エネチェンジ限定特典もあり!電力会社のおトクなキャンペーン エネチェンジ限定特典もあり! 電力会社のおトクなキャンペーン一覧
夏のしろくまギフトキャンペーン2019
  1. でんきと暮らしの知恵袋
  2. 電気料金の「三段階料金」とは?料金表の見方をシミュレーション
 

電気料金の「三段階料金」とは?料金表の見方をシミュレーション

でんきの基本

毎月送られてくる電気の検針票をよく見てみると、「電力量料金単価」が三段階に分かれていることがわかります。これは三段階料金と言います。(三段料金ではないですよ!)今回は、電気料金の三段階料金とは具体的になにか、なぜ三段階料金が存在するのか、についてお話していきます。

毎月送られてくる電気の検針票をよく見てみると、「電力量料金単価」が三段階に分かれていることがわかります。これを「三段階料金」と言います。今回は、電気料金の三段階料金とは具体的になにか、なぜ三段階料金が存在するのか、についてお話していきます。

記事を読み進める前に…
電力会社を変えると電気代が平均18,000円安く!
電気代の節約には、電力会社・電気料金プランの見直しが欠かせません。自分のライフスタイルにあったプランに切り替えるだけで、電気代が安くなるんです。手続きも簡単!さっそく、アナタの住んでいる地域の電力会社をチェック。
郵便番号を入力して、
電力会社比較をいますぐスタート!
-
記事を読み進める前に…
電力会社を変えると、電気代が平均
18,000円安くなります。
郵便番号を入力して、比較してみよう!
-

三段階料金って?

三段階料金とは、電気料金のうち「電力量料金単価」、つまり電気を使った分だけかかる料金を、使用量に応じて三段階に分けたものです。この制度が導入されたのは昭和49(1974)年です。その前年の昭和48(1973)年10月には、第四次中東戦争が勃発し、日本に輸入される原油の価格が急上昇したため、エネルギー源を中東からの石油に依存していた日本社会は省エネルギー化を余儀なくされることになりました。そこで、単価に差をつけることで、電気をより多く使ったらより高い料金を払わなければならない制度を設けた、という経緯があります。

第1段階料金

第1段階料金は0(関西電力、中国電力は15、四国電力は11、沖縄電力は10)~120kWhの使用電力量に適用される料金で、比較的安い料金設定です。これは、国が保障すべき最低限度の水準の生活を国民が営めるよう、ナショナル・ミニマムという考え方が導入されたためです。早い話が、日本国憲法第25条の生存権との整合性をとるための措置、ということです。

第2段階料金

東京電力の三段階料金

第2段階料金は120~300kWhの使用電力量に適用される料金(北海道電力は120~280kWh)で、標準的な家庭が1ヵ月に使用する電力量を踏まえた平均的な料金設定、という位置づけです。

出典:東京電力 「電気ご使用量のお知らせ」の読み方

第3段階料金

第3段階料金は300kWh以上の使用電力量に適用される料金(北海道電力は280kWh以上)で、料金設定が高くなっています。これは上に述べたとおり、省エネルギー化で電力の使用量をなるべく減らす必要があったためで、「電気を多く使ったらその分高く払ってちょうだい」というような意味合いです。できるだけ第3段階料金には足を踏み入れないようにしましょう。そのためには「節電」です。「契約アンペアを見直す」「家電の使い方を見直す」等、様々な節電方法をご紹介したページをぜひご覧ください。

そもそも電気料金の仕組みって?

どうなってるの?

そもそも電気料金はどのような仕組みになっているのでしょうか。

基本料金

携帯電話の基本料金と同じで、電気をどれくらい使ったかに関わらず必ず発生する料金です。ただし、関西電力、中国電力、四国電力、沖縄電力には基本料金が存在せず、代わりに「最低料金」を設けています出典:関西電力 電気料金の内訳

電力量料金単価

今回の話題である「第1段階料金」「第2段階料金」「第3段階料金」です。

燃料費調整単価

発電に必要な化石燃料の価格変動を電気料金に反映させるための料金です。非常にざっくり言ってしまえば、燃料費が60日前の3か月間の平均より高ければ上積みされ、低ければ電気料金が安くなる、という仕組みです。最近では原油価格の下落により、燃料費調整単価がマイナスになる月が多いようです。出典:東北電力 燃料費調整制度

再生可能エネルギー発電促進賦課金

太陽光発電や風力発電など、いわゆる再生可能エネルギーによって発電された電気を電力会社が買い取る際の費用を、電気の使用者すべてに負担してもらうための料金です。出典:中国電力 再生可能エネルギー発電促進賦課金

消費税

もちろん消費税がかかります。平成29年4月の消費税10%への再増税の際に、電気料金に軽減税率が適用されるかは見通しが立ちません

例を用いて三段階料金をシミュレーション!

計算!

最後に、三段階料金を用いて電気料金をシミュレーションしてみましょう。

  • 東京電力
  • 従量電灯B
  • 使用量135W

と仮定すると、

 単価×使用量解説
基本料金561.60円561.60円20Aの基本料金
電力量料金
(第1段階料金)
19.43円×120kWh2331.60円第1段階料金は0~120kWh内の使用量を単価に乗じる
(今回は120kWh)
電力量料金
(第2段階料金)
25.91円×15kWh388.65円第2段階料金は120~300kWh内の使用量を単価に乗じる
(今回は15kWh)
電力量料金
(第3段階料金)
29.93円×0kWh0円第3段階料金は300kWh以上の使用量を単価に乗じる
(今回は0kWh)
燃料費調整額-1.60円×135kWh-216.00円平成27年12月分の単価を適用
再生可能エネルギー発電促進賦課金1.58円×135kWh213円平成27年5月~28年4月文の単価を適用
合計3,278円
(うち消費税242円)

のようになります。

まとめ

電気料金の三段階料金について見てまいりました。

三段階料金とは?
  • 電気を使った分だけかかる料金を、使用量に応じて三段階に分けたもの
第1段階料金
  • ナショナル・ミニマムに沿った1番安い設定
第2段階料金
  • 標準的な家庭の平均的な1か月分の電力量を踏まえた料金
第3段階料金
  • 電力を多く使った人向けの高い料金設定

電気料金の仕組みを理解して、賢く電気を使いましょう。

エネチェンジ診断で、電気料金を比較・節約!
切り替えるといくら節約できるのか、確認してみましょう。
はじめての切り替えの方
東京電力や関西電力など地域の電力会社の
一般的なプランを基に比較します
郵便番号
-
郵便番号が正しくありません
世帯人数
新電力をお使いの方
一度切り替え済みなど、新しい電力会社をすでにご利用の場合は
下記よりお進みください。