1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. オール電化のメリットとデメリットを徹底紹介
 

オール電化のメリットとデメリットを徹底紹介

よくわかるオール電化のハナシ!『オール電化住宅のメリットデメリットって?』
電気代の節約、節電テクニック

電気料金の値上がりによって、オール電化の導入を迷っている方も少なくないのでは?オール電化のメリットをうまく活かし、デメリットを避けていくための2つの方法もご紹介いたします。

オール電化住宅のメリットとデメリットを詳しくご紹介します。電気料金が上がっているので、オール電化の導入を迷っている方も多いでしょう。

オール電化のメリットをうまく活かし、デメリットを避ける生活を知っていきましょう。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-

オール電化住宅のメリット

まずはオール電化のメリットをご紹介します。オール電化のメリットは以下のようになります。

ガス代がかからない
ガスを使わないのでガス代はもちろんガスの基本使用料もかかりません。
安い深夜電力を利用できるため電気代が節約できる
オール電化は電気代が安い深夜電力を利用するため電気代がお得になります。
震災の際も復旧が早い
地震などの災害時に、電気・ガス・水道の中でも電気の復旧が一番早いとされています。
災害時は給湯器で貯めた水やお湯を生活用水として利用できる
エコキュートや電気温水器の中には貯水タンクがあり、その水を震災時の生活用水として使用することができます。飲用水としては利用できません
ガスよりも火災に対する安全性が高い
IHクッキングヒーターは炎が発生しないため、衣類などへの着火事故が減らせます。IHクッキングヒーターは炎は出ませんが調理器具に高熱を与えているため、調理器具が異常加熱した場合発火の危険性はあります。
調理器具のお手入れ(掃除)が楽
ガスコンロより汚れにくくお手入れが楽です。
住宅内に熱源を持たない
ガスのように住宅内に熱源を引き込まないため、ガス漏れや不完全燃焼での一酸化炭素中毒の心配がありません。
室内空気が汚れない
ガスの場合は室内に二酸化炭素を増加させますが、IHクッキングヒーターは室内空気を汚しません。

オール電化住宅のデメリット

次にオール電化のデメリットをご紹介します。オール電化のデメリットは以下のようになります。

昼間の電気代が高くなる
オール電化住宅向けの料金プランは、深夜電力をより安く提供する代わりに昼間の電気代は高額に設定されています。

調理器具(鍋)が限定される
IHクッキングヒーターではIH用の調理器具しか利用できないため、ガスに比べて使える調理器具は限定されてしまいます。
停電時に困る
ガスと電気を利用している一般住宅に比べ、停電してしまうと何もできなくなってしまう心配があります。
設置コストが高額
オール電化住宅は設置費用が高額です。
調理時の火力への不満
IHクッキングヒーターは直接炎が出ないため、調理時に不満を覚える方もいます。
子どもの教育によくないと感じる人も
身近に火が存在しなくなることで、子どもに「火は危険なものなんだよ」ということを教えることが出来ず、教育上よくないという声も上がっています。
貯湯タンク設置スペースの確保
敷地内にエコキュートなど電気温水器の設置スペースの確保が必要となります。
衛生面の問題
オール電化住宅の温水器はタンクに貯水するので、タンクに貯水されたお湯はそのまま飲用水にはできず、一度沸騰させなければなりません。ガス給湯器の場合はその場で湯を沸かすためそのまま飲用できます。
IHクッキングヒーターの電磁波問題
IHクッキングヒーターを使用した際の電磁波が正式に人体に無害であるという通達はまだ出ておらず、電磁波の人体への影響が指摘、問題視されている例もあります。

オール電化のメリットをうまく活かし、デメリットを避けていくための2つの方法

electricity-cost
オール電化をご検討されている方で、調理がガスではなくIHに限定されるなどオール電化の設備に関して納得されている方は、最終的にオール電化を決定する際に気になるのが電気代の部分でしょう。

オール電化の、「安い深夜電力を利用できるため電気代が節約できる」部分を最大限に活かし、デメリットである「昼間の電気代が高くなる」部分を上手に避けていく生活ができれば、無駄な電気代をかけずに上手にオール電化住宅を利用していくことができます。

そのためには、最適な料金プランを選び、そのプランに合わせた上手な電気の使い方をすることで、電気代の節約は可能になります。

1)最適な料金プランを選ぶ

オール電化向けの電気料金プランにもいくつかの種類があるんです。その中から、ご家庭の電気の使い方に合わせて一番安くお得に使えるプランを選びことがまずは必要です。最適な電気料金プランは、エネチェンジで簡単に比較診断ができます。

2)そのプランに合わせた上手な電気の使い方をする

選んだプランの電気料金の安い時間帯を上手に利用していきましょう。洗濯乾燥機などタイマーが使える家電は、タイマーを使って安い時間帯に使うようにすると電気代を安く抑えることができます。

オール電化の導入をお考えの人へ

オール電化の導入をお考えの人は、オール電化の施工販売業者へ相談したり、一括見積もりサイトを利用して複数のオール電化の施工販売業者から見積もりをもらうことをおすすめします。
どちらのサイトも相談・見積もりは無料で行っていますので、オール電化の導入をお考えの人は、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

オール電化の施工販売業者
新日本住設株式会社
オール電化の一括見積もりサイト
オール電化一括見積もり.com
エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数