリコン系単結晶13~20%東芝,シャープ等住宅用に人気。
多結晶12~16%シャープ,京セラ等産業用に多い。
ヘテロ接合(HIT)18~19%パナソニック住宅用に人気。
化合物系CIS13~14%ソーラーフロンティア経年劣化が少ない。
単結晶シリコン太陽電池
単結晶と言う通り1つの太陽光電池(セル)が1つのシリコン結晶で出来ていることが特徴。1950年代から製造されている最も古いタイプで、シリコンの並びが整っていて黒色をしています。変換効率が高いため、小さな屋根や土地などに向いています。

メリット
変換効率が最高。故障が少なく長持ち。
デメリット
シリコンの使用量が多く手間がかかるため、環境負荷が高く、値段も高い。

国内では競争激化による価格下落ともに、単結晶シリコン太陽電池の人気が高まってきていて、多くの国内メーカーが製造をするようになっています。

多結晶シリコン太陽電池
単結晶が1つのシリコンからできているのに対し、多結晶はいくつもの小さなシリコンを寄せ集めて作られます。そのためシリコンの並びが不規則で、まだら模様があり青色なのが特徴です。単結晶に比べて安価であるため、現在住宅用に設置されている太陽電池の約9割が多結晶シリコンを用いているともいわれています。

メリット
単結晶に比べて安価で大量生産しやすい
デメリット
単結晶に変換効率で劣る。

国外メーカーは海外の主流である、この多結晶パネルを販売していることが多いようです。

ヘテロ接合太陽電池
結晶系シリコンとアモルファスシリコンを組み合わせた太陽電池です。単結晶や多結晶の太陽電池は高温になると変換効率が下がるのですが、熱に強いアモルファスシリコンを組み合わせることでそのデメリットを克服しています。

メリット
高温下でも変換効率が落ちない。弱い日射でも発電出来るため変換効率が高い。
デメリット
多結晶よりも製造価格が高い。

パナソニックはHIT太陽電池という単結晶シリコンを使用したものを製造しており、国内に流通するヘテロ接合太陽電池のほとんどのシェアを占めています。対してカネカは多結晶を使用したものを販売しており、変換効率を犠牲にする代わりに薄くデザイン性に富んだものを製造しています。

CIS太陽電池
銅(Cu),インジウム(I),セレン(Se)の3種の元素を組み合わせた薄膜の半導体を用いる太陽電池です。国内では出光興産のグループ会社であるソーラーフロンティア1社が製造しています。まだまだ発展途上ですが軽量・フレキシブルになる可能性があり、いずれは電気自動車や建物に組み込まれることが期待されています。

メリット
熱や影に強く、製造コストが安い。また経年劣化にも強いとされている。
デメリット
変換効率が低いことが1番のデメリット。(研究段階では多結晶並の性能が確認されています。)

2014年まではCIGS太陽電池というガリウム(Ga)を追加で用いたものをホンダソルテックが製造していましたが、価格競争に敗れて撤退し現在では製造しておりません。

各メーカーが変換効率、価格を巡って激しく争っている現状。変換効率は上がり、価格は下がっていくことになるでしょう。

その他の太陽電池

日本で商用として実用化されているもの以外にも、いくつか太陽電池は存在します。その特徴を簡単に見ていきましょう。

CdTe太陽電池
カドミウムを用いる太陽電池。日本では公害のイメージが強く販売されていませんが、コストが安く欧米では大規模発電に利用されています。
Ⅲ-Ⅴ族太陽電池
40%以上の変換効率を持つ超高性能太陽電池。基盤材料のGaAs(ヒ化ガリウム)単結晶が非常に高価であることに加え、高い技術力が必要であるため宇宙用など特殊用途にしか用いられていません。ただ価格を下げる余地も大きいため、今後の普及が期待されています。
有機半導体太陽電池
導電性ポリマーやフラーレンなど、有機物を含んだ個体の有機半導体薄膜を用いる太陽電池。軽量で柔軟性に富む性質から様々な商品への応用が期待されていますが、現状変換効率は5%程度に留まっています。

太陽光発電システムの仕組み

さて、太陽の光から電気を生み出す方法と種類を把握した後は、それを運用する太陽光発電システムを見ていきましょう。このシステムは家庭用や産業用、さらにメガソーラーでも基本的には同じです。仕組み自体は単純なので、一つづつ理解していきましょう!


画像引用:太陽光発電のしくみ/XSOL

それぞれの項目の解説
太陽電池モジュール(パネル)
太陽光エネルギーを直接電気エネルギー(直流)に変換するパネル。
架台(太陽電池架台)
太陽電池モジュールを取り付ける架台で、メッキ鋼板やアルミ合金製であることが多い。カネカの屋根一体型など、屋根建材型のモジュールの場合は不要の場合も。
接続箱
バラバラに接続されている太陽電池の電気をまとめるためのボックス。太陽電池の保守点検時に使用する開閉器や避雷素子(避雷針)、また太陽電池に電流が逆流しないようにする逆流防止ダイオードを内蔵。パワーコンディショナーと一体化している場合もあります。
パワーコンディショナー
太陽電池の発電する直流電力を最大にし、交流電流に変換するのが役割。また電力会社からの配電線(商用電力系統)に悪影響を及ぼさないようにする保護装置が付いています。自立運転機能を持つものは、停電時に付属のコンセントから電気を供給できるものも。
分電盤
電力を建物内に分配する装置。太陽光発電システム専用のブレーカーが、内蔵か別置きで必要になります。
売電用電力計
売電量(余剰電力量)を測定するためのメーター。電力会社が認定する、規格と基準をクリアしている必要あり。電力会社によってはユーザー(需要家)が負担しなければなりません。
買電用電力量計
電力会社からの買電量(需要電力量)を測定するためのメーター。徐々にスマートメーターへの変更が進んでいます。

産業用太陽光発電システムでは、商用電力系統(6.6kVなど)を受電する場合、必要に応じて低圧の動力や電灯電源に変圧する「受変電設備」が必要になることもあります。

それでは発電された電気がどのように流れていくのかを見ていきましょう!

太陽光発電システムの電気の流れ
  1. 太陽電池で直流電流を発電
  2. 接続箱で発電された電気をまとめる
  3. パワーコンディショナーで交流に変換
  4. 配電盤で送電
  5. 家庭内の使用量に対して発電量が足りない場合は商用電力系統で補う(買電)
  6. 発電量が使用量を上回り余剰が生まれた場合には、電気のネットワーク(系統連系)に送られる(売電)

夜間や雨天時などで、発電した電気では使用量を補えない場合は、電力会社から電気を購入します。対して晴れた昼間に発電量が使用量を上回り電気が余った場合は、それを電気のネットワークに流します。このように電気のネットワークに電力を送ることを「逆潮流」と呼びます(これに対して通常の電力会社から家庭への流れを「潮流」と呼びます)。

太陽光発電システムは大きな電気のネットワークに接続されて、足りない場合には買電、余った場合は売電を行うのですね。

逆潮流の仕組み~電気を売れるワケ~

電気は電圧が高い方から低い方に流れる性質を持っています。水とおんなじで、高い所から低い所に流れるのですね。自宅で電気を使用していると電気が足りなくなるので、自宅の電圧は低くなります。自宅の電気の池の水位が低くなっている感じです。すると配電線よりも電圧は低くなるため、電気が自宅に流れるというのが、通常の電力会社から家庭への電気の流れである「潮流」です。
対して、自宅の使用量よりも発電した電気の量が増えると電圧が上がります。自宅の電気の池の水位が高くなっているのですね。すると配電線よりも電圧が高くなり、電気は自宅から配電線の方に逆に流れ出します。これが逆潮流の仕組みで、売電を行える仕組みです。

太陽光発電の規模別種類

太陽光発電にもいろいろな種類があります。民家の屋根の上に載っているものから、日当たりの良い土地に太陽光パネルがズラッと並んでいるものまで、規模によって大きく異なります。

太陽光の導入区分は導入量(kW)によって以下の3種類に分けられます。

10kW未満(住宅用)
住宅用。低圧連係。日本では3kW~5kWの設置が主。
10kW~1,000kW(産業用)
非住宅用。50kW以上は高圧連係。ビルや工場の屋根など大型建築物の屋根を利用し、規模が大きくなるに連れて地上に設置することも増えていきます。
1,000kW以上(メガソーラー)
高圧連係。2,000kW以上特別高圧連係。主に自治体、民間企業の主導で、遊休地や堤防、埋立地などに設置されています。

太陽光発電のコストはどれくらい?

では住宅用太陽光発電の導入量別(kW)の設置コストを見ていきましょう。かつては高級車に例えられた太陽光発電。その価格は現在どれほどなのでしょうか?

太陽光発電のコストを考える時重要な考え方に、本体価格や工事費もろもろを含めた合計額から発電量(kW)を割った「kW単価」があります。設置に1kWあたりどれだけかかるのかが分かる簡単な指標で、太陽光発電の広告には必ずと言っていいほど登場します。
例を上げてみましょう。あなたの家の屋根に、太陽光発電の販売会社2社が見積りを出してきました。

  • A社.価格:148万円/容量:4kW
  • B社.価格:125万円/容量:3kW

この場合A社のkW単価は37万円、B社の41.7万円。見た目の価格はB社の方が安いのですが、費用対効果ではA社の提案の方がオトクということになります。

2016年2月22日に発表された「平成28年度調達価格及び調達期間に関する意見(案)」によれば2016年度の予測kW単価は35.3万円(出力制御対応装置設置義務ありの場合は+1万円/kW)になります。

日本の一般的な住宅の屋根に載せられる太陽光発電の容量3~5kW程度なので、その容量別コストの目安を示すと以下のようになります。

導入量別コスト目安

 初期費用モジュール設置枚数(250Wの場合)
3kW105万9,000円12枚
4kW141万2,000円16枚
5kW176万5,000円20枚

出力制御装置なしの場合。出力制御装置については2016年度の買取価格は一体いくら?をご覧ください。一般的にモジュール設置枚数が増えるほどkW単価は安くなリますが、ここでは平均kW単価を単純にかけています。
太陽光発電は屋根の形や設置する地域によって一軒一軒事情が異なるオーダーメードの一品物です。この数字は目安にしか過ぎませんが、導入を検討される際の参考にしてください。

実際に何kW設置するべきかは一般家庭の方へで提案していますのでご確認ください。

そのkW単価にご注意を!

kW単価は「すべての費用」から求めます。安く見せるためにモニタ代や売電メーター代を含めないでkW単価を表示している会社が見受けられますが、それは相場の了解を無視しています。あなたが今見ている広告のそのkW単価。本当にすべての費用から求めているかチェックしてみてください。

太陽光発電の歴史と用語解説~日本はかつて世界一だった~

日本はかつて太陽光発電の導入量が世界一だったのをご存知ですか?生産量でもTOP5社をシャープを始めとした4社が占めるなど日本は太陽光発電大国だったのです。
しかし2016年現在、そうした時代は終わりました。ここでは日本の太陽光発電の歴史を追いながら、太陽光発電に関わるいろいろな用語や事情を理解していきましょう!

日本の太陽光発電の歴史
  1. オイルショックなどで、エネルギー自給率の向上のため再生可能エネルギー事業が国の重要プロジェクトになる
  2. 2003年頃からRPS制度(電気事業者による新エネルギー等の利用に関する特別措置法)や助成金で設置が拡大し、2004年には導入量世界一に。
  3. ドイツ・スペインがFIT制度を導入し導入量が抜かれる
  4. 2012年日本でもFIT制度が導入され太陽光バブルが起きる
  5. 利潤期間が終了しバブル崩壊
  6. 時代は売電から創エネへ

ざっと並べると以上のような流れが現在までにありました。
一つづつ見ていきましょう。太陽光を巡る様々な事情が見えてきますよ。

注目される再生可能エネルギー

1973年の第一次オイルショック、1978~1983年の第2次オイルショックで石油価格が高騰し、石油エネルギーに依存していた当時の世界経済は大混乱になりました。そこで省エネが叫ばれるとともに、石油以外のエネルギー源が求められることになります。これ以降、現在に至るまでエネルギー源の多様化とエネルギー自給率向上がエネルギー戦略の基盤となっていきます。

その1つが再生可能エネルギーであり、太陽光発電だったのです。

再生可能エネルギーとは?

資源エネルギー庁では以下のように、再生可能エネルギーを説明しています。

「エネルギー源として永続的に利用することができると認められるもの」として、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱、大気中の熱その他の自然界に存する熱、バイオマスが規定されています。再生可能エネルギーは、資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しない優れたエネルギーです。

出典:なっとく!再生可能エネルギー 再生可能エネルギーを知る、学ぶ/資源エネルギー庁
再生可能エネルギーとは

  • 非化石エネルギー源から取り出され
  • 永続的に利用できると認められたもの

であり、具体的には

  • 太陽光
  • 風力
  • 水力
  • 地熱
  • 太陽熱
  • 大気中の熱
  • バイオマス

などがそれにあたります。
石油や天然ガスを用いる火力発電で作られたエネルギーや、ウラン等を用いる原子力発電で作られたエネルギーは再生可能エネルギーではありません。

日本の太陽光発電導入量が世界一に

1993年に日本では初めて、三洋電機(現パナソニック)によって住宅用太陽光発電が設置されました。当時の太陽光発電設備は非常に高額で、なんと4KWで1500万円!それでも新しい技術への関心や、省エネの観点から太陽光発電を住宅に導入する人は増え続けました。

1994年から購入時の補助金の支給が開始され、日本の太陽光発電導入量は世界一になりました!日本人の環境意識の高さ、そして当時の豊かさを象徴していますね。

FIT制度の導入でドイツ・スペインに抜き去られる

しかし2004年にはドイツがFIT制度を太陽光にも導入し、爆発的に導入量を伸ばします。その後スペインにもFIT制度が導入され、その買取価格の高さから世界中の投機を呼び、太陽光バブルが生まれました。対して日本は2005年で補助金を打ち切り導入量が減っていたのもあって、2010年時点で世界3位にまで落ち込みます。

2010年時点の導入量の国際比較


これに慌てた政府は、補助金の復活と日本でもFIT制度を導入することを検討し、2009年には太陽光発電に対して部分的に導入を始めます。

ただし、日本の太陽光発電導入の凄さとは単純な「量」ではなく、住宅用太陽光発電の導入割合の高さであったといえます。

住宅用太陽光発電の割合が高いということは、都市部に分散した電源が存在するということです。これは災害に強い電源が都市部にあるということでもあり、山間部に巨大なソーラー施設を作ることよりもメリットが大きいのです。
これは一般の日本人が真剣に環境を憂慮し、個人で環境のために動いた確かな結果でした。
画像引用:我が国における再生可能エネルギーの現状/経済産業省資源エネルギー庁

FIT(フィード・イン・タリフ)制度とは?

FIT制度とは?
元の言葉
フィードインタリフ(Feed-in Tariff)
日本語訳
固定価格買取制度
目的
再生可能エネルギーの普及と国内産業の振興
仕組み
電気の買取価格を卸売価格よりも高く設定し、10年などの長期間の間買取を保証。その差額は電気料金に上乗せされ、国民全体で負担する(再エネ賦課金)
問題点
買取価格を高く設定すると、投機を呼びこみ国民負担が増してしまう。
解説

ドイツやスペインの導入量を爆発的に増やしたこのFIT制度。正式名をフィード・イン・タリフ(Feed-in Tariff)といい、日本語では「固定価格買い取り制度」といいます。元はアメリカで考案されたもので、再生可能エネルギーを普及させる際の一般的な方法として広まっています。
太陽光などを導入しようとした時、設備価格が大きな障害になります。作った電気を売るにしても、買取価格が安いと、高い設備投資をすることが難しいですよね。そこで国が一般的な電気価格よりも高い買取価格を設定し、それを一定期間(太陽光の場合は住宅用10年産業用20年)補償する制度がFIT制度なのです。長期間の買取保証をすることで、初期投資の回収の目処を立てやすくして投資や融資を促し、再生可能エネルギーの割合を増やすことが目的です。補助金制度が設備購入の補助にすぎないのに対し、FIT制度はより長い期間を保証するものと言えましょう。
ですが一点だけ気になることがありますよね。販売価格よりも高く再生エネルギー由来の電気を長期間買い取るこのFIT制度。その差額を負担しているのは、一体誰だかお分かりですか?
正解は、我々一般の国民です。
正確には、電気を使う全ての人と言ったほうが良いでしょうか。通常の電気料金に、再エネ賦課金(サーチャージ)という形で上乗せされているのです。平成27年度の再エネ賦課金は低圧の場合kWあたり1.58円なので、1世帯の年間電気使用量5156kwh(日本エネルギー経済研究所計量分析ユニット編2014より)だとすると1世帯あたりの負担は年間約8,146円(月平均678円)にもなります。住宅用太陽光発電の買取期間が10年、産業用が20年なので、2020年頃から再エネ賦課金は減少していきますが、最大で1kWあたり3円程度まで上がると推計されています。

2012年から日本でもFIT制度が導入され太陽光バブルが起きる

2012年7月からFIT制度が日本でも導入されます。東日本大震災の電力不足や原子力発電からの転換で再エネへの機運も高まっていて、国際基準の約2倍にあたる買取価格(産業用40円/kWh)が設定されました。さらにそれまで認められていなかった電気を全部買い取る全量買取制度が認められ、太陽光発電事業の基盤を整えました。そして施行後3年間を利潤配慮期間とし、高い買取価格を維持することも決められたのです!負担を国民が背負うというのも、この高い価格が認められた一因でしょう。

さらに設備投資分の即時償却を認める「グリーン投資減税」の節税効果、日本各地に有り余る遊休地の有効活用、環境アセスメントが不要ということ。それらが相まって、一気に太陽光発電に投資が流れ込みました。また買取価格も10kW以上の産業用で一律で、規模が大きいほど事業性が向上するため、日本中に大規模な太陽光発電施設(メガソーラー)が作られたのです。

太陽光バブルが起ったわけ
  • 10kW以上の産業用で全量売電が可能に
  • 高い買取価格
  • 規模が大きくなるほど事業性が上がる買取価格制度
  • グリーン投資減税
  • 日本中に余っていた遊休地 など

FIT制度導入直後の2012年11月時点の認定を受けた設備量は、風力その他が38.8万kWであるのに対し太陽光は326万kWと8倍以上にも昇り、以降日本のFIT制度は太陽光発電投資を加熱させていきます。
結果として利潤配慮期間の3年間が過ぎた2014年度末までの設備認定8,800万kWの内、94%が太陽光発電が占めることになりました。そして日本の累積導入量は爆発的に伸び、ドイツ中国に次ぐ世界3位になります。

世界の太陽光発電の国別導入量ランキング


またかつて住宅用が95%を占めていた国内導入量は、産業用やメガソーラーの大量導入で大きく割合が変わりました。

国内での太陽光発電の導入量の推移


上の図を見て分かるように、FIT制度とそれが引き起こす太陽光バブルで産業用とメガソーラーの導入量が爆発的に伸びていることが分かりますね。
画像引用:自然エネルギー白書2015/環境エネルギー政策研究所

九電ショックが引き起こしたFIT制度の見直し

太陽光バブルによって爆発的に増えた太陽光発電の導入は、ついにある問題を引き起こします。まずは以下の表を見てください。

電力各社の接続可能量と接続申込量の状況(2015年1月)


出典:固定価格買取制度の運用見直し等について/資源エネルギー庁
赤枠で囲われている接続可能量を、認定量が大幅に上回っていることが分かるでしょう。もし接続可能量を超えて太陽光発電が接続されると、配電網全体の電圧が上昇し通常の潮流に支障をきたすバンク逆潮流問題が起ってしまいます(バンクとは変電所から需要家までの配電系統のこと)。
この事態を受けて、2014年9月に九州電力が既存・新規を含めて全ての接続の申込を中断し、同様の状況にあった北海道、東北、四国、沖縄電力もそれに続きました。これは太陽光事業を予定していた多くの事業者に衝撃を与え、2015年1月には事実上の導入制限を設ける形で制度が変更されました。そして50kW以上の高圧・特別高圧設備を連携する際には、バンク逆潮流対策の工事費を設置者が負担することになったのです。
これをきっかけに日本のFIT制度への反省と改革が進められることになります。

売電から創エネへ

3年間の利潤配慮期間で日本の太陽光導入量や再エネの割合は高まりました。今後は大規模太陽光発電の導入を抑え、住宅用太陽光発電の拡充と他再生エネルギーの導入の推進が主になります。これまでは闇雲に導入量を拡大してきましたが、技術の進歩を踏まえて省エネを図りながらより効率的な利用方法を探っていく段階になっているのです。

今後の再生可能エネルギーに関しては以下の様な方向性で、拡大が図られていきます。

  • ゼロエネルギー住宅(ZEH:ネット・ゼロ・エネルギーハウス)への補助金拡大
  • 環境アセスメントの手続きを短縮することで、地熱・風力・バイオマス等の再生可能エネルギーの導入量拡大

2016年3月にも政府がエネルギー革新戦略を発表する予定で、トップランナー制度の導入など徹底的な省エネを図る方向へ進んでいくようです。太陽光発電もただ電気を売るために屋根に太陽光発電を設置するのではなく、作った電気を自分で使用する時代に変わってきているのです。売電住宅から創エネ住宅、特にゼロエネルギー住宅が今後の太陽光のトレンドです。

ゼロエネルギー住宅(ZEH)ってなに?

ゼロエネルギー住宅(ZEH)とは「エネルギー収支がゼロ」の住宅のことです。

具体的には以下の設備を備えて、エネルギー使用量と消費量がプラスマイナスゼロになる住宅のことを示します。

ゼロエネルギー住宅の装備
  • 太陽光発電
  • HEMS
  • 蓄電池
  • 断熱設備などの省エネ設備

省エネ性能を向上させてエネルギーの消費量を減らすとともに、太陽光発電で発電して1年間の1次エネルギー使用量を賄おうという新しい住宅の形で、政府は2020年までにゼロエネルギー住宅を標準仕様にすることを目指しています。2012年から補助金も交付されており、2016年度も交付される見込みになっています。ミサワホームは2017年度の販売新築を全てゼロエネルギー住宅にし、パナホームも2018年度には85%にすると発表しています。これからの新築はどんどんゼロエネルギー住宅になっていくんですね。

実は現在、太陽光発電そのものには、一部の自治体を除いてほとんど補助金が交付されていません。今後補助金の対象となっているのはHEMSや蓄電池と合わせた総合的システムに対してであり、エネルギーを自給するゼロエネルギー住宅です。ただ発電して売電するだけの太陽光発電の時代は終わったのです。

太陽光発電のメリットと意義

さて、太陽光発電はいかなるものか、そして太陽光発電を巡る現状を十分にご理解いただけたと思います。ここからは太陽光発電が、実際にどういうメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

CO2を出さないエコな電気

太陽光発電は再生可能エネルギーであり、発電に際してCO2はおろか一切の有害物を排出しません。地球温暖化が叫ばれる昨今これはとても重要なことです。

以下の図をご覧ください。

出典:原子力・エネルギー図面集/電気事業連合会
太陽光発電のCO2排出量は、日本の発電割合の約半分を占める石油火力発電の約20分の1で、環境にやさしい発電方法であることが分かりますね。

自分で電気を作れる!

この自分で電気を作れるということが、個人にとっても政府戦略にとっても太陽光発電の最も大きなメリットになります。自分で発電できるということは、あなたは小さな発電所の所長になり、政府戦略的には小さな発電所が都市にたくさん出来るということなのです。

小さな発電所長になるという事
電気に対する意識が変わる
電力会社に対して対等な立場で契約を結ぶことになります。電気を巡る様々な社会的な問題(電力自由化、省エネ戦略)に主体的に参加できるようになりますよ!
災害時にも使える電源
太陽光設備は地震に強く、停電時にも発電時には電気を供給できるので震災にも強くなれます。
節電意識が高まる!
電気を自分で作っていると、電気を使うことに敏感になります。

今までは、電力会社が作っていた電気がコンセントからただ流されてきただけでした。好むと好まないとにかかわらず、火力発電や原子力発電で作られた電気を買うしかなかったのです。ですが太陽光発電を設置すれば、使う電気の大部分をエコな電気で占めることが出来ます。
太陽光発電を設置すれば、主体的に電気を巡る流れに参加できるようになるのです!

小さな発電所がいっぱいあるという事
エネルギーの地産地消
遠くの発電所で作られた電気を使うのではなく、その土地で作った電気を使うことが出来るようになります。5%と言われる送電ロスも減り、石油価格の高騰などの影響影響を受けにくくなるのです。すでに、群馬県大田市などで街ぐるみの取り組みが行われています。
分散電源で震災に強く
東日本大震災の時問題になったのが、電源の一極集中でした。発電所の集中する地域が打撃を受けると、広い地域の電気供給が滞ってしまう日本の現状が明らかになってしまったのです。太陽光発電は地理的制約をほとんど受けないため、普及することでリスクを分散することが出来るようになります。
エネルギー自給率の向上
日本のエネルギー自給率はわずか5%。食料自給率の低さは話題になりますが、同じ、いやそれ以上に深刻な問題です。化石資源の少ない日本では、いかに再生可能エネルギーを取り出せるかが、日本の将来を占うことになるのです。

太陽光発電を始めとした再生可能エネルギーの普及は、日本の最重要課題でもあるのです!

電気代が安くなるorかからなくなる!

太陽光発電を設置すると電気代が安くなる!

……と多くのメーカーや販売店は宣伝していますが、それは太陽光発電と使用電力のグラフが以下のようになるからです。

一般家庭の余剰分買取制度の電力使用図


出典:住宅用太陽光発電/JXエネルギー
整理してみましょう。

朝夜や発電していない時間帯
これまで通り買電
晴れた昼間でガンガン発電
昼間の使用量を超えた電気を売電
雨などの昼間で弱い発電
昼間の使用量を賄えない場合は買電

つまり、昼間の電気代と、売った電気の分電気代が安くなるのですね。もしこの2つの合計が電気代を上回れば、電気代はかからなくなり利益が生まれます。太陽光発電を設置する規模や状況によりますが、3kW以上設置すれば4人家庭の電気代は十分に賄い、売電収入を得ることが出来るようになります。どれほどの金銭メリットがあり、何年で元が取れるのかの検証は4kW設置のシミュレーションをご覧ください。

太陽光発電+オール電化にすると光熱費がゼロに!?

太陽光発電に加えて家庭で使う全てのエネルギーを電気に統一するオール電化住宅にすれば、光熱費全体を安くすることが出来ます。なんと、パナソニックの試算では、太陽光発電に加えてオール電化住宅にすると光熱費は100%削減できるとか!
富士経済が2014年に発表した「電力小売全面自由化で新たな展開をみせる創エネ住宅とオール電化住宅の動向を調査」によれば、2013年度で562万戸だったオール電化住宅は2025年度には1029万戸になり、5戸に1戸はオール電化になると予測しています。ただ、震災を経て光熱費が安くなるからだけの目線だけではダメなようで……。

  1. 巻口
    A氏

    まぁ光熱費の観点からするとオール電化って最高なんだけど、実はオール電化って言葉自体が一時期業界で禁句だったんだよね。

  2. 中山
    中山
    そうなんですか?
  3. 巻口
    A氏

    うん。電気に一極依存する住宅ってのは、震災後の節電の風潮の中で槍玉に上げられちゃってね。輪番停電なんて言ってる中で、電気を大量に使うしかないオール電化住宅とは何事か!っていう感じになっちゃって……。
    それまでウチの会社もオール電化を旗印に販売していたけど、震災後は言葉自体がもう使えなくなっちゃったね。

  4. 荒木
    中山

    じゃあ、オール電化は今後どうなるんですか?

  5. 巻口
    A氏

    オール電化自体は素晴らしいし、政府の戦略にも合ってる。震災の影響も晴れてきたから、今後普及していくとは思う。要はオール電化にするってどういうことか、きちんと認識することが大事なんだ。全てを電気で賄う場合、発電や節電で光熱費を一元的に圧縮できる一方で、電気料金の変動や電力不足に弱くなる。オール電化政策をすすめるのはいいけど、震災に強い電力システムを作っておかないと以前の二ノ舞になっちゃうんだよ。
    この辺りをきちんと認識しておくことが大事だね。

時代の流れはオール電化と太陽光発電を備えた創エネ住宅なのですが、導入の際にはきちんとメリットとデメリットを把握しておくことが大事なのですね。

電気を売ることが出来る

電気を売って収益を上げることが出来る、これが投資としての太陽光発電です。住宅用でも投資用のメガソーラーでも、電気を売って儲けることが出来るんです。

住宅用太陽光発電(10kW以下)の場合は、上で説明したように昼間の発電が使用量を上回った場合に、その余剰分を売電することが出来ます。これを余剰買取制度といいます。対して10kW以上の太陽光発電は、この余剰買取制度と全量買取制度を選択することが出来ます。以下の図を見てください。

画像引用:太陽光発電のメリット/Panasonic
全量買取制度とは電気の質にかかわらず、発電した全部の電気を電力会社が買い取ってくれる制度です。投資用のメガソーラーやビルなどに設置されている太陽光発電は、この方法で利益を出しているんですね。特に産業用はFIT制度で20年間の固定買取が約束されているので、投資が集中しました。これが太陽光バブルですね。

この電気を確実に売ることが出来る仕組みがあるおかげで、住宅用でも規模によっては初期費用を回収した後でも、利益を出してくれるのです。

高い電気を使わなくてすむ!

電気代が高い時間と安い時間があることをご存知ですか?

電気の需要が高まる昼間は値段が高く、需要が少ない朝や夜は安いのです。太陽光発電で昼間の電気を補うと、その高い電気を使わなくてすむのでその分お得になります。

また、電力会社は夏の昼間のピーク時に停電をしないように、そのとき専用の発電所を持っています。太陽光発電が普及すればピークの昼間の電力使用量を減らすことができ(これをピークカット効果といいます)、この部分を大きくコストカットすることが出来るようになります。そうすれば電気料金も下げることが出来るようになりますよね。これも太陽光発電の大きなメリットなんですよ。

太陽光発電のデメリットと問題点

次に太陽光発電のデメリットを見ていきましょう。

初期コストが高い

コストの章でも見ましたが、4kW設置するためには150万円程度の予算を見込んでおく必要があります。まさに車を購入するのと同じ規模感ですよね。

電力事業というのは典型的な設備投資事業で、高い初期投資を10年単位で回収する忍耐強さが必要です。原資を回収する前に、家が倒壊するとか社会情勢の激変がないともいえません。初期投資が大きく回収に時間がかかるということが、太陽光発電の最も大きなリスクなんです。

設置場所によって効率が変わる

突然ですが「那覇市(沖縄県)」「松本市(長野県)」「東京」に同じ条件同じ容量の太陽光発電を設置した場合、どの都市が1番予測発電量が多いと思いますか?

イメージ的には日差しの良い那覇なのかな?なんて思われるかもしれませんが、意外や意外、年間推定発電量が一番多いのは「松本市」なのです。というのも発電量には、日照時間と気温が大事な要素で、暑すぎるとダメなんですね。以下の図を見てください。長州産業が発表した地域別の年間推定発電量です。

全国各地の4.96kWシステム年間推定発電量(長州産業)


画像引用:年間推定発電量/長州産業
思っていたイメージと少し違いませんか?
太陽電池は日射時間が長く強い日差しがあると発電量が増えるのは確かですが、温度が上がると発電効率が下がるという性質も同時に持っているためこのような地域差が生まれてしまうのですね。

左図を見てください。気温が上がるにつれて最大出力が低下しているのが分かります。結晶系太陽電池は60℃になると、25℃時のカタログスペック比で約20%も出力が低下してしまうのです。この問題に対して各メーカーも努力をしていて、熱に強いアモルファス太陽電池と組み合わせたパナソニックのHIT太陽電池、ソーラーパートナーズの化合物系のCIS太陽電池は約5%、熱による出力低下を押さえられるとしています。画像引用:パネルの温度によって出力が変わるというのは本当ですか?/太陽生活ドットコム
真夏の屋根の上は60~80℃にはなりますから、真夏の発電量は実はさして多くありません。年間の発電量推移のグラフを見ると、7月8月の真夏よりも涼しい5月に発電量が増えていることが分かります。
画像引用:実環境における発電量/太陽光発電工学研究センター

気温が低く、日照時間の長い地域が有利なのですが、雪が降って太陽電池の上に積もってしまうと発電ができなくなってしまいます。ですので、雪が降らない(少ない)程度に気温が低く日射時間が長い地域が、太陽光発電に適した地域なのです。

太陽光発電に適した地域
  • 日照時間が長い
  • 気温が低い
  • 雪が降らない(少ない)

みなさんが設置を考えている地域は、太陽光発電に適した場所ですか?各メーカーが発表している地域別推定発電量で確認してみてください。

設置する屋根によって効率が変わる

場所によって発電効率が変わるのは上で見たとおりですが、屋根の「角度」と「向き」も大きく影響します。リフォームなどで既築に設置する際に、これは結構大きい問題になるんです。

太陽光パネルを設置するのに適しているのは南側の屋根です。一般的に北側の屋根への設置は発電効率が少ない上、隣家への光害の影響もあるので設置が推奨されていません。太陽光発電を設置しようと思っても、南側に多くの面積を割けないと十分な発電量を得ることはできないんですね。

画像引用:設置方位や設置角度の影響はありますか?/太陽光発電協会
また太陽光パネルは適した勾配で設置しないと、効率のよい発電ができません。パナソニックによると、勾配によって以下の様な発電量の差がでます。

勾配別発電量(Panasonic調査)

屋根勾配年間予測発電量
3寸勾配(約16.7度)5,653kWh
4寸勾配(約21.8度)5,722kWh
5寸勾配(約26.6度)5,750kWh
6寸勾配(約30.9度)5,760kWh
7寸勾配(約34.8度)5,731kWh

HIT244α,4.88kW,大阪,真南の場合
このように勾配によって、最大2%程度の発電量の差が生まれることが分かりますね。
一般に勾配30度、6寸勾配が最も発電量が大きいと説明されることが多いのですが、これは全国平均にすぎません。実際は、地域によって最適な勾配が異なります。

各年の最適傾斜角の年間平均(真南の場合)

地域名最適傾斜角(年間平均)対応する勾配
札幌市34.8度7寸勾配(約34.8度)
仙台市34.5度7寸勾配(約34.8度)
静岡市33.3度6.5寸勾配(約33度)
東京都23区32.8度6.5寸勾配(約33度)
名古屋市32.5度6.5寸勾配(約33度)
横浜市32.5度6.5寸勾配(約33度)
松本市32.5度6.5寸勾配(約33度)
広島市29.8度6寸勾配(約30.9度)
大阪市29.2度5.5寸勾配(約28.8度)
松山市28.5度5.5寸勾配(約28.8度)
鹿児島市27.7度5寸勾配(約26.6度)
福岡市26.1度5寸勾配(約26.6度)
金沢市25.7度5寸勾配(約26.6度)
新潟市25.0度4.5寸勾配(約24.2度)
那覇市17.6度3寸勾配(約16.7度)

NEDO日射量データベースより作成。西向き東向きの場合は、最適傾斜角は低くなります。
見ていただけると分かりますが、おおむね北は角度が高く、南は低いという結果になっています。理由としては緯度が下がって赤道に近づくほど、太陽と地平線の角度(南中高度)が高くなり、それによって最適な傾斜角が変わるからですね。札幌市と那覇市では、実に16度も最適傾斜角の差があります。メーカーのカタログスペックは南側の最適角度で求められているので注意してくださいね。

また傾斜がゆるいと、ホコリや雪がつもりやすくなる傾向があります。

以上で見たきたように、太陽光発電は南側に適した角度で設置しないと、発電効率が下がってしまうのです。

天候まかせなので不安定

これは太陽光発電を投資として考えると、気になるところですね。太陽の光で発電する以上、雨が続いたりすると発電量は減ってしまいます。

晴天時の発電量を100%とした場合の天候の影響
曇り空のとき
日射量:55%-40%
発電量:50%-40%
濃い曇り空や
雨のとき
日射量:23%-18%
発電量:19%-15%

エネチェンジ編集部調べ

曇りや雨の時の発電量は以上のように5割~1割にまで落ち込みます。
経済産業省は、太陽光発電システムの年間発電量は設備容量(100%の条件で発電しつづけた場合の能力)の13%程度として計算しています。つまり天候諸々を含め、全国平均で13%稼働すると考えているということですね。天候によって発電量が左右されてしまう不安定性がある、ということも太陽光発電のデメリットです。

メンテナンスフリーではない

太陽光発電の営業文句に「メンテナンスフリー」という言葉があります。ですが実際のところ、まだ技術的にそこまで成熟していないのです。

確かに太陽光パネル自体はモーターを使用しない極めて単純な構造ですので、なかなか壊れません。実際、太陽電池をどれぐらい使うと劣化したり壊れたりするのかはよく分かっておらず、保証期間である期待寿命約10~20年という数字もさして根拠があるわけではないようです。ただしパネルそのものはあまり劣化しなくても、不適切な工事による故障やモーターを使用しているパワーコンディショナーの故障は普通に起こりえます。太陽光発電の買取価格を決定する調達価格等算定委員会によると2016年度の年間運転維持費は、住宅用で3200円/kW、産業用で6000円/kWになっています。これは仮に4kWの設備を設置した場合、20年間のメンテナンス費用は25万6000円にもなります。詳しくは4kW設置のシミュレーションをご覧ください。
現在ほとんどのメーカーがパネルとパワーコンディショナーに、10年以上の出力保証をつけていますが、それは裏を返せば保証が必要ということ。太陽光発電は決してメンテナンスフリーではありません。

太陽光発電とお金の事情

太陽光がどういうものか、一通り分かりましたね?ではここで、気にあるお金の話を始めましょう。

2016年度の買取価格は一体いくら?

2016年2月22日に平成28年度調達価格及び調達期間についての委員長案が委員会で承認されました。このあと経済産業大臣の認可がまだ必要なのですが、実質決定したと言ってよいでしょう。それを元にこれまでの買取価格の推移を以下に表にしました。

買取価格の推移

 2012年度2013年度2014年度2015年度2016年度(予定)
住宅用太陽光発電
(10kW未満)
42円/kWh38円/kWh37円/kWh33円/kWh
35円(制御対応)
31円/kWh
33円(制御対応)
非住宅用太陽光発電
(10kW以上)
40円/kWh36円/kWh32円/kWh29円/kWh
27円(7月以降)
24円/kWh

順調に下がっていっていることが分かりますね。では太陽光発電を導入する金銭メリットも少なくなってしまっているのでしょうか?次の章でシミュレーションを見ていきましょう!

制御対応って何?

平成27年度の固定買取価格の欄を見てください。2つの価格が表示されており、下の方には(制御対応)と書いてありますね。これは九電ショックを受けて、太陽光発電の発電量を制御する機械(出力制御対応機器)を取り付けることが一部の電力会社管内で義務とされたからです。

出力制御対応機器が必要な電力会社
  • 北海道電力
  • 東北電力
  • 北陸電力
  • 中国電力
  • 四国電力
  • 九州電力
  • 沖縄電力

東京・関西・中部電力以外
これらの地域では太陽光発電システムに、出力制御対応機器を設置する必要があります。費用はkWあたり1万円程度。
出力制御機器の役目は、ピーク時の電圧上昇(発電)抑制になります。晴れた昼間などは太陽光発電の出力が大きくなり、電力会社のキャパシティを超えてしまうことがあります。そうならないように電力会社が各太陽光発電を操作して、発電しないようにするための機械になります。電圧抑制が行われるとその時間内の発電が行われなくなるので、買取価格が高く設定されているのです。

4kW設置のシミュレーション。元を取るためには12年

さて、それでは具体的なシミュレーションを見ていきましょう!

太陽光発電でオトクになる部分は

  • 発電で補った日中の使用金額
  • 売電金額

の2つの合算になります。日中とは朝の7,8時から夕方5,6時くらいの日が出ている間の時間です。この間は太陽光発電が発電するので、設置前にかかっていた電気代がかからないのです。その金額に余った電気の売電額を足したものが、太陽光発電の利益です。
このオトク分で初期投資を回収し、その後はそれが利益になるというのが投資商品としての太陽光発電なのです。1つ例を上げてみましょう。

子供2人4人家族のざっくりシミュレーション
4人家族が南向きの屋根に141万円で4kWの太陽光発電を設置しました。南向きに設置した場合は年間で1kWあたり平均1100kWh発電しますので、この太陽光発電は1,100×4で4,400kWhになります。昨年1年間の電気使用量は4500kwh、電気料金は121,500円でした。日中の使用電気量を全体の30%とすると、使用量は1350kwh、電気料金は年間36,450円になります。つまり年間売電量は4,400-1,350で3,050kWhになります。電気料金は27円/kwh(平成26年度新電力料金目安単価)で計算

以下は出力制御装置設置義務のない東京・関西・中部電力管内にお住まいの場合のシミュレーションです。

10年間の年間回収額
発電で補った日中の使用金額
36,450円
売電金額
94,550円(=31円×3050kWh)
年間回収額(1年間の金銭メリット)
131,000円
利回り(投資全額に対する利益の割合)
約9.3%

住宅用太陽光発電のFIT制度による買取価格保証は10年ですので、そこから先の買取価格は実はまだ未定です。ですが、2016年1月資源エネルギー庁発表の「再生可能エネルギーの導入状況と固定価格買取制度見直しに関する検討状況について」によると今後想定される状況として買取期間終了後の売電の便益は卸売電力市場価格の11円と想定することを提案していることから、ここではFIT期間終了後の買取価格を11円として計算します。

10年以後の年間回収額
発電で補った日中の使用金額
36,450円(これは変わらない)
売電金額
33,550円(=11円×3050kWh)
年間回収額(1年間の金銭メリット)
70,000円
利回り(投資全額に対する利益の割合)
5%

という様になります。これをグラフにすると以下のようになります。

4kW導入シミュレーション(2016年度版)


縦軸の単位は万円
12年目に投資分を回収し、20年後の表面利益は600,000円になります。これが発電量から導き出した表面的な収入シミュレーションです。ここから設備の故障や点検費などの運転維持費が引かれていくことになります。

運転維持費の目安
パワーコンディショナーの交換
約20万円/1回
定期点検(4年に1回)
1~2万円

パワーコンディショナーには10年から15年の保証が付いていることが普通ですし、業者によっては無料点検を打ち出しているところもあるので、運転維持費がどれほどかかるのか明確に出すことは出来ません。ただし、調達価格等算定委員会が市場平均としてメーカーなどにヒアリングした運転維持費は、1kWあたり年間3,200円になります。この数字を元にすると、4kWの太陽光発電を20年運用した場合の運転維持費は、3,200×4×20=25万6,000円になります。仮に4年に1度、2万円の有料定期検診を受け、一度20万円のパワーコンディショナーを自己負担で交換した場合の20年後の手残りは344,000円になります。

4kWの太陽光発電を20年設置した場合、原資を回収し60万から35万円程度の収入を得られることが分かります。では、買取価格が下がっている中で、2016年度以前との比較するとどうなっているのでしょうか。

10kW以下の住宅用では、買取価格下落の影響は少ない

買取価格が下がって太陽光バブルが崩壊したと言いますが、実際住宅用太陽光発電では特に利益率が大きく変わってきたわけではありません。買取価格が下がるとともに、設備価格も平行して下がってきているからです。以下の表をご覧ください。

2012年度~2016年度の4kW設置のシミュレーション

 2016年度2015年度2014年度2013年度2012年度
買取価格31円33円37円38円42円
年間回収額(10年)131,000円137,100円149,300円152,350円164,550円
設備額141万円150万円154万円166万円186万円
利回り(FIT10年間)9.3%9.1%10%9.2%8.8%
回収年数11年6ヵ月11年10ヵ月10年9ヵ月12年13年1ヶ月
20年目の総利益600,000円571,000円653,000円563,500円485,500円

2016年度,2015年度の設備額は平成28年度調達価格及び調達期間に関する意見案より。2014年までの設備額は平成26年度 住宅用太陽光発電補助金交付決定件数・設置容量データから算出

どうでしょう、ほとんど利回りや回収年数に違いがないのが見て取れるのではないでしょうか。太陽光バブルが弾けた!買取価格が下がり続けている!とはよく聞く言葉ですが、10kW以下の住宅用ではほとんど変わっておらず、原資を回収して安定して収益を出せるのです。

10kW以上の産業用は、2016年度はまだ大丈夫

FITが開始された2012年7月から3年間は利潤配慮期間とされ、太陽発電業者の利益が保証されました。結果として太陽光発電に投資が集中し、日本各地に太陽光発電施設が建設されました。さて、2016年度の買取価格で10kW以上の産業用太陽光発電の投資性はどのように変わるのでしょうか。

太陽光発電の実運転量は現在約27GWですが、認定量(約82GW)は2030年の目標(約64GW)を既に超えています。政府は2017年度から施行予定の「新認定制度」を元に認定だけを受けて稼働していない案件を一掃し、2030年の稼働目標を達成する方針です。ただし2016年度時点では、どれだけの未稼働案件(滞留案件)を排除するかの目処が立っておらず、利潤配慮期間修了後2015年7月以降の利益率を守る形で2016年度買取価格は決められました。2016年度の産業用買取価格はFIT制度開始直後の4割減の24円/kWhになりましたが、設備価格下落を含めるとある程度の利益が見込める金額となっています。

これから太陽光発電を導入しようというあなたに提案です!

太陽光発電について、ほぼほぼ分かってきたところでしょう。そこでここで読者の皆様に提案します!

一般家庭の方へ

冒頭のA氏の見解と同様に、本記事でも基本的に一般家庭の皆様には太陽光発電の設置をおすすめします。

屋根の形や設置する地域にもよりますが、太陽光発電は原資を回収し、回収後も安定して利益を出してくれるものです。環境にも優しいエネルギーを使い、電気を主体的に使うことが出来るようになる喜びは代えがたいものです。新築の方は予算が割けるならば、設置するべきですし、既築の方も資産運用の一環としてリフォームの機会にぜひ設置を検討していただければと思います。

先程は4kWのシミュレーションを見ましたが、ここではどれぐらい導入すればいいのかの目安として日本の住宅用の主である3~5kWのシミュレーションを見てみましょう。

導入量別シミュレーション

導入量5kW4kW3kW
設備額175万円140万円105万円
1年間の金銭メリット(FIT10年間)165,100円131,000円96,900円
1年間の金銭メリット(10年後)82,100円70,000円57,900円
回収期間11年3ヶ月11年6ヶ月11年4ヶ月
20年後の総利益722,000円600,000円498,000円

回収期間はどれもあまり変わらないことが分かります。各家庭の考え方や予算にもよりますが、設備維持費などが変わらないことを踏まえると、4kW以上の設置をおすすめしたいところです。

また、太陽光発電を設置したいと思っても、既築の場合にはいくつか考慮するべきポイントがあります。

既築の場合注意すること
  • 住宅が建てられた時期によっては、耐震性や設計基準強度の違いで太陽光発電パネルをのせられない場合があります(太陽光パネルの重さは5kWシステムで400kg~650kg)
  • 太陽光発電の保証は10年~25年ですが、築後20年以上の住宅では太陽光パネルの寿命よりも住宅の寿命が短いということもありえます

蓄電池はつけるべき?

ゼロエネルギーハウスZEHには蓄電池が重要な役割を果たします。パナソニックなどの一部メーカーも蓄電池と太陽光発電を合わせた創蓄連携システムを販売しています。ここでは蓄電池のメリットとデメリットを見ていきましょう。

太陽光+蓄電池のメリット
  • 太陽光発電で作った電気を溜めておき、夜間や災害時に使える
  • 夜間の安い電気を溜めておき、昼間に使うことができ、電気代の節約になる
太陽光+蓄電池のデメリット
  • 値段が高い
  • 10年ほどで交換が必要

蓄電池併設の最も大きなメリットは、自分で作った電気を余すことなく自分で使えるところにあります。太陽光発電単体だと、余った電気は電力会社に売るしかなく、夜間はこれまで通り電気を購入するしかありませんでした。そのため災害時などで停電しても、昼間太陽が出て発電している間しか電気は使えません。しかし蓄電池を併設することで電気の自給自足を目指せるようになるのです。

  1. 荒木
    中山
    蓄電池があると一気に太陽光発電の利便性が増すんですね!
  2. 巻口
    A氏

    そうだね。でも、なかなか蓄電池も買ってとは言い難いところがあるんだよね……。

  3. 荒木
    中山
    どうしてですか?
  4. 巻口
    A氏

    やっぱりまだ未発達の技術なんだよね。高いし長持ちしない。値段で100万円以上するし、期待寿命は10年くらい。もし一緒に導入したら、元を取ることは出来ても、利益を出すことは出来ないだろうね。

  5. 荒木
    中山
    そうなんですね……。じゃあ、どういう人が蓄電池を導入しているんですか?
  6. 巻口
    A氏

    蓄電池の購入は、安心を買いたい人が買うって感じかな。売電利益を犠牲にして、停電や電気料金の変動の安心を選ぶ人が買ってる。ただこれからの時代電気を売るんじゃなくて、電気を使うことが大事になってくる。太陽光発電だけじゃ、単なる屋根貸しに近いからね。今はまだ高くて別に考えるしかないけど、技術は進んでいるし、そのうち蓄電池と太陽光がセットで考えられる時代はかならず来るよ。

  7. 現在100万円から200万円する蓄電池。しかしすでに海外では半額程度の商品も登場しており、このような格安蓄電池の普及は2020年以降と見られています。蓄電池の併設をお考えの方は、後付も可能ですので、もう少し待ってみるのもありでしょう。

投資家の方へ

利潤配慮期間は終了しましたが、2016年度はある程度の利益が見込める買取水準が保たれています。ただしそれも2016年度までである可能性が高いです。

未稼働案件の排除の状況によりますが、想定通り40~50GWが新認定制度に適合しているならば、2017年度には買取価格決定方法に入札方式やトップランナー方式(トップランナー=最も性能が優れている機器を基準とする方式)が導入され、買取価格が10円台になる可能性があります!いずれにせよ既存の買取価格策定の方法は2016年度で終了になりますので、今太陽光発電施設の新設を考えているなら、2016年度中の設置をおすすめします。

太陽光発電の施工を依頼する業者の選び方

  1. 荒木
    中山
    AさんはPV施工技術者の資格をお持ちなんですよね。実際に工事もされるんですか?
  2. 巻口
    A氏

    いや、実はしないんだよね。僕はメーカーの営業だから、実際の施工は施工店任せ。セミナーとかで需要家にお話するときには役に立つけど。

  3. 荒木
    中山
    メーカーの方は工事をしないんですね。
  4. 巻口
    A氏

    基本的にそうだね。メーカーは販売店に太陽光発電の設備セットを卸しているだけなんだ。直販店もあるけど、実際の販売や工事はメーカーそのものとは違う業者が行っていることがほとんどだよ。だから問題が起こることもあるんだけど……

  5. 荒木
    中山
    問題というとどのようなことがあるんですか?
  6. 巻口
    A氏

    例えば、

    • 適切な技術がない業者が施工を請け負う
    • メーカーの保証を受けられない工事を業者がしてしまい、メーカー保証を受けられない

    みたいなことがある。メーカーは業者に売るだけで、あんまり責任をユーザーに対して持っていないんだ。販売店任せというかね。だから良い販売店、業者を選ぶことがとても大事。もしその業者が夜逃げしてしまったら、修理の必要が起きても誰にも持ち込むことができなくなってしまうよ。そもそも太陽光発電は屋根に穴を開けて施工するもの。信頼できる会社に依頼しないと、大事な家を傷物にされてしまうかもしれないね。

  7. 荒木
    中山

    なるほど!良い業者選びがとても大事ってことなんですね。何か見分け方ってありますか?

  8. 巻口
    A氏

    業者が業者が技術を持っているかどうかの判断は、例えば私も持ってる「PV施工技術者」の資格を持っているのが1つの基準になるよ。これは一般社団法人の太陽光発電協会がやってる民間資格で、確認を求められたら提示しなくちゃいけないから、持っているか確認するといいね。

    出典:制度概要/Jcot PV施工技術者制度 PV施工技術者制度運営センター
    あとは一部のパネルメーカーは自社製品の施工技術の証として、業者に対して施工IDを発行して自社サイトで紹介しているからチェックしてみるのもいいと思う。

  9. 錯綜する流通構造

    A氏の話でもありましたが、メーカーと販売店、そして施工店は別物です。設備をメーカーから購入するという構造上だれでも販売ができる状況に加え、太陽光バブルが合わさってFIT導入後様々な業者が参入し、住宅用太陽光発電の流通構造は非常に複雑になっています。そしてそれとともに、怪しい業者も数多く存在しているのが現状です。

    FIT制度以前

    FIT導入以前まで太陽光発電はコストが高く、ほとんど収益がでない商品でした。それを売るための業者の戦略は「訪問販売」でした。熟練の営業マンが太陽光発電の意義を解説し、需要家のエコ意識を目覚めさせることで販売をしていたのです。訪問販売であるため、強引な販売や相場よりも遥かに高い販売などの問題も起こっていました。

    FIT制度以後

    FIT制度後は、事業性の向上とともに、太陽光発電市場全体に多種多様な業者が生まれました。FIT制度導入直後は悪質な業者が多く現れ、粗雑な工事を行ったり、すぐに倒産してアフターフォローをしないなど、多くの問題が起こっています。現在はある程度市場が淘汰整理されて、以前よりも良い業者を探しやすくなっていますが、ちゃんとした基準を持って業者選びをしないと痛い目に遭いかねないという現状は変わっていません。

    業者を選ぶポイント

    太陽光発電の期待寿命は20年以上。それに伴う太陽光発電業者との付き合いも、10年単位の長い期間になります。長い間を付き合える信頼を持つ業者を選ぶことが、1番大事なことなのです。ここではいくつかの良い業者の基準を紹介します。

    良い業者の条件
    自社での一貫受注
    販売店の中には、施工を別の工務店に依頼している事があります。その場合は手抜き工事が起ったりやアフターフォローの面で頼りにならない場合があるので、販売・施工・アフターフォローまで自社で一貫している販売店を選ぶべきです。
    複数メーカーから提案できる
    太陽光パネルの性質はメーカーによって大きく異なるので、複数メーカーから提案できる業者でないと最善の見積もりを出すことが出来ません。業者は仕入れの関係上特定のメーカー商品に強くなるのはしかたのないことなのですが、だからこそ複数メーカーから提案することが顧客目線を持っていることの1つの証左となります。
    施工やアフターフォローの実績
    かつて太陽光発電はあまり収益の出ない産業で、その当時参入していた会社の多くには日本のエネルギー事情を憂う使命感があったといいます。長い期間太陽光に関わり、販売施工アフターフォローをしてきた業者は、信頼のおける業者であることが多いです。10年以上の太陽光の実績があることを一つの目安にしても良いでしょう。
    資格を持っている
    A氏の話にもありましたが、工事の技術があることを証明する資格を持っていることも一つの基準になります。

    持っているべき資格
    • 第二種電気工事士
    • PV施工技術者
    • 各メーカーの施工ID

    購入者側の注意するポイントとしては、以下の様なことがいえます。

    業者選びのポイント
    安さだけで選ばない!
    相場より大きく安い場合には必ず理由があります。プロの職人ではなくアルバイトを使って施工していたり、安価な材料を使って漏電を起こしたりすることもあるのです。安さを第一基準に考えることは、非常に危険です。
    良いことしか言わない業者は信頼しない!
    太陽光発電はメンテナンスフリーとか、買取価格が下がってるから今が最後のチャンスとか、たくさんつけるとオトクですよとか、営業に都合の良い言葉があります。ここまで読んできていただいたあなたならば、そんな単純なものではないことがお分かりですよね。都合の良いことしか言わない業者は良い業者ではありません。
    必ず相見積もりをとる
    車を買うときには、必ず見比べて熟慮に熟慮を重ねますよね。それと同じように太陽光発電を購入するときも見比べて判断することが大事です。業者にはそれぞれ得意な分野があるので、必ず複数社に見積りを依頼してくださいね。
    訪問販売はあまり良くない
    訪問販売には営業マンの人件費がかかっています。その分だけ費用が高くなってしまうのでおすすめできません。また相見積もりを取りにくいという点も大きなマイナス。詐欺が多い販売方法でもあるので、訪問販売での購入は避けたほうが無難です。

    ではどうやって良い業者を見つければよいのでしょう?やはり複数の業者に見積もりを依頼できる、一括見積もりサイトを利用するのが良いかと思います。とはいっても業者が一杯いるように、太陽光の一括見積りサイトも大量に存在します。そこで次に信頼性の高い一括見積もりサイトを順番に紹介していきましょう!

    一括見積りサイトの紹介

    ここでの基準は、優良販売店と契約している、ユーザーフレンドリー、運営企業の信頼度の3つです。この3つを満たす5つの一括見積もりサイトを紹介します。

    太陽光発電の優良一括見積もりサイト
    グリーンエネルギーナビ
    タイナビ
    価格.COM-太陽光発電(ソーラーパネル)比較・見積り
    ソーラーパートナーズ

    グリーンエネルギーナビ

    グリーンエネルギーナビのおすすめポイント
    手厚いユーザーフォローと販売店口コミ
    利用者満足度93%以上(自社アンケート)
    アクセス数1位

    見積りから工事についてまで、専用のカスタマーサービスの手厚いサポートが特徴なのがグリーンエネルギーナビです。また加盟店390社のインタビュー記事やユーザーの口コミをサイト内に掲載していて、販売店の顔が見えるのも大きなメリットです。2015年10月27日付のリフォーム産業新聞調査で、太陽光専門サイトでアクセス数1位になっています。
    見積りはこちらから:グリーンエネルギーナビ

    タイナビ

    タイナビのおすすめポイント
    登録施工店は350社以上
    顧客満足度98%(自社アンケート)
    2014年アクセス数1位

    タイナビを運営する株式会社グッドフェローズは、同様のサービスを蓄電池・オール電化・太陽光投資・産業用太陽光でも行っており、ユーザーの様々な希望に応える事ができるサイトになっています。オール電化や蓄電池も合わせて希望する場合には、それに対応できる業者を紹介できるのがタイナビの強みです。
    利用者は100万人を超え、2014年にはリフォーム産業新聞調査で太陽光専門サイトアクセス数1位を獲得しました。
    見積りはこちらから:タイナビ

    太陽光投資ならタイナビ発電所

    tainabihatudennsyo

    タイナビ発電所のおすすめポイント
    日本初の土地付き太陽光発電投資物件検索サイト
    掲載企業数177社
    掲載実績8,434件

    すでにある太陽光発電施設を購入したい場合は、土地付き太陽光発電投資専門検索サイト「タイナビ発電所」がおすすめ。土地付き太陽光発電投資は、土地や屋根を持っていないが、太陽光で資産運用をしたい人のための投資です。連係接続や設置など煩わしいことがなく、より投資性が高い太陽光投資だといえましょう。タイナビ発電所は掲載企業数と掲載物件数も多く、タイナビはニュースサイトやセミナーの運営もしているため、ユーザーに提供できる情報も非常に多いのが特徴です。太陽光投資に興味がある方はまず無料会員登録を。非公開物件の情報が届くようになります。
    登録はこちらから:タイナビ発電所

    kakakukomu

    価格.com – 太陽光発電(ソーラーパネル)比較・見積もりのおすすめポイント
    知名度の高い価格コムが運営
    1,000件以上の口コミ
    パネルメーカーへのインタビューを掲載

    安い買い物をしたいと思って検索すれば、必ずと言っていいほど利用する価格コムの運営する太陽光発電一括見積もりサイトです。このサイトの特徴はなんといっても口コミの多さ。1,000件以上の利用者の口コミに加えて、販売店へのインタビューも充実しています。特にパネルメーカーへのインタビューは他のサイトにはないコンテンツとなっています。色々な口コミで生の声を聞きたいという方にはオススメ出来るサイトです。
    見積りはこちらから:価格.COM-太陽光発電(ソーラーパネル)比較・見積り

    ソーラーパートナーズ

    ソーラーパートナーズのおすすめポイント
    審査通過率9.8%の厳しい基準
    漫画など、分かりやすく豊富な情報量
    依頼件数ランキング1位

    太陽光について何かしら調べていると、日経の記事などと並んで目につくのがこのソーラーパートナーズの記事です。太陽光発電に関する情報を数多く発信しており、利用者は300万人以上。厳しい7つの基準を通過した280社が加盟店で、ユーザーからの苦情で対応会社を変更するイエローカード制度を実施しています。ソーラーパートナーズは一括見積もりサイトであるとともに、工事会社ネットワークを主催していて、集団での価格交渉をメーカーに対して行うことで相場よりも安い価格を実現しています。2015年10月27日付のリフォーム産業新聞調査では、太陽光発電専門工事部門で1位に輝きました。
    見積りはこちらから:ソーラーパートナーズ

太陽光発電の施工の流れ

さぁ、ここまで読んできて太陽光発電を考えてもいいかな、と思ったあなた!実際に導入の道筋を見ていきましょう。

太陽光発電導入の流れ
  1. 見積り依頼を出す
  2. 現地調査
  3. 見積りを比較検討する
  4. 契約・補助金等の手続き
  5. 設置工事
  6. 連係・運転開始

それぞれ詳しく見ていきましょう。

見積り依頼を出す

先ほど紹介した一括見積もりサイトで無料見積りをすると良いでしょう。インターネットで屋根の形など簡単な内容を入力して見積り依頼を送ると、一括見積もりサイトの担当者から電話が来て相談することになります。上記5社はどれも大変親切に対応してくれますので、不明点をぜひ聞いてみましょう。今後不明点があったらすぐ彼らに相談する、というスタンスを忘れないで下さいね。

現地調査による見積り

見積もりサイトから紹介された地域の販売会社3~5社が、現地調査にやってきます(その前に図面による概算見積もりを出してから行うこともあります)。

準備しておくと良いこと
  • 室内作業もあるので、家は片付けておきましょう
  • 住宅の設計図面があれば、コピーをとっておいて渡すと見積りがスムーズに
  • 電気・ガスの家庭の年間使用量がわかると、シミュレーションが作りやすくなってグッド!

向こうから説明してくれることもありますが、そうでないことも多いので以下のポイントを聞いてみましょう。

聞いておくと良いポイント
  • パワコン・接続箱・発電モニタなどの設置場所の希望を伝えてましょう。接続箱はお子さんの手に触れず、メンテナンスしやすい所に置きたいものです。
  • 配線がどうなるかを聞いてみましょう。ならべく隠す工夫ができないか相談することが吉です。
  • その他、方角・角度・影のかかり具合など、発電に関係することを聞いておくと良いでしょう

時間としては45分~1時間半程度で終了します。今後20年以上付き合っていけるかどうかを考えながら、業者さんをもてなしてくださいね。

見積りを比較検討する

はじめに言っておきますが、見積書には実は大した情報は載っていません。というのも各社で書き方もマチマチで、分類の項目などもてんでバラバラだからです。ですので、細かい項目がどうこうというより重要なことは、見積書の金額と発電シミュレーション、さらにアフターフォローが適正かどうかを確かめるということになります。そのためには相見積もりが不可欠ですので、必ず複数の会社に見積もりをもらってくださいね。

簡単チェックポイント
見積書の金額
設置するkWで総額を割って、kW単価を求めましょう。パナソニックや東芝という高価高品質のメーカーでも40万円/kWを超えることはまずありません。またkW単価は高過ぎるのも問題ですが、安すぎるのも同じぐらい問題だということを忘れないで下さい。
発電シミュレーション
発電量を誇張したり、運転維持費を含めなかったり、ざっくりとしたシミュレーションだったり、自家消費量を少なく見積もっていたり、そういった誇張したシミュレーションが提示される場合もあります。基本は相見積もりで見比べるということですが、納得するまで質問するというスタンスを崩さないでください。しっかり答えてくれない業者と契約するのはやめましょう。

発電シミュレーションチェックポイント
  • 方角・傾斜ロスを考慮しているか
  • 日照時間ではなく「日射量」で計算しているか
  • 日中の自家消費量は適正か?(不適切に少なくなっていないか?)
  • 売電価格は正しいか?(2016年度の売電価格は31円/kWです)

業者以外に相談したい時には、見積依頼を出した一括見積りサイトの相談員に相談してみましょう。親切に相談に乗ってくれますよ。

アフターフォローについて
年間保守金額と適用範囲をしっかり確認しておきましょう。その際には、口頭でなく書面でもらうようにすべきです。運転維持費は20年で20万円を超えることがあるもの。アフターフォローも業者を選ぶ際の重要なポイントです。

契約・補助金等の手続き

契約の際には、工事日程をしっかり確認してください。
補助金の手続きは住民票や印鑑証明書等を用意して、業者と一緒に手続きをすることになります。全国の補助金についてはパナソニックのページが分かりやすくまとまっているのでご確認ください。太陽光発電システムの補助金を調べる/パナソニック

設置工事

契約からだいたい1ヶ月で工事が始まり、基本的に1日で終了します。室内の電気工事もあるので、どなたかの同伴が必要で、最後には一度ブレーカーを落とす必要があります。当日大切なことは工事をチェックすることよりも、簡単でいいのでお茶を出すなどして職人さんをもてなすことです。工事で起きる問題の多くは技術不足などではなく、心理的なものがほとんどだといいます。簡単な気遣いでいいので、職人さんが気持よく作業できるようにしてください。

つなぎの図面をもらっておきましょう!

標準で提供されるものではないのですが、現場で接続した実際の太陽光パネルのつなぎの図(配置図)をもらっておくことをおすすめします。というのも、現地調査による見積り時の図面と、現地対応で当初の仕様と変更されていることがあるからです。メンテナンス時に重要な図面になりますので、ぜひ提供してもらいましょう。

連係・運転開始

工事のあとは売電メーターを取り付け、電力会社の人が来て連係接続をしてもらいます。運が悪いと「工事日」「売電メーター取り付け日」「連係日」が別になってしまうこともありますが、契約からおおむね2ヶ月ですべて終わります。
接続されると売電メーターが回りだし、発電量のメモリがぐんぐん上がっていきます。これであなたは太陽光発電所の所長。きちんと日々の発電量をチェックして、発電ライフを始めていきましょう!

太陽光発電設備のメンテナンス方法

太陽光発電は、設置してはい終わり!というものではありません。常に風雨に晒されているものですので、いつどのような問題が起こるかわかりません。異常が起きてもすぐ気がつけるよう日頃のチェックポイントを見ていきましょう。

外観をチェック!

汚れやホコリが溜まると、太陽光発電の発電量は落ちてきます。外観のチェックは月に一度は行うと良いでしょう。

常に汚れている場所はないか、傷やヒビはないかチェックしてみてください。とはいっても、実際に屋根に登って確認するのは危険ですのでオススメできません。遠目で目立つ異常がないか、チェックするだけになってしまうと思います。そこで実際に必要な日々のチェックは発電量のチェックになります。

ちゃんと日々の発電量をチェック!

太陽光パネルそのものはさして劣化しなくても、接続部分やパワーコンディショナーなどは劣化し、発電量に影響をおよぼすことがあります。とはいっても天候に依存するものですので、週や月単位ではなく年間単位でなければ発電量の変化はわかりません。メーカーや販売店がそれぞれ様々な発電データ収集ツールを提供していますので、活用してみてください。

故障かな、と思ったら業者や利用した見積もりサイトの担当者に連絡しましょう。その際には発電量の具体的な減少具合を伝えられると、対応がスムーズになるでしょう。

太陽光発電のまとめ

太陽と生きよう
太陽電池とはなに?から実際の導入まで、太陽光発電の全貌を駆け足で見てきました。太陽光発電がどういうものか、ある程度理解していただくことが出来たのではないかと思います。エコや省エネに絶対欠かすことのできない太陽光発電。ぜひ導入を前向きに検討してみてください!

最後に大事なことをまとめますね。

絶対に知っておいてほしいこと
  • 太陽光発電は元が取れて利益も出せる
  • これからの住宅の標準装備になる
  • 信頼のできる業者選びが何より大事!
  • 設置して終わりじゃない!日々のチェックを忘れずに

太陽光発電を設置することで、電気はどこか遠くから送られてくるものではなく、我々個人のこの手で作っていくものになります。電力小売完全自由化を始め、エネルギーを巡る状況が日に日に変化するなか、エネルギーに対して主体的に対応出来ることは損をしないためにとても大事なこと。太陽光発電は、あなたにこれからの省エネルギー社会への扉を開いてくれるに違いありません。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。